症例一覧

右のスタール耳

Before

After

症例
右スタール耳
治療内容
楔状切除術の変法術
耳輪部周囲を切開し変形した軟骨を除去し、皮膚(皮弁)を切除することなく弛みを持たせて、耳輪部の厚さを確保しました。対耳輪上脚に切開線がなく、見た目がきれいに作れる方法です。
リスク
内出血による耳介の変形治癒、疼痛、腫脹
費用
保険診療

症例詳細を見る

両側の立ち耳に対して耳介形成術(保険診療)を行った症例

Before

After

症例
左右たち耳の症例
治療内容
耳介形成術
リスク
痛み・出血。完全な左右対象にはできない可能性があります。
費用
保険診療

症例詳細を見る

左右差がない立ち耳の症例

年齢:20代

Before

After

症例
左右たち耳の症例
治療内容
耳介形成術
リスク
痛み・出血。完全な左右対象にはできない可能性があります。
費用
保険診療

症例詳細を見る

右の対耳輪上脚が無いタイプの立ち耳

年齢:40代

Before

After

症例
右の対耳輪上脚が無いタイプの立ち耳の方です。
今まで、何件かのクリニックを探された後、当院に行き着いて頂きました。
治療内容
左右差を整えるため、右耳の対耳輪の上脚を耳介(耳)後面からアプローチして、軟骨膜を剥離した後、固定を行った症例です。これにより、気にされていた正面からの右耳の突出をなくし、バランスを取りました。
リスク
術後の痛み(当日及び翌日位です。)・出血。完全な左右対象にはできない可能性があります。
費用
保険診療

症例詳細を見る