二重整形 - 東京 美容外科

予約優先

  • 平日:10:00-19:00
  • 土曜:10:00-18:00
  • 休診日:水曜日・日曜祝日
  • 予約の空き状況を確認
  • クリニック案内
  • お電話
  • 手術・治療一覧
  • 料金一覧
  • 院長紹介
  • 医師紹介
  • クリニック案内
  • 求人情報
  • メンズサイト
  • サイトマップ

二重整形

上眼瞼(まぶた)形成

下眼瞼(まぶた)形成

二重瞼(まぶた)治療について

〜綺麗な二重瞼(まぶた)に〜
切らないので、安心そしてお手軽な二重埋没法①と、しっかりとした二重瞼(まぶた)を実現する全切開重瞼法②の2種類をご用意しています。

このページのトップへ

切らないで二重瞼(まぶた)を実現にする施術となります。非常に細い糸を用いて二重のラインを固定して、美しい二重瞼(まぶた)に仕上げます。
二重埋没法の治療内容

■ 1 ■

まぶたの内側にあると上眼瞼(上まぶた)の皮下組織と瞼板(けんばん)を非常に細い糸で結び固定します。

■ 2 ■

眼を開けると眼瞼拠金に引かれた瞼板が持ち上がり、結ばれている糸を通して上眼瞼の皮膚も引き上げられ二重瞼(まぶた)を形成することができます。

■ 3 ■

二重のラインのデザインや、上眼瞼の厚みによって、糸を結ぶ位置を2-3ヶ所のいずれかをお選びいただきます。

このページのトップへ

二重埋没法の手術概要

手術時間
30分 ※局所麻酔を使用するため術中の痛みは殆どありません。
ダウンタイム
腫れは2〜3日程度、内出血してしまった場合は気にならなくなるまで約2週間程度かかります。
メイク
アイメイク以外は、術直後から可能です。アイメイクは、翌日から可能ですが、優しく扱って下さい。
シャワー
当日から可能です。さっと浴びる程度にしましょう。
目元の洗顔
当日から可能ですが、優しく洗いましょう。
入浴
術後7日目から可能です。
コンタクトの使用
術後3日目から可能です。

腋臭症(ワキガ治療)のページへ

このページのトップへ

全切開重瞼法、はしっかりとした二重瞼(まぶた)を手に入れると同時に、“腫れぼったい”目も解消できる手術です。 厚みのある一重瞼の方も、二重埋没法で元に戻ってしまった方も、理想的な二重ラインをつくることが可能です。 切除する脂肪の量や縫合するラインによりますが、平行型も、末広型も、希望に沿ったライン形成が可能です。
全切開重瞼法の治療内容

■ 1 ■

腫れぼったい上眼瞼(上まぶた)の弛みは、眼球を覆っている上眼窩脂肪(がんかしぼう)が原因です。 全切開重瞼法では、これら眼窩脂肪を調整することで弛みを改善できます。

■ 2 ■

希望する二重ラインに沿って10数mmから20数mmの切開の後、余分な脂肪を取り除き調整します。

■ 3 ■

極細の縫合糸で皮下組織と皮膚を縫合します。縫合した傷跡が二重ラインに一致するためほとんど分からなくなります。

このページのトップへ

全切開重瞼法の手術概要

手術時間
60分 ※局所麻酔を使用するため術中の痛みは殆どありません。
ダウンタイム
腫れは1週間程度、内出血してしまった場合は気にならなくなるまで約2週間程度かかります。
メイク
アイメイク以外は、術直後から可能です。アイメイクは、翌日から可能ですが、優しく扱って下さい。
シャワー
当日から可能です。さっと浴びる程度にしましょう。
目元の洗顔
当日から可能ですが、優しく洗いましょう。
入浴
術後7日目から可能です。
コンタクトの使用
術後7日目からで抜糸した後から可能です。

腋臭症(ワキガ治療)のページへ

このページのトップへ

下眼瞼(下まぶた)の治療について

〜老けた印象を解消!〜
老け顔の象徴ともいえる下眼瞼(下まぶた)のBaggy-Eyelid(膨らみ)は、次のような仕組みで現れる加齢現象です。 下眼瞼弛み除去術(ハムラ法)①と下眼瞼除脂術(脱脂術)②で解消することができます。

●1

加齢に伴って重力の影響が出てきます。重力で眼球が徐々に下がることで、下眼瞼(下まぶた)にある眼窩脂肪(がんかしぼう)押し下げます。それは連鎖的に眼窩隔膜(がんかかくまく)を圧迫するのです。

●2

眼球を下から支えているLockwood靭帯(ロックウッド靭帯)が弱ると、眼球をしっかり支えられなくなります。結果、圧迫されてしまう眼窩脂肪(がんかしぼう)は前に突出して行きます。 こうした眼窩脂肪の突出が、下眼瞼の膨らみを作り出してBaggy-Eyelidを作り出すのです。

クマと指摘されるものの中には、黒クマと言ってBaggy-Eyelidがその下に影により作られます。これは、しばしば疲れている様な印象を与えてしまいます。 皮膚も伸展しているので、突出して来た脂肪量が多い場合には、下眼瞼除脂術眼(通称:脱脂術)だけによる脂肪の切除だけでは改善できない場合があります。

ですので、突出している眼窩脂肪と伸展している皮膚の両方を解消するのが、下眼瞼の弛み除去術(ハムラ法)①であり、

突出している眼窩脂肪のみを解消するのが、下眼瞼除脂術(脱脂術)②なのです。

このページのトップへ

老け顔の象徴ともいえる下眼瞼(下まぶた)のBaggy-Eyelid(膨らみ)は、次のような仕組みで現れる加齢現象です。

クマと指摘されるものの中には、黒クマと言ってBaggy-Eyelidがその下に影により作られます。これは、しばしば疲れている様な印象を与えてしまいます。 皮膚も伸展しているので、突出して来た脂肪量が多い場合には、下眼瞼除脂術眼(通称:脱脂術)だけによる脂肪の切除だけでは改善できない場合があります。

ですので、突出している眼窩脂肪と伸展している皮膚の両方を解消するのが、下眼瞼の弛み除去術(ハムラ法)なのです。

下眼瞼(下まぶた)の膨らみの原因である眼窩脂肪(脂肪体)は、鼻側(目頭側)・正中(中央)・耳側(目尻側)と3脂肪体に分かれているので、 どの脂肪体をどの程度調整するのか、クマの状態などを診て判断します。

下睫毛(まつ毛)の生え際から1~2mmをに切開します。皮膚と眼輪筋を剥がし、眼窩脂肪を覆っている眼窩隔膜をめくる様に剥がします。そして、それをずらすように付け替えるのです。 このようにして突出を具合を緩和させます。 縫合前に余分な皮膚を一部切除し、皮膚を引き上げるように固定し、縫合糸で縫合していきます。

場合により、耳側の靭帯を調整することもあります。

このページのトップへ

下眼瞼弛み除去術の手術概要

手術時間
120-180分 ※局所麻酔を使用するため術中の痛みは殆どありません。
ダウンタイム
腫れは1週間程度、内出血してしまった場合は気にならなくなるまで約2週間程度かかります。
メイク
アイメイク以外は、術直後から可能です。アイメイクは、翌日から可能ですが、優しく扱って下さい。
シャワー
当日から可能です。さっと浴びる程度にしましょう。
目元の洗顔
状況により当日から可能ですが、優しく洗いましょう。
入浴
術後7日目から可能です。
コンタクトの使用
術後7日目からで抜糸した後から可能です。

腋臭症(ワキガ治療)のページへ

このページのトップへ

クマと指摘されるものの中には、黒クマと言ってBaggy-Eyelidがその下に影により作られます。これは、しばしば疲れている様な印象を与えてしまいます。 突出した脂肪があっても、皮膚の伸展具合が比較てき少ない場合は、下眼瞼除脂術眼(通称:脱脂術)だけによる脂肪の切除だけで改善できる場合があります。

下眼瞼(下まぶた)の膨らみの原因である眼窩脂肪(脂肪体)は、鼻側(目頭側)・正中(中央)・耳側(目尻側)と3脂肪体に分かれているので、 どの脂肪体をどの程度切除するのか、クマの状態などを診て判断します。

下眼瞼の結膜側(まぶたの裏側)から20mm程度切開します。当院では後方アプローチ法(眼窩隔膜をできるだけ尾側(下側)で切開する方法)で行っているので、 眼窩隔膜上を剥離していきます。そして、眼窩下縁(頬骨)より少し頭側(上側)を切開して脂肪体を除去していきます。

場合により、耳側の靭帯を調整することもあります。

下眼瞼(下まぶた)の結膜側(まぶたの裏側)から脂肪を取り除く施術なので、直接肌に傷が残ることはありません。

このページのトップへ

下眼瞼除脂術の手術概要

手術時間
60分 ※局所麻酔を使用するため術中の痛みは殆どありません。
ダウンタイム
腫れは1週間程度、内出血してしまった場合は気にならなくなるまで約2週間程度かかります。
メイク
アイメイク以外は、術直後から可能です。アイメイクは、翌日から可能ですが、優しく扱って下さい。
シャワー
当日から可能です。さっと浴びる程度にしましょう。
目元の洗顔
当日から可能ですが、優しく洗いましょう。
入浴
術後7日目から可能です。
コンタクトの使用
術後7日目からで抜糸した後から可能です。

腋臭症(ワキガ治療)のページへ

このページのトップへ



予約優先

  • 平日:10:00-19:00
  • 土曜:10:00-18:00
  • 休診日:水曜日・日曜祝日

技術と信頼の「医療法人社団 聡明会 ティーズクリニック(東京/錦糸町)」Copyright(c)2017 Tees Clinic. All Rights Reserved.