二重埋没法詳細

二重埋没法詳細について

埋没法

埋没法は、手術に使われる医療用の極細の糸をまぶたに埋没固定して、二重まぶたを作る方法です。

皮膚を切らないため、ほとんど腫れず、手術時間も短いので患者様の負担が少ない手術です。糸を抜けば元に戻せるので二重のライン変更もできます。ティーズクリニックでは「つるきり変法」の埋没法を採用しております。

埋没法の種類

埋没法は大きく分けて「挙筋法」「皮フ瞼板内固定法」があります。つるきり法は「皮フ瞼板内固定法」になります。また、1点止め、2点止めなど点で固定する方法、線で固定する方法があります。

ドクターやクリニックによって埋没法の中でも手法が異なります。

埋没法に向くまぶた・向かないまぶた

埋没法は腫れにくく、料金も安いため一般的に人気がありますが、ティーズクリニックでは一時的な仮止めという位置付けです。なぜなら、長い方で5年、短い場合は1年程度で糸がゆるみ次第に元に戻るからです。

まぶたがスッキリしていて脂肪が少なく、皮膚が薄い場合は比較的、元に戻りにくいようです。反対にまぶたが腫れぼったく、脂肪が多く皮膚が厚いタイプの方が埋没法で二重整形をした場合、とれやすい傾向があります。

埋没法のメリットとデメリット

埋没法のメリット 埋没法のデメリット
切らない二重整形 はれぽったい一重はきれいな二重になりにくい
腫れにくい(腫れない) 元に戻る可能性がある
ダウンタイムが少ない  
痛みが少ない  
値段が安い  

このような方にオススメです!

  • 浅い二重であるが、寝不足などでまぶたが腫れてしまうと簡単に一重になってしまうような方
  • 将来、切開法を考えているが、時間的にすぐに二重にしたい方
  • アイプチで二重にしているけれども、皮膚が荒れたり伸びたりしている方

施術の流れ

STEP

電話で診察の予約をしてください。

0120-853-878

image
STEP

初診

初診時には、測定と評価を行っております。

詳細な測定・評価を行った後(カウンセリングの際に行っていれば簡易になります)、患者さんの希望を伺っていきます。

STEP

デザイン

デザインには詳細な測定が必要ですから、埋没法シートを用いて詳細な測定を行った後、デザインを行います。

デザインでは特殊な器具を用いて、
患者さんと一緒に、ご希望に沿ったデザインが可能なのか、ご希望の通りに行えるのか、等を丁寧に説明して、デザインを完成していきます。

デザイン確定の後、採血検査(数日間を要します。)を行って、手術の予定を組んで参ります。

STEP

麻酔

局所麻酔を使用しますので、施術中の痛みは感じません。(極細の針を用いて麻酔しますので、痛みは極力抑えられます。)

※ 痛みの感じ方には個人差がありますので、痛みを感じる方もいらっしゃいます。

STEP

手術(手術時間:30分程度)

デザインの通り、上まぶたの1mm程度を2カ所切開して、細い糸(7-0ナイロン)を用いて皮膚と瞼板を、固定して行きます。

STEP

術後処置

腫れなどの状態に応じてリカバリー室での休憩後、ご帰宅いただけます。

ダウンタイム:腫れは2〜3日程度、内出血してしまった場合は気にならなくなるまで約2週間程度かかります。

メイク:アイメイク以外は、術直後から可能です。アイメイクは、7日後から可能ですが、優しく扱って下さい。

シャワー:首より下は当日から可能です。さっと浴びる程度にしましょう。

目元の洗顔:手術当日は洗えません。その後は優しく洗いましょう。 

コンタクトの使用:ワンデータイプのソフトコンタクトは術後7日目から可能です。ハードコンタクトの場合は術後2週間から可能です。

症例

埋没法 症例1(末広型)

埋没法 症例2(末広型)

埋没症例2動画

ページトップへ