医師・スタッフ紹介

院長紹介

田牧聡志院長

院長(医療法人社団 聡明会 理事長)
田牧聡志(たまきさとし)

かつてサラリーマン経験のある形成外科医、ティーズクリニックの院長、田牧聡志です。

英語表記で「TEESCLINIC」・・・「T’s」=「Tの」クリニックと言う意味です。 Tは、出身母体の東北大学形成外科のT,愛する東北地方のT、生まれ故郷の東京と豊島区のT、そして田牧のT、と言う意味です。

父の出身は東北は秋田県男鹿市、母の出身地は東京都豊島区西池袋、商店街の端っこに母の生家であり祖父が経営していた三朋酒店と言う酒屋さんがあり、その裏に実家はありました・・・今もあります。敷地内に母方4兄弟が暮らし、庭には浅井戸があって梅や柿が成り、梨棚があり、14人の孫達用の砂場もあった大家族の一員として育ちました。小学校の集団下校では、地域の子供達の半分以上がいとこ同士、まあ、東京の地方、田舎な雰囲気ですね。

実家の1階には珠算教室であり母が主に教えていて(80代まだ現役です!)、夕方になり(気象予報をしていた)父が仕事を終えて帰って来れば二人で指導していました。 週末になると珠算教室は書道教室に変わり、習字の先生が自分の家に来て珠算の生徒を中心に指導して下さる。 まさに、実家が寺子屋だったのです。今思えばなんと素晴らしい環境だったのだろう、と思います。(しかし、実は子供の頃の僕は感謝など一切しておりませんでしたが・・・おやじ・おふくろ!すいませんm(__)m)

珠算は指先や手先の感覚を強くします。珠算が上達して3級位までになると、頭の中に「そろばん」が浮かんで来るようになります。そうなると暗算ができるようになり、頭の中でそろばんをはじき、右脳が発達して行きます。これは手術では非常に重要な立体感覚を養います。 一方、書道も指先や腕も鍛えますが、芸術的な発想を育みます。小学生・中学生と子供の頃から何度となく作品が表彰され(自分で言っちゃいますが・・・)芸術的な発想も豊かであったと思います。

結果、マイクロサージャリー等の細かな作業を必要とし、美容医療など芸術性も必要とされる、形成外科医は僕にとっての天職だと思っております。 併せて、大家族で養った社交性を生かして、東京は下町風情の色濃く残る錦糸町で頑張っております。

当院は、堅苦しいクリニックではありません。サラリーマン形成外科医に是非とも会いに来てください。

ティーズクリニック 田牧聡志

<所属学会・資格・委嘱状>

  • 日本形成外科学会 (専門医)
  • 日本美容外科学会/JSAPS (正会員)
  • 日本臨床形成美容外科医会 (2017春の勉強会世話人)
  • 日本熱傷学会 (専門医)
  • 日本頭蓋顎顔面外科学会
  • 日本美容医療協会(JAAM)(正会員)
  • ボトックスビスタ講習セミナー修了
  • ジュビダームビスタ講習セミナー修了
  • ジュビダームボリューマXC講習セミナー修了
  • レスチレン施術資格取得
  • 日本外傷診療研究機構(JATEC)プロバイダー
  • 米国熱傷学会ABLSプロバイダー
  • ACLSプロバイダー
  • 厚生労働省医政局長認定臨床研修指導医
  • 日本頭蓋顎顔面学会(顔面外傷疾患ガイドライン作成)委嘱状

<経歴>

1991年
法政大学 工学部 機械工学科 卒業(工学修士取得)
法政大学「田牧院長紹介ページ」
1995年10月
外資系金融機関を退職後、医学部再受験に向け活動開始
1996年(-2002年)
杏林大学 医学部
2002年
臨床研修医(順天堂大学・帝京大学:耳鼻咽喉科・形成外科・麻酔科・整形外科・救命救急センター)
2004年
東北大学病院 形成外科 入局
2005年
仙台医療センター・平鹿総合病院 形成外科
2008年
東北大学病院 高度救命救急センター(救急部)
2009年
東北大学病院 形成外科 特任助手
2010年
石巻赤十字病院 形成外科 診療科長
2013年
東京警察病院形成外科出身であり東北大学形成外科学教室先輩医師「依田拓之先生」より多くの美容外科手技の手解きを受ける。
アメリカ形成外科学会専門医「ロバート・クレ先生」に師事し数多くの美容外科手術の手技を経験する。
2014年
イセアクリニック・オザキクリニック 勤務
2015年2月
はなえクリニック 開設
2017年10月(-2019年3月)
眼瞼手術に精通している「鶴切一三先生」に師事。
2017年3月
医療法人社団 聡明会 設立
2017年4月
ティーズクリニック 名称変更

<執筆書籍・論文>

日本形成外科学会, 日本創傷外科学会, 日本頭蓋顎顔面外科学会:顔面外傷, 鼻骨・鼻篩骨骨折, 鼻篩骨骨折の治療方法. 【形成外科診療ガイドライン5】 頭蓋顎顔面疾患(主に後天性)金原出版株式会社(2015.07)

田牧 聡志(東北大学 大学院医学系研究科外科病態学講座形成外科学分野), 館 正弘:【外科基本手技アトラス】 外来での処置・手技ほか 外来で行える植皮術(解説/特集). 外科治療 (0433-2644)101巻3号 Page373-378(2009.09)
三浦 孝行(秋田県厚生農業協同組合連合会平鹿総合病院 形成外科), 今井 啓道, 田牧 聡志, 館 正弘:陥没型鼻篩骨骨折に対してHalo型上顎延長器を用いて治療した1例(原著論文/症例報告). 日本形成外科学会会誌 (0389-4703)34巻4号 Page265-270(2014.04)
田牧 聡志(秋田県厚生農業協同組合連合会平鹿総合病院 形成外科), 武田 睦, 清野 広人, 三浦 孝行, 今井 啓道:手部除雪機損傷の症例検討(原著論文), 日本形成外科学会会誌 (0389-4703)34巻3号 Page175-180(2014.03)
小圷 知明(東北大学病院 高度救命救急センター), 野村 亮介, 山内 聡, 田牧 聡志, 小林 道生, 篠澤 洋太郎:下肢壊死性軟部組織感染症の2例 酸化・抗酸化動態と生命予後(原著論文/症例報告), 整形・災害外科 (0387-4095)53巻9号 Page1115-1119(2010.08)
田牧 聡志(東北大学病院 形成外科), 鳥谷部 荘八, 茅野 修史, 高地 崇, 今井 啓道, 館 正弘, 山田 敦, 田熊 清継, 小池 薫, 遠藤 智之, 篠澤 洋太郎:96%広範囲熱傷小児例に対する同種皮膚移植の経験(原著論文/症例報告). 熱傷 (0285-113X)32巻3号 Page137-144(2006.09)
鳥谷部 荘八(東北大学 医学部形成外科), 館 正弘, 今井 啓道, 高地 崇, 田牧 聡志, 山田 敦:神経血管柄付き遊離広背筋移植による動的再建を行ったメビウス症候群の1例(原著論文/症例報告). 形成外科 (0021-5228)49巻4号 Page439-443(2006.04)
田牧は・・・ 両親には子供の頃から物を大切にするように育てられました。今ではとても感謝しています。 古くならない様に気を使い、それでもやはり古くなり壊れてしまったものを元に戻すことは、物心が付いた頃から実践していました。 そして、天職である形成外科医として今では、それをエイジングケアや美容外科にも応用ができるという気持ちで、美容医療の道を選択し続けています。

田牧ブログボタン

セミナーの様子

セミナーの様子

看護師紹介

看護師長 佐藤仁美(さとうひとみ)

医療法人社団聡明会ティーズクリニックに来て下さる皆様が笑顔で帰られるとき、私も元気と幸せを頂いています。
来院される方の悩みが改善されるよう、田牧院長のサポートをしっかりこなしながら、みなさんの気持ちに寄り添える看護師でありたいと思っております。みなさんの笑顔が一つでも増えますよう、私も笑顔で楽しく頑張りたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

ティーズクリニック スタッフブログ

おまけ

・・・以下、僕が医師そして形成外科医に至るまでの経緯です。

子供の頃から医師に成りたかったようで、小学校の卒業文集にも「将来の夢:医師~ドクター」と書いていました。しかし、高校生の後半から医学部熱は冷めてしまいエンジニアを目指し工学部を受験、バブルの流れを受け外資系保険会社に就職をしました。

しかし・・・
ダメダメサラリーマンとしてうだつの上がらない日々、交際し始めたばかりの家内もかなり心配してました。そんな中、部活(法政大学サーフィン部)の先輩(28歳で獣医学部に入学され獣医師になられた宮田先生)や友人(ご夫婦で医師・歯科医師の岸先生ご夫妻)からの刺激を強く受け、更には家内から「成るんだったら、20代の今よ!」との気合注入により、28歳で医学部再受験を志すことになりました。この時点で父は「冷静に考えれば外資系保険会社の方が良い!」と猛反対でしたが、会社を9月に退職し、短期間集中型人間であることもあり、翌春には4校受験し3校の私立医学部に合格しました。思い返せばかなりの気合と無謀な賭けだったと思います。(2018年発覚の「医学部受験女性差別・年齢差別問題」からすれば28歳の受験でよくも合格できたと思ってます。)

受かってしまっても、実は田牧家にはお金はありませんから私立は難しい・・・ 、猛反対の父を説得することもできないので、あきらめ来年国立を目指そうと思った矢先、母が親戚と家族会議、田牧家(母方の鈴木家にも)には医師が一人もいないので「誰か行ってくれると良いわねぇ」との意見も後押しになったようでした。なんと、父が池袋の実家の土地を担保に学費を捻出してくれたのです。「(生涯賃金を考えると)国立大学医学部を目指して一年棒に振るより今年入学しなさい!」と結局父にお願いすることとなりました。 医学部はストレートで卒業、初期研修を終え、東北大学形成外科教室(当時山田敦主任教授)に就職、お世話になりました。

形成外科の中では、子供の顔を主に扱える頭蓋顎顔面外科に興味を持ちました。 頭蓋顎顔面外科は転落や交通事故で生じる顔面外傷をはじめとして、顔面の変形疾患(いわゆる奇形)である頭蓋骨縫合早期癒合症や唇顎口蓋裂など、社会の一員として見れば「命」そのものに匹敵する程の疾患を扱っています。欧米や諸外国で「美容外科(美容整形)」は頭蓋顎顔面外科の技術を用いることで、整容的に若返りを図ったり、鼻を高くしたり、眼の形を変えたりすることを行われています。日本では「美容外科(美容整形)」は形成外科から少し離れた位置にいましたが、近年、形成外科の中に正式に取り込まれつつあります。

形成外科専門医試験をクリア(東北大学形成外科教室では過去に”不合格者がゼロ!”これが人生で一番大変でしたが!)し、石巻赤十字病院に診療課長として勤務に就いたのが2010年の春。1年後「東日本大震災」を経験しました。 結局はそこからが人生の転換期となってしまったようです。僕自身は報道でもTVに映ることが度々あった免振設計されたあの石巻赤十字病院ですから身の安全は保障されていましたが、3歳で年少児の長女と2歳の長男をつれて石巻の自宅で被災した家内はとてもつらい経験をしたようでした。 そして、2013年春、自宅まで購入した仙台の地を離れて東京に戻ることとなりました。(家内は横浜出身) そして、東京に戻り、形成外科での開業を目指したのです。

しかしながら、現在でも東北大学形成外科の医局には所属しております。父の故郷であり「田牧家」の故郷でもある東北の地とは切っても切れないからです。

医療法人社団 聡明会 理事長
ティーズクリニック 院長
田牧 聡志

ページトップへ