ニキビ治療 - 東京 美容外科

予約優先

  • 平日:10:00-19:00
  • 土曜:10:00-18:00
  • 休診日:水曜日・日曜祝日
  • 予約の空き状況を確認
  • クリニック案内
  • お電話
  • 手術・治療一覧
  • 料金一覧
  • 院長紹介
  • 医師紹介
  • クリニック案内
  • 求人情報
  • メンズサイト
  • サイトマップ

ニキビ治療

ティーズクリニックのにきび治療について

肌のトラブルの中でも、年齢に関係なく皆様お悩みなのが『にきび』ではないでしょうか?
一般の皮膚科や美容外科などでは「よくあること」と軽視されてしまうことが多いようです。
しかし「よくあるにきび」だからこそ、簡単に片づけてはいけない問題です。

そのためには、単なるにきび治療では終わらない、にきび予防のためのスキンケア医療を含めた総合的な「にきび対策」が必要です。
当クリニックでは、にきびでお悩みの方のために、短期間で最も効果を上げられる【トレチノイン療法】を中心に、その他のにきびの有効治療を積極的に組み合わせ、独自のにきび治療メニューを生み出しました。
これは、美肌医療の専門機関である『形成外科』だからこそ出来ることです。

一般的な治療で結果が出なかった方も諦めずに当クリニックにご相談下さい。

当院では「保険診療」でも、にきび治療を行なうことができます。
処方例:ミノマイシン・ダラシンゲル・アクアチム・ディフェリンゲル・ベピオゲル等を「保険診療」では処方しております。

このページのトップへ

にきび解決のための5つのメソッド

にきびの状態は個人の皮膚の性質により大きく差が出ます。
画一的な治療を行う病院やクリニックではにきびの完治は難しいでしょう。
そのためにまず「個人のにきびに合わせた治療」が必要になるのはおわかりかと思います。
当クリニックでは5つのメソッドに従い、患者様それぞれのメニューを組むことによってにきびのお悩みを解決していきます。

1)形成外科医による肌診断
専門医の見地から、にきびの原因・症状を突きとめます。
2)効果的な治療メニューの選択
肌診断を元に、個人のにきびに合わせたメニューを選択。
3)にきびの解消
お悩みの元の現在あるにきびを優先的に治療し、皮膚を正常な状態に戻します。
4)にきび跡の解消
肌が正常になったところで、過去のにきび跡の対処法をご一緒に検討いたします。
5)にきび再発予防指導
今後にきびを抑えるための日常的なスキンケアの指導や補助的治療を行うことにより、いつまでも美しい肌を保ちます。

このページのトップへ

にきびの治療方法

治療の基本となるポイントは次の3点です。
(1)皮脂の分泌を抑制
(2)毛穴の過剰な角質を除去
(3)にきび菌の作用の抑制
大人にきび・油脂肌/乾燥肌のにきび・肌荒れを伴うにきびなど、それぞれの症状に合せた治療方法をご一緒に検討していきましょう。

以下では当クリニックで行うにきびの詳細な治療内容をご紹介いたします。

にきび専用ライムライト(光治療器)

にきびの繰り返しが長期に及ぶと、毛細血管の拡張などが起こり、肌の赤みやにきび跡のしみが目立つようになります。 そこでライムライトの持つ血管収縮作用や色素緩和効果を利用し、これらの症状を抑えることが出来ます。
また、ライムライトの殺菌作用によりアクネ菌の働きを抑える効果も同時に期待することもできます。

現在ライムライトにはさまざまな名称の機器がありますが、同じライムライトを用いた療法の場合、施術の技量が最も結果を大きく左右します。

ニキビ専用タイタン(近赤外線治療器)

赤色に近い波長の近赤外線フラッシュランプを照射することでレーザー照射よりも深い真皮層の線維芽細胞を刺激して長期的にコラーゲンの増生を施し、皮膚のたるみを改善します。 がしかし、こんな側面もあると報告されています。
「真皮は近赤外線から深部組織を保護するためコラーゲン、エラスチンなどの保水成分を産生促進し水分量を増加させる」(※参考文献)
結果として、タイタンの照射により、肌の水分量は多くなり、肌(真皮層)の保水能力が上がると推測できます。

ジェネシス(Long-pulse Nd/YAG LASER)

ジェネシスは、皮膚毛根内の殺菌と同時に真皮を加熱することで、にきびの出来にくい肌へと導きます。ダウンタイムは殆どありません。。 深部の加熱は、コラーゲンの生成を促す治療でもあり、ニキビ跡の凹凸を改善もできるレーザーです。 施術時の際は、多少チクチクする程度で、暖かく感じる程度です。

にきび専用ケミカルピーリング

当クリニック独自のにきび治療に合わせたケミカルピーリングです。
角質や角栓に対して除去効果の高いグリコール酸を用い、表皮部分をピーリングすることでにきびの症状を緩和します。
にきびによる色素沈着が目立つ方には、更に乳酸を合わせることでにきび跡に残ってしまった色素を取り除き美しい肌を取り戻します。
また、トレチノインや光治療器などと一緒に行うことで、その他治療の有効性をより高める補助的な役割もあります。
通常のケミカルピーリングと比べ、薬剤の強さ、反応時間、にきびの種類など皮膚の部分的な違いに合わせてより細かく調整することで、高い治療効果を実現出来ます。
にきび跡の凹凸の再生に効果の高いサリチル酸マクロゴールを用いたマクロピールなども行っております。

にきび専用エレクトロポレーション(イオン導入)

にきび治療に効果の高いとされるものにビタミンCやトラネキサム酸(医療機関のみ使用可能)、にきび治療用外用剤などがありますが、通常皮膚に塗っただけでは皮膚本来が持つバリア効果によってなかなか浸透しません。
そこで、これらを医療用エレクトロポレーションで電気的衝撃を与えることで皮膚浸透効率を高め、より優れた治療効果を得ることが出来るのです。
にきびに対する薬効は当然ながら、肌に栄養を行き渡らせ、水分補給に加えてハリとツヤを取り戻すことで肌質を正常化させ、にきびの予防効果も高めることができます。
特に光治療器やケミカルピーリングと併用することで、にきびに対してより良い結果が得られるでしょう。

内服薬治療

にきびの治療はクリニックで施術して終わり、ではありません。
ケースによってはにきび治療用の内服薬をご使用いただき、日常的に治療を継続することも非常に重要です。
にきび治療の代表的なお薬には次のものがあります。

(1)にきび菌の働きを抑えるお薬
(2)皮脂分泌を抑えるお薬
(3)にきびの原因となる男性ホルモンの影響を調節するお薬

これらの選択、組み合わせはにきびのタイプによって全く異なります。
だからこそ、患者様とのカウンセリングや経過観察も大事なにきび治療の一つなのです。
にきび治療は、当クリニックの専門医に安心してお任せ下さい。

このページのトップへ

にきびのメカニズム・種類について

にきびについて
にきび(acne)とは皮膚の炎症性の病気で、医学的には「尋常性ざ瘡(ざそう)」と言います。
にきびのメカニズム
普段は健康な皮膚でも、毛穴に皮脂や角栓がたまることによって皮膚が盛り上がり
「面皰《と呼ばれる状態になってしまいます。
毛穴が閉じている状態を白にきび(閉鎖面皰)、毛穴が開いている状態を黒にきび(解放面皰)と呼びます。
また、この白にきび/黒にきびがアクネ菌という皮膚の常在菌により炎症を起こしてしまうと赤にきびや黄にきび(化膿性にきび)と呼ばれる悪化した症状になります。
白にきび(閉鎖面皰)
白にきびとは、「閉鎖面皰」といい、にきびの初期段階の症状です。
毛穴の中の皮脂と角質が混ざり合うことで、角栓と呼ばれるにきびの芯が生まれます。
この角栓によって毛穴が塞がってしまい、健康な状態であれば皮膚に分泌されるはずの皮脂が、毛穴の内部に閉じ込められてしまって白く膨れた症状を指します。
大きな白にきびになると皮膚の中でかなり盛り上がってしまい、潰すことすら困難な場合もあります。
初期症状ですので適切なスキンケアを行うことで比較的早く治癒しますが、アクネ菌が皮脂を栄養源として繁殖すると、炎症を起こして赤にきびとなってしまいます。
また、無理に潰すと余計に悪化したり、毛穴が広がったりなど皮膚に傷をつける原因になってしまいますので避けたほうがよいでしょう。
黒にきび(解放面皰)
これもにきびの初期段階ですが、毛穴が塞がったままの白にきびと違い、このときに角栓によって毛穴が開いて汚れている状態が黒にきびと呼ばれています。
また、毛穴の汚れだけでなく皮脂の酸化やメラニン色素の劣化も同様に黒にきびの原因となります。
黒にきびも、にきびの初期段階ですので比較的早く治ります。
赤にきび
赤にきびは、にきびの中期から後期の段階です。
白にきびや黒にきびが炎症を起こし、赤く腫れたような症状を起こします。
初期段階の白にきびや黒にきびによって、毛穴がふさがって皮脂が溜まった状態が続くとその皮脂を栄養として、毛穴の中に住むアクネ菌が繁殖を起こします。
赤にきびの原因であるアクネ菌が過剰に存在すると炎症が進行し、ひどい時には周囲の皮膚にまで炎症が及びます。
炎症を起こした毛穴は刺激に弱く傷つきやすいため、化膿を起こして黄にきびになってしまったり自然治癒後もにきび跡にもなってしまったりします。
症状が酷いときには悪化する前に治療を行うのがベストです。
黄にきび
赤にきびがさらに悪化した症状です。
黄にきびは化膿性にきびとも呼ばれ、その吊の通り毛穴の中に膿が溜まって黄色く腫れあがり痛みが伴います。
これはアクネ菌やブドウ球菌などが増殖することで、にきびの炎症がより悪化して毛包部が化膿を起こし、。毛包を破壊します。
黄にきびを無理矢理潰してしまうと、膿だけでなく真皮組織を壊してしまい、にきび跡(クレーター)になってしまう場合もあります。
また、自然治癒した場合でも、色素沈着やにきび跡(クレーター)が残ってしまいがちです。
こうなると通常のスキンケアだけでは治すことが出来ませんので、早めの処置が必要でしょう。
大人にきび
大人にきびとは、にきびの種類そのものではなく成人になってできるにきびを指していいます。いわゆる思春期のにきびの原因は、成長期における皮脂の分泌過多がほとんどですが、大人にきびの原因は,化粧、過労によるストレス、偏った食事などの上規則な生活によって引き起こります。
現代では誰しも大人にきびを生む環境に晒されているといっても過言ではないでしょう。
また、大人にきび自体は思春期のにきびとメカニズムは変わりませんが、皮膚の代謝が活発な思春期に生じたにきびとは違って、にきび跡(クレーター)になりやすかったり、完治まで時間がかかったりなどの症状も特徴的です。

腋臭症(ワキガ治療)のページへ

このページのトップへ



予約優先

  • 平日:10:00-19:00
  • 土曜:10:00-18:00
  • 休診日:水曜日・日曜祝日

技術と信頼の「医療法人社団 聡明会 ティーズクリニック(東京/錦糸町)」Copyright(c)2017 Tees Clinic. All Rights Reserved.