ニキビ跡治療 - 東京 美容外科

予約優先

  • 平日:10:00-19:00
  • 土曜:10:00-18:00
  • 休診日:水曜日・日曜祝日
  • 予約の空き状況を確認
  • クリニック案内
  • お電話
  • 手術・治療一覧
  • 料金一覧
  • 院長紹介
  • 医師紹介
  • クリニック案内
  • 求人情報
  • メンズサイト
  • サイトマップ

ニキビ跡治療

にきび跡(クレーター)の治療について

にきびの初期段階である白にきびや黒にきびがクレーターのようなにきび跡となることは殆どありません。
しかし、にきびの悪化を放置すればアクネ菌の繁殖を招いて毛嚢の破壊をきたします。
過剰な洗顔や薬剤を投与するなどの間違ったスキンケアによって、生じた毛穴の傷をさらに悪化させたり、にきびの適切なケアを行わなければ、さらに傷口を広げてしまいにきび跡(クレーター)を残す要因ともなってしまいます。

そしてにきびは「どこにでもあるもの」「放っておけばいつか治るもの」などと考えてはいけません。
例えにきびが自然治癒したとしてもキズとしてクレーター状のにきび跡が残ってしまいます。
こうして出来てしまったにきび跡(クレーター)は、通常のスキンケアだけでは治すことが出来ません。
なによりまず現在あるにきびを完治させた上で、どれほどにきび跡がお肌に残ってしまっているかをしっかりと見定め、実際の治療を行うことが必要不可欠です。

ティーズクリニックでのにきび跡治療は?

当クリニックでは、患者様それぞれのにきび跡(クレーター)の深さの程度に応じて多様な治療を使い分けます。
にきび跡の治療には、程度の軽いものの場合、外用薬やCO2レーザー・YAGレーザーなどの医療用レーザーによるにきび跡の除去を、また、深く陥没したにきび跡の場合、クレーター部分にコラーゲンやヒアルロン酸を注入しふっくらとさせたり、マイクロニードルセラピー (メソローラー、メソニードル)によってにきび跡を解消する治療を用いる場合もあります。

●にきび跡(クレーター)
にきびの初期段階である白にきびや黒にきびがクレーターのようなにきび跡となることは殆どありません。
しかし、にきびの悪化を放置すればアクネ菌の繁殖を招いて毛嚢の破壊をきたします。
過剰な洗顔や薬剤を投与するなどの間違ったスキンケアによって、生じた毛穴の傷をさらに悪化させたり、にきびの適切なケアを行わなければ、さらに傷口を広げてしまいにきび跡(クレーター)を残す要因ともなってしまいます。

切らないたるみ取り治療のタイタン

切らないたるみ取り治療のタイタン

ジェントルレーズハンドピース タイタンはメスを使用せずたるみを改善するアメリカキュテラ社の最新の光医療機器です。痛みを感じることなく、治療後すぐに効果を実感する事が出来ます。
→タイタンの詳細ページへ

このページのトップへ

施術料金はこちら



予約優先

  • 平日:10:00-19:00
  • 土曜:10:00-18:00
  • 休診日:水曜日・日曜祝日

技術と信頼の「医療法人社団 聡明会 ティーズクリニック(東京/錦糸町)」Copyright(c)2017 Tees Clinic. All Rights Reserved.