タトゥー除去・刺青除去(削皮)

タトゥー除去について

タトゥーを入れて後悔されている患者さまの来院が増えています。
若い頃にファッション感覚でタトゥーを入れたけれども…

・就職活動で不利になった
・元彼・元カノの名前が入っている
・腕や肩が見えるウェディングドレスが結婚式で着られない
・子供と一緒に温泉やプールに行かれない
・生命保険加入を断られた
・東京に出てきて、ノリでタトゥーを入れてしまった

などの理由でタトゥー除去を希望される患者さまが多くなっています。

一度、刺青を入れると消すことができないと思われるかもしれませんが、形成外科専門医の技術できれいにタトゥーを除去することが可能です。
タトゥーの大きさ、入っている場所、色づかいは一人ひとり違います。
患者さまにあわせたタトゥー除去方法をご提案いたします。

こんな方におすすめ

  • 一度でタトゥーを消したい
  • アブレージョンでタトゥーを除去したい
  • 大きくて広い範囲のタトゥーを消したい
  • なるべく費用をおさえたい
  • 熱傷専門医に治療して欲しい

タトゥー除去のポイント

タトゥー除去の方針を決めるのに非常に重要な3つのポイント。
 ①タトゥーが入っている場所
 ②大きさはどれくらいか
 ③何色か
「短期間にきれいにしたい」、「費用を抑えたい」、「タトゥー除去したいけれども、どの方法が良いのかわからない」などの悩みもご相談ください。
部位や大きさ、そして色などを評価しながら、時には性別や年齢を考慮してレーザー、単純切除、シリアル切除、アブレージョン(削皮)、などの方針をご提案します。

関節にタトゥーがある場合や、非常に大きな面積の場合には、細心の注意が必要です。
タトゥー除去の治療方法を間違えると、関節の動きが悪くなり生活に支障をきたしたり、大きな面積のタトゥーを一度に除去すると、脱水症状に陥り命の危険がある場合もあります。

術前の評価や専門医の技術が非常に重要になるのです。

アブレージョン(削皮)によるタトゥー除去

アブレージョンは専用の機器で皮膚の表面を削ってタトゥーを除去する方法です。
アブレージョンは、広範囲におよぶタトゥー(刺青)を一度の手術で取り除くことができる効果的な方法ですが、 皮膚(真皮層)の深部まで沈着した色素へは深く削らざるを得なく、その場合は皮膚の治癒に時間を要します。肌の再生能力によって新しい皮膚が再生され、まわりの皮膚と馴染むまで年月がかかります。

どのようなカラーのタトゥーにも対応できますが、深部まで色素が沈着している場合は深く削るために結果的に火傷のような傷あとが残ることがあるといった欠点(デメリット)もあります。しかし、タトゥーがあるよりも火傷のような跡がある方がいいという方もいらっしゃいます。

アブレージョン(削皮)+レーザー

2種類のタトゥー(刺青)除去法の組合せで行う手術であり、お互いの欠点を補うのが「アブレージョン(削皮)+レーザー法」です。

「アブレージョン(削皮)」は、広範囲におよぶタトゥー(刺青)を一度の手術で除去できる効果的な方法ですが、 皮膚(真皮層)の深部まで沈着した色素へは深く皮膚を削る必要があり、その場合は皮膚の治癒に時間を要します。 結果的に傷が汚くなる、といった欠点もあります。

そこで「レーザー除去法」を組み合わせることによって、この欠点を補い、深く入ったタトゥー(刺青)も浅い創面で消すことを可能としたのが 「アブレージョン(削皮)&レーザー法」となります。 単純な「アブレージョン(削皮)」と比較するとダウンタイムを少なくしてタトゥー(刺青)を除去できるメリットがあります。

症例紹介

症例
二の腕のタトゥー除去:削皮術とレーザー照射
治療内容
専用の機械で皮膚の表面を削る削皮とレーザー照射によるタトゥ除去
リスク
体液漏出による脱水、出血、そして、最大のリスクが肥厚性瘢痕やケロイドです。
費用
792,000円

症例を見る

治療の流れ

  • Step.01

    診察

    医師によるカウンセリングを行います。ご不安なことがありましたら、お気軽にご相談ください。
    治療方針、治療方法、リスクなど、詳しく説明します。

    タトゥーの状態を詳細に把握していきます。どの部位にどの程度の比率で、何色のタトゥーが入れられているかを診察します。

    単純に大きさだけではなく、部位毎の面積や皮膚の伸展具合に応じて、単純切除(1回で切除する)が不可能な大きな場合は、回数を分けて行うシリアル切除術やアブレージョン(削皮術)を考慮します。
    その際、料金が確定しますが、当院では手術の回数ではなく、大きさで手術の料金が決まります(詳細は料金表参照)。

    術前写真:手術のプランを計画するために撮影します。

  • Step.02

    デザイン

    状況に応じて、関節などの動きに影響がないよう(関節可動域に影響を与えない)に手術を計画していきます。植皮術では、採皮部が必要となります。部位によっては目立ってしまうので、患者さんと相談しながら慎重に決定していきます。
    アブレージョン(削皮術)では、面積に応じて手術回数を分けますので、手術の分配をしっかり行います。
    <ポイント!>
    熱傷診療や手の外科診療を多く経験している院長ならではの、デザインのポイントが重要となります。

  • Step.03

    手術(手術時間は30分から180分)

    局所麻酔を行います。

    面積が大きな場合は、麻酔クリームを塗布して表面麻酔をした後、非常に短く3本針の注射針を用いてゆっくり行っていきます。痛みは少ないと非常に好評です。
    両腕で、かつ面積が大きい場合は、腕の付け根に麻酔をする、ブロック注射を行うこともあります。

    ※ 全身麻酔を希望される患者さまは、麻酔科専門医による麻酔を受けることができます。(別途麻酔費用がかかります)

  • Step.04

    手術後

    腫れや痛みなどの状態に応じて休憩後、ご帰宅いただけます。
    術後はできるだけ痛みが伴わないような、形成外科診療で培った、ドレッシング材による処置を行っております。
    面積の大きなアブレージョン(削皮術)の場合は、非固着性ガーゼを用いて、苦痛を最小限にするようにします。

アフターケア

  • 術後経過

    術後はできるだけ痛みが伴わないような、形成外科診療で培った、ドレッシング材による処置を行っております。
    2~3日は特に浸出液(傷表面から出てくる液体)が多くなります。
    ガーゼや固定テープ、吸水シートで患部を保護していても、浸出液が漏れてくることがありますが、正常な経過です。

  • 術後の診察予定

    当院では、術後の経過をしっかりと追って行きます。トラブルが無い様にしっかりと診療をします。
    (状況に応じて、術翌日)術後1週間、術後1か月、3か月、6か月

注意事項

リスク
痛み・傷あと・ケロイド
ダウンタイム
腫れは1週間程度
シャワー
当日もしくは翌日から可能です。さっと浴びる程度にしましょう。

ドクターコメント

タトゥー除去には、レーザーが多く行われるようになってきました。当院でもピコレーザーによる照射も行っていますが、完全に無くすには時間が掛かります。また、完全に無くすことができない可能性もあります。時間が無い場合には、手術が最も早く取り除くことができますが、面積が大きい場合では、単純に切除することができません。その際に有効である方法が、アブレーションとなります。しかしながら、手術には危険が伴うこともあったり、また、術後には硬い組織ができあがり瘢痕となって関節などの動きを傷害することがあり、形成外科の知識や熱傷の知識が非常に重要になります。ですので、受診時にはしっかりと説明を行い、どのような方法が一番適しているかを納得して、決定するよう努めて参ります。

日本形成外科学会専門医
医療法人社団 聡明会 理事長

田牧 聡志

料金表

アブレージョンA8サイズ(7.5×5cm) ¥110,000
アブレーション&レーザーA8サイズ(7.5×5cm)程度 ¥198,000
  • 術式など手術の内容によって料金が異なりますのでカウンセリング時にご相談ください。
    大きさの単位は1cm刻みです(例:実測 3.5cm は 4cm となります。)
    分割手術の際(手術回数に数回に分ける場合)は、手術毎に別途¥33,000を要します。

よくある質問

Q.出来るだけ早くタトゥーを消したい!
A.夏までにタトゥーを除去したい、結婚式までに消したいなど、日程が決まっている場合は、カウンセリングの際にお伝えください。タトゥーの部位や大きさなどを総合的に判断して、ベストな方法をご提案します。
Q.麻酔の際に「痛みが少ない」と言われていますが、具体的にはどのようにされてますか?
A.面積によりますが、大きな場合は麻酔クリームで30分程度の表面麻酔を行います。これにより表面の感覚は鈍くなりますが、この状態では深い部位はまだ感覚が残っていて、切除やアブレージョンはできません。深部の注射が必要になりますが、表面に感覚がないので、短く細い注射針で行えば、殆ど痛みを感じずに麻酔が完了します。
Q.タトゥ除去の料金はどのように計算されるのですか
A.当院では大きさを基準に料金を決めております。√(ルート)を用いた計算方法で、下記の計算式で決まります。
(例:√(4×4)= 4 とします。)

例1.タトゥー除去(切除)で、単位面積を 5cm×5cm(25㎠)としている場合の計算式
10cm×20cmで二の腕の場合:料金合計= (√(10×20÷25))×180,000 = ¥560,027

例2.タトゥー除去(アブレーション)で、単位面積を 7.5cm×5cm(37.5㎠)としている場合の計算式
30cm×20cmで背中の場合:料金合計= (√(30×20÷37.5))×198,000 = ¥792,000

となります。
Q.1回ではなくて、複数回の手術になる場合、料金はどうなりますか
A.手術が複数回になる場合は、上記の計算式の金額に、2回目以降に対して手術手数料として¥33,000を毎回追加させて頂きます。
①手術回数が2回の場合は、¥33,000
②手術回数が3回の場合は、¥66,000

例.タトゥー除去で、10cm×20cmで背中の刺青を3回に分けて切除する場合
切除料金= (√(10×20÷25))×198,000 = ¥560,027、追加料金=¥66,000、合計金額=¥626,027(=¥66,000+¥560,027)
Q.普段はへこんでいる乳首ですが、刺激を与えると出てきます。それでも治療は必要ですか。
A.刺激をすると簡単に出てくる場合は、正常に授乳することができるので治療は不要かも知れません。ただし、やっと出てくる程度の場合は、手術を行った方が良いかもしれません。…分類のGrade-2を参照
Q.真性か仮性か、自分で見分ける方法はありますか。
A.親指と人差し指でつまみ上がげるようにして、簡単に持ち上がれば仮性陥没乳頭です。どのようにしても持ち上がらない場合は真性陥没乳頭となります。
Q.健康保険適用の条件を教えてください。
A.正常な授乳をするために行う必要があるため、妊娠可能な年齢の方が対象となります。美容目的の場合は、健康保険は適用になりません。
Q.陥没乳頭は治したほうがいいのでしょうか。
A.乳頭(乳首)が陥没していると、授乳を正常にすることが困難になります。また、陥没した部位に垢や分泌物が溜まってしまい細菌が多く発生してしまいます。そのために清潔を保つことができませんので、手術をお勧めします。
Q.手術中や手術後に、痛みはありますか。
A.手術の操作範囲は10円玉程度の範囲ですから麻酔を十分に効かせることが可能です。術中に痛むことは殆どありません。術後3時間程度で麻酔が切れてきますが、痛み止めを服用することでかなり抑えることが可能です。
Q.傷跡は残りますか?
A.切開する乳頭周囲には肌色の傷跡が残ってしまいます。状況によりきれいになることもありますが、ある程度は仕方がないようです。傷跡に関しては、自由診療での加療も受けることができます。
Q.授乳はできるようになりますか。
A.当院の酒井法はスムースに授乳ができるようにするために考案された術式ですが、授乳を保証するものではありません。
Q.ダウンタイムはどれくらいですか?
A.術後1週間はガーゼとフィルムによるドレッシング(被覆)が必要ですが、その後3か月間は乳頭を潰さないように厚さ1cm程度のパッド、もしくはカップ状の保護器具ををブラジャーの下に敷いてもらいます。完全な普通の生活は術後3か月(時に半年程度)からと言うこととなります。
Q.陥没乳頭の手術を受けられない場合はありますか。
A.既往症で、末梢循環不全のある方や、膠原病等の自己免疫疾患、重度の糖尿病の方は、手術ができな可能性があります。