タトゥー除去・刺青除去(レーザー)

タトゥー除去について

タトゥーを入れて後悔されている患者さまの来院が増えています。
若い頃にファッション感覚でタトゥーを入れたけれども…

・就職活動で不利になった
・元彼・元カノの名前が入っている
・腕や肩が見えるウェディングドレスが結婚式で着られない
・子供と一緒に温泉やプールに行かれない
・生命保険加入を断られた
・MRI検査が受けられない

などの理由でタトゥー除去を希望される患者さまが多くなっています。

一度、刺青を入れると消すことができないと思われるかもしれませんが、形成外科専門医の技術できれいにタトゥーを除去することが可能です。
タトゥーの大きさ、入っている場所、色づかいは一人ひとり違います。
患者さまにあわせたタトゥー除去方法をご提案いたします。

こんな方におすすめ

  • 傷あとを残したくない
  • 青・緑などのタトゥが入っている
  • 気軽にタトゥ除去をしたい
  • 形成外科専門医に治療して欲しい

タトゥー除去の種類

タトゥー除去の方針を決めるのに非常に重要な3つのポイント。
 ①タトゥーが入っている場所
 ②大きさはどれくらいか
 ③何色か
「短期間にきれいにしたい」、「費用を抑えたい」、「タトゥー除去したいけれども、どの方法が良いのかわからない」などの悩みもご相談ください。
部位や大きさ、そして色などを評価しながら、時には性別や年齢を考慮して「レーザー」、「単純切除」、「シリアル切除」、「アブレージョン(削皮)」などの方針をご提案します。

タトゥー除去は単純に切るだけではありません。
関節にタトゥーがある場合や、非常に大きな面積の場合には、細心の注意が必要です。
タトゥー除去の治療方法を間違えると、関節の動きが悪くなり生活に支障をきたしたり、大きな面積のタトゥーを一度に除去すると、脱水症状に陥り命の危険がある場合もあります。

術前の評価や専門医の技術が非常に重要になるのです。

レーザーによるタトゥー除去

ピコレーザーを用いた、レーザーによる刺青(タトゥー)の除去です。
ピコレーザーはタトゥのインク粒子を破壊して小さな粒子にしてから、もっと小さくインク粒子を破壊することできれいにタトゥを除去することができます。
そのため、 従来のナノ秒しか照射できないレーザーより綺麗に消すことができます。

除去可能なタトゥーの色として、赤、橙、黄、緑、紫、青、茶、黒、全ての色を除去することが可能です。 皮膚の真皮層にある色素などを破壊することができます。
刺青(タトゥー)の色の種類に合わせて効果的に治療することが可能です。

ピコレーザーの場合、より短いパルス幅でレーザーを照射することで、周囲への熱作用がほとんどなく、衝撃波で標的である色素を粉砕することができるのです。熱作用をほとんど生じさせないため、施術後の色素沈着を起こし難いというメリットもあります。

  • ピコシュア

ピコレーザーのメリット

従来のヤグレーザー(QスイッチNa-YAGレーザー)は特定の色に反応して、タトゥのインク粒子を熱で破壊していました。ヤグレーザーはタトゥに多い「青」「緑」「明るい色」には反応しにくいので治療ができないという欠点がありました。

ピコレーザーは最新技術で、従来のレーザーでは消し難かった「青」、「緑」、「明るい色」などの色も細かい粒子へと破壊することが出来るようになりました。 タトゥー除去後の皮膚は自然で正常な皮膚に生まれ変わります。

症例紹介

症例
二の腕のタトゥー除去:削皮術とレーザー照射
治療内容
専用の機械で皮膚の表面を削る削皮とレーザー照射によるタトゥ除去
リスク
体液漏出による脱水、出血、そして、最大のリスクが肥厚性瘢痕やケロイドです。
費用
792,000円

症例を見る

治療の流れ

  • Step.01

    診察

    医師によるカウンセリングを行います。ご不安なことがありましたら、お気軽にご相談ください。
    治療方針、治療方法、リスクなど、詳しく説明します。

  • Step.02

    ピコレーザー照射

    医師によりピコレーザーを照射します。
    ゴムで弾かれたようなパチパチとした痛みがあります。

  • Step.03

    手術後

    腫れや痛みなどの状態に応じて休憩後、ご帰宅いただけます。

アフターケア

  • 照射後のケア

    1週間は防水機能がある保護材(被覆材)で保護します。レーザー照射1週間後も皮膚は軽い火傷状態になっているのでこすったり、紫外線に当てないように注意をしましょう。

  • 日常生活

    入浴、激しい運動はレーザー照射1週間後から可能です。

注意事項

リスク
赤み・熱感・腫れ・かゆみ・点状出血・水泡・かさぶた形成
ダウンタイム
約1週間
入浴
1週間後から可能

ドクターコメント

タトゥー除去では、「とにかく早くタトゥーがあったことをわからなくしたい」、「傷あとを残さずにタトゥを消したいなど」など患者様の要望によって手段が違います。ピコレーザーによる治療は傷あとはほとんど残りません。しかしながら、、複数回の治療が必要ですので、長期間通院できる方が対象となります。ですので、受診時にはしっかりと説明を行い、どのような方法が一番適しているかを納得して、決定するよう努めて参ります。

日本形成外科学会専門医
医療法人社団 聡明会 理事長

田牧 聡志

料金表

2.5㎠ ¥11,000
5㎠ ¥15,400
10㎠ ¥22,000
20㎠ ¥30,800
40㎠:A8サイズ(7.5×5cm) ¥44,000
80㎠:A7サイズ(10×7.5cm) ¥62,150
160㎠:A6サイズ(15×10cm) ¥88,000
320㎠:A5サイズ(20×15cm) ¥121,000
640㎠:A4サイズ(30×20cm) ¥176,000
1280㎠:A3サイズ(40×30cm) ¥248,600
2560㎠:A2サイズ(60×40cm) ¥352,000
  • 術式など手術の内容によって料金が異なりますのでカウンセリング時にご相談ください。
    大きさの単位は1cm刻みです(例:実測 3.5cm は 4cm となります。)
    分割手術の際(手術回数に数回に分ける場合)は、手術毎に別途¥33,000を要します。

よくある質問

Q.タトゥ除去の料金はどのように計算されるのですか
A.当院では大きさを基準に料金を決めております。√(ルート)を用いた計算方法で、下記の計算式で決まります。
(例:√(4×4)= 4 とします。)

例1.タトゥー除去(切除)で、単位面積を 5cm×5cm(25㎠)としている場合の計算式
10cm×20cmで二の腕の場合:料金合計= (√(10×20÷25))×180,000 = ¥560,027

例2.タトゥー除去(アブレーション)で、単位面積を 7.5cm×5cm(37.5㎠)としている場合の計算式
30cm×20cmで背中の場合:料金合計= (√(30×20÷37.5))×198,000 = ¥792,000

となります。
Q.出来るだけ早くタトゥーを消したい!
A.夏までにタトゥーを除去したい、結婚式までに消したいなど、日程が決まっている場合は、カウンセリングの際にお伝えください。タトゥーの部位や大きさなどを総合的に判断して、ベストな方法をご提案します。
Q.レーザーのタトゥー除去の場合はどのくらいの期間、通院が必要ですか?
A.レーザーでタトゥーを除去する場合は、大きさや色にもよりますが複数回の治療になりることが多くなります。 1ヶ所につき黒など墨汁の場合は2〜3回、薄い色の場合は5回から10回が目安になります。
Q.ピコレーザーを使って大きなタトゥーを消したいです。
A.大きなタトゥーを一度に全て除去することはレーザーでは難しいです。半袖になった時にタトゥーが見える部分から除去するなどの治療がおすすめです。
Q.カラフルなタトゥーを消したいのですが…
A.従来のレーザーは黒や濃紺など濃い色にしか効果がありませんでしたが、ピコレーザーは青や緑、明るい色など全色に対応しております。
Q.レーザーって痛みはありせんか?
A.輪ゴムを弾いた時のような痛みがあります。痛みが心配な方は麻酔もご用意できますのでご安心ください。
Q.照射後のケアはどのようにしたらいいですか?
A.1週間は防水機能がある保護材(被覆材)で保護します。レーザー照射1週間後も皮膚は軽い火傷状態になっているのでこすったり、紫外線に当てないように注意をしましょう。
Q.レーザー照射では、傷あとが残りますか?
A.レーザー照射によるタトゥー除去では回数が少ない場合には傷あとが残りませんが、回数を重ねてた場合、タトゥーに一致した瘢痕(傷あと・肥厚性瘢痕)が残ってしまうこともあります。 カウンセリングの時にしっかりと説明を聞いてください。