糸リフト(切らないフェイスリフト)

糸リフトとは

糸を顔に挿入して肌のたるみをリフトアップする治療です。
糸にあるトゲのようなギザギザが、皮下組織をガッチリとつかむのでお顔のたるみをリフトアップすることが可能になります。
リフトアップのキープ力が高く、挿入した糸がとけてなくなるまで肌にハリや弾力をもたらします。

こんな方におすすめ

  • たるみを改善したい方
  • ほうれい線が気になる
  • 切る手術はしたくない
  • フェイスラインをシャープにしたい
  • たるみ予防をしたい
  • ダウンタイムの時間が取れない

シルエットリフト

ほうれい線や「マリオネット ライン」と言われる口元のたるみなどを、しっかりキャッチして引き上げてくれる『シルエットリフト(ソフト)』。

『シルエットリフト(ソフト)』は、たるみ・シワを改善するフェザーリフトのひとつで、糸に円錐状のバイオコーンが付いているのが特徴です。円錐状のコーンがついた特殊な糸が、皮下組織を掴み上げ、シワ・たるみをしっかりと引き上げます。高い引き上げ効果を発揮しながらも、皮膚や髪に糸を結んで固定する必要がないので、肌への負担やダウンタイムが少なくすむのが魅力です。

『シルエットリフト(ソフト)』は、従来タイプの『3Dリフト』よりも糸が2倍の長さになった進化版!
その長さを活かして、U字やL字に糸を挿入するのが強力なリフトアップを可能にするポイントです。ほうれい線や口元のマリオネットラインなど脂肪のたるみをしっかり捕まえ、力強く引き上げます。
1本のリフトアップ効果が高いので、従来タイプより少ない本数でたるみ・シワを改善でき、肌への負担も少なく、施術時間も短縮できるなど、メリットの多いリフトアップ治療です。

治療の流れ

  • Step.01

    診察

    医師によるカウンセリングを行います。ご不安なことがありましたら、お気軽にご相談ください。
    治療方針、治療方法、リスクなど、詳しく説明します。
    術前に際しては、頬の状態や法令線を詳細に把握していきます。

    写真撮影も行い、実際の状況を確認、詳細なデザインや術前術後比較等に利用していきます。

  • Step.02

    デザイン

    実際にどの方向でリフトアップさせるか、どの部位まで手術が及ぶのかなどを解説していきます。
    どの部位に糸が入り、出ていくことで糸の力伝わっていくのかを示していきます。

  • Step.03

    手術(手術時間:30分~1時間程度)

    慎重に局所麻酔を行っていきます。
    術後の皮下出血を極力少なくするためにも非常に重要なことですので、しっかり、ゆっくり注射してきます。

    手術時間は実際には30分程度ですが、一度出血するとしっかりと圧迫するために45分としています。

  • Step.04

    術後処置

    腫れなどの状態に応じてリカバリー室での休憩後、ご帰宅いただけます。

アフターケア

  • 術後

    術後は、術後翌日の出血などを主に確認します。また、強くひかれ過ぎている部位七以下をチェックし、場合により引っ掛かりをはずしていきます。
    術後2週間にも受診して頂きます。

  • 日常生活

    ダウンタイム:術後の腫れは数日程度、多くても一週間です。
    メイク:術後数日程は控えてください。傷をキレイに仕上げるためです。
    シャワー:当日から可能です。さっと浴びる程度にしましょう。
    洗顔:術後翌日から可能ですが、優しく洗いましょう。

注意事項

リスク
腫れ・内出血・左右差・ツッパリ感・皮膚のヨレ
ダウンタイム
術後の腫れは数日程度、長くても一週間です。

ドクターコメント

糸によるフェイスリフトは簡単に行えて、大きなアンチエイジングが期待できます。糸を狙った方向に入れられるため、ほうれい線の改善、マリオネットラインの改善などの効果が期待できます。デメリットとしては、手術によるフェイスリフトと比べ、リフト維持の時間が短いことです。しかし、簡単な手術で確実なリフトができる糸によるフェイスリフトは最大のメリットと言えます。

東北大学形成外科の講習会などで専門医向けの講師も担当しておりますので、顔面の解剖学については自信があります。
「形成外科診療ガイドライン5 頭蓋顎顔面疾患(主に後天性)」の執筆も担当しております。

※「形成外科診療ガイドライン5 頭蓋顎顔面疾患(主に後天性)」(金原出版)
日本形成外科学会 / 日本創傷外科学会 / 日本頭蓋顎顔面外科学会
ISBN:978-4-307-25718-3 B5判・200頁

日本形成外科学会専門医
医療法人社団 聡明会 理事長

田牧 聡志

料金表

シルエットリフト (3D-long)12バイオコーン ¥110,000
シルエットリフト16バイオコーン ¥132,000
シルエットリフトバイオコーン(4本セット) ¥330,000
シルエットリフト バイオコーン(1本追加) ¥88,000
その他 ご相談ください
  • 術式など手術の内容によって料金が異なりますのでカウンセリング時にご相談ください。
    現在TCTメンバー募集中(モニター割引)です。ご相談下さい。

よくある質問

Q.痛みはありますか?
A.手術中は麻酔をしているので痛みはありません。施術が終わって数日〜1週間程度は糸が挿入されている部位を触るとジンジンする程度の痛みを感じます。
そのような軽い痛みも、1週間以上経過するとほとんどなくなります。
Q.顔に違和感はありますか?
A.顔をリフトアップしているためツッパリ感・皮膚のヨレ・口が大きく開けにくいなどの症状が多少出ることがあります。
そのような症状は1週間程度でなじみます。
Q.年を取り口元やフェイスライン付近がたるんでしまいました。よく言われるブルドックのような顔です。なるべく手術後の治りが早い手術での治療がいいのですが、3Dリフトで治療可能でしょうか。
A.3Dリフトロングは、糸に円錐状のバイオコーンが付いた特殊な糸でたるみを引き上げる治療です。特にマリオネットラインや頬、ほうれい線のたるみ改善目的に使用します。3Dリフトロングは、様々な糸の挿入方法があり、たるみの部位や骨格などに合わせてデザインします。 フェイスラインのたるみに対しても、しっかりと対応できます。メスできる治療ではないので、腫れは5,6日で目立たなくなります。もし万が一内出血が出てしまった場合は、内出血が引くまでに10日から14日ほどかかります。
Q.フェイスラインや口元のたるみが気になってきました。長い休みが取れないのであまり腫れたりしないような治療が希望です。治療法が数多くあるようなので、簡単に治療法の特徴などを教えてください。できるだけ1回で効果のある治療を知りたいです。
A.フェイスライン・口元のたるみについてのお悩みですね。当院にはいくつかの治療法ががあり、気になさっている部位や症状の程度、「切る」治療がいいのか「切らない」方がいいのかなど、様々なことを考慮し、治療法をご提案しています。まだ診察を行っていませんので、当院で人気のある「切らない」けれど「はっきりとした効果が持続する」施術をご説明いたします。切らないリフトアップ治療とは、特殊加工された医療用の糸(スレッド)を使ったフェイスリフト術で、通常のフェイスリフトのようにメスできる治療法ではありません。当院では『シルエットリフト』というスレッド術です。シルエットリフトは、糸に円錐状のバイオコーンがいくつもついており、このバイオコーンがたるんだ皮下組織を360度ひっかけ、たるみをしっかり引き上げます。シルエットリフトの他、様々な治療法もありますので、診察にお越しいただいたときに最適な治療法をご提案いたします。