陥没乳頭

陥没乳頭とは

乳首が引っ込んだ状態、平坦な乳首、乳頭の先が窪んでいる状態を「陥没乳頭」または「陥没乳首」と言います。刺激すると乳首が出てくる仮性陥没乳頭の場合は問題がありませんが、真性陥没乳頭である重度の場合は授乳ができなかったり、炎症を起こしたしするリスクもあります。
指などによる刺激で出るものを『仮性』、搾乳器などで強い刺激を与えても外に出ないものを『真性』と呼びます。

デリケートな箇所のため傷跡を心配してなかなか手術に踏み切れない方が多いようですが、ティーズクリニックなら乳輪縮小術や乳頭縮小術といった乳房関連症例も手掛ける 形成外科専門医であり、美容センスを求められる自由診療で数多くの実績を持つ美容外科医でもあるので、 術後の美しさを重視した陥没乳頭修正を行います。年間の症例は約100症例以上の症例を扱っております。

こんな方におすすめ

  • 乳首が凹んでいる
  • 乳腺炎になったことがある
  • 陥没乳頭の手術をしたが、再発してしまった
  • 乳首が平坦
  • 乳首が陥没していて授乳できるか心配
  • 日本形成外科学会の専門医に手術して欲しい

陥没乳頭の原因

陥没乳頭の原因は、乳腺で作られた母乳を乳首まで運ぶ乳管が乳房の成長に追いつかずに未発達で短かったり、先天的な乳腺の異常で乳管が短かったりすると、乳首が乳管に引っ張られて陥没するといわれています。
女性の1.8 – 3.3%程度(*1)に陥没乳頭が発生し、ある報告では10%程度にまで上昇とも言われています。先天性の場合で9割近くは両側性と言われ、片側のみの陥没乳頭は少ないようです。先天性陥没乳頭は、本人が思春期に近づくにつれて気が付くことが多いようです。思春期より前の場合は、成長と共に自然に治り問題は少ないので、思春期または成人まで経過観察となります。
成人するまで症状が持続する場合には、出産後の授乳、または見た目、慢性乳腺炎などの理由で治療を希望される方が増えてきます。
欧米の食生活への変化に伴い、以前の日本人に比べるとバストの大きいな女性が増加していますが、並行して陥没乳頭も増加していると考えられています。母乳をつくる乳腺という組織と、つくられた母乳が通る乳管という管の発達のアンバランスさにより、乳首が引っ張られ陥没します。
*1 波利井清紀(監修)、矢野健二(編著)、館正弘(1)、武田睦(2)(参考部執筆)、2010、『形成外科ADVANCEシリーズ II-5 乳房・乳頭の再建と整容 最近の進歩 第2版』、克誠堂出版
(1)(2)東北大学形成外科教室

陥没乳頭チェック

▫️乳頭に刺激を与えることで乳首が飛び出してくる
▫️時間が経過すると飛び出していた乳首が元の凹んだ状態になる
⇨仮性の陥没乳頭です。乳首から母乳を直接授乳することができますが、見た目が気になって悩む方もいます(*1)。

▫️乳頭をどんなに刺激しても、全く乳頭が出てこない
⇨真性の陥没乳頭です。将来、乳首から母乳を直接授乳することができません。見た目だけではなく機能としても問題がある場合もあります。

仮性でも真性でも手術によって常に乳頭が出ている正常な状態にすることができます。
陥没乳頭は仮性も真性も、へこんでいる部分に垢や汚れがたまり、雑菌が繁殖しやすい不衛生な状態になります。細菌が繁殖して、乳腺炎という病気になるリスクが高くなります。

見た目の問題、機能の問題、健康面の問題からみても、陥没乳頭の治療をおすすめします。
*1仮性の場合には保険適応による手術が可能かどうかは、医師による診察が必要です。

陥没乳頭の分類

分類
<酒井分類>
酒井成身 (2000) による分類は以下の通り(*2)。

Grade 1
陥没乳頭を簡単に徒手的に整復できるが、いずれまたもとに戻る。
Grade 2
何とかピンセットなどで引き上げると整復できるが、離すと陥没する。
Grade 3
手術によらなければ乳頭は出てこない。

<ティーズクリニック田牧サブ分類>
更に詳細に、ティーズクリニックでは、酒井先生の分類にサブ分類を定め、適応を決めております。

Grade 0
正常な乳頭である。
 Grade 0.5
 ごく軽度に乳頭先端に陥凹がある。
Grade 1
陥没乳頭を簡単に徒手的に整復できるが、いずれまたもとに戻る。
 Grade 1.5⇒ここから保険診療としています。
 慣れた医療従事者が何とか徒手的に引き上げると整復できるが、離すと陥没する。
Grade 2
何とかピンセットなどで引き上げると整復できるが、離すと陥没する
Grade 3
手術によらなければ乳頭は出てこない。
(上記に組織の萎縮を伴う場合「Grade-3+」と記載しています。)

*2 市田正成、谷野隆三郎、保阪善昭(編)、2000、『美容外科手術プラクティス2』、文光堂

陥没乳頭の治療法

実際の治療法として、当院で行っている方法が「酒井法」です。重症度に合わせて、Ⅰ法、Ⅱ法を使い分けて行います。Ⅱ法への選択は、状況に合わせてⅠ法から変更することが可能です。

酒井I法(II法はこの方法に小皮弁が追加されます。)
乳頭(乳首)を二つに割って、縮まってしまった乳管を皮膚から引き離すことで乳頭の陥没を修正します。
形成外科専門医施設である当院で酒井法を行う場合でも、再発のリスクはあると言えます。また、再発を極力なくすためにも術後のケアが非常に重要となりますので、患者さんの協力も必要となります。
その際のリスクや可能性、また術前に、再発時にどのような対処方法があるかも、しっかりと説明いたします。

  • 陥没乳頭

陥没乳頭手術のリスク

術後の変形:術後に乳頭が変形(coffee-beans様に変形)してしまうことがあります。状況に応じて再手術を行うことで対応します。授乳できる形態(形)にすることが目的となりますので、ある程度の変形の可能性をご理解頂いております。

陥没の再発:陥没乳頭の手術「陥没乳頭形成術」は、再発リスクの高い手術と考えられております。10%の確率で再発するということも言われていますので、慎重に手術を行う必要があります。再発した場合、陥没が強い場合は再度の手術も行います。

乳頭下血腫:作成した乳頭の下層に血が溜まることで起こります。予防措置としてドレーンという管を用いますが、それでも起こってしまう場合もあります。

乳頭壊死:非常に稀で殆ど生じることはありませんが、血腫などが生じた場合、血流障害が起こり乳頭が一部死んでしまう可能性もあります。

治療の流れ

  • Step.01

    診察

    医師によるカウンセリングを行います。ご不安なことがありましたら、お気軽にご相談ください。
    治療方針、治療方法、リスクなど、詳しく説明します。
    女性看護師・女性看護師助手がご案内し、術前診察により乳頭の状態を確認します。

    状態に応じて、陥没乳頭形成術の説明を行い、同意書を作成していきます。また、術前検査として採血検査を必要とします。

    女性看護師が診療に一緒に入りますから、医師は原則、乳頭の状態のみを見るように配慮しております。
    陥没乳頭形成術は、妊娠適齢期の患者に限り保険適応となっております。

  • Step.02

    手術

    術前写真を撮影してデザインを行います。

    局所麻酔を使用しますので、施術中の痛みは殆ど感じません。(※痛みの感じ方には個人差がありますので、非常に稀に痛みを感じる方もいらっしゃいます。)

    麻酔が十分に効いた後に、乳頭を二つに分けるように切開します。縮こまった乳管(乳汁を通す管:乳管束・主乳管)を分けるようにして引き延ばします。形が出来上がったら、乳頭の根元をしっかりとした吸収糸で縫合した後、皮膚を非常に細い糸を用いて丁寧に縫合していきます。

    術後には再陥没しないように固定具を用いて保護します。手術時間はgrade(重症度)によって変わりますが、1時間程度です。

    手術も女性看護師の案内で進められていきますので安心です。

  • Step.03

    手術後

    腫れや痛みなどの状態に応じて休憩後、ご帰宅いただけます。

アフターケア

  • 術後経過

    術後当日に一度来院して頂き、状態を確認します。その後、フィルムを用いてカバーします。
    術後2日目(術翌日)からシャワーは可能です。フィルムが剥がれないように優しく洗ってください。
    ガーゼ&フィルムによる固定期間は1~2週間を要します。その後にはスポンジのパッドによる固定が3ヵ月程度必要です。その期間は緩めのブラで保護するようにします。

    詳細は女性看護師がやさしく説明してくれます。
    入浴は術後1週間から可能となります。

  • 術後の診察予定

    施術翌日:傷もしくはガーゼ固定の確認
    7日後:抜糸とガーゼ固定の確認
    2週間後:ガーゼ固定を終了させ、簡易なパッド固定へ変更
    1ヶ月後:乳頭の状態確認
    3ヶ月後:乳頭の状態確認
    6ヶ月後:再発等の確認

    ※術後の通院日程・回数は患者様の状態により異なります。

  • 仕上がり

    授乳はできるようになります。

    乳頭周囲に傷跡が薄っすらと残りますが、乳輪内ですからあまり目立ちません。

    仕上がりにわずかな左右差が生じる可能性があります。
    陥没の程度によっては傷の治りが遅くなることがあります。

注意事項

リスク
変形・血腫・再発・壊死
ダウンタイム
術後約7日で抜糸とガーゼ固定。2週間後に簡易パッド固定へ変更
シャワー・入浴
シャワーは2日後から。入浴は1週間後より可能

ドクターコメント

多くの患者さんが当院を選んで下さっている以上、しっかりとした手術を行うように心がけております。また、仮性である場合も、真性である場合も、手術は同様に行いますから手術のリスクや合併症は同様です。どのようなタイプの方でも手術への理解を頂き、術後の生活上の注意などしっかりと守って頂き、一緒に頑張りましょう。

また、他院で陥没乳頭の手術をされて再発された方の手術も行っております。経験上、手術方法で再発率は変わってきます。当初、当院もハンモック法(三角弁を2枚作成してハンモック状に形成して吊り上げる)を用いていましたが、再発が多いため、現在は酒井法を行っています。できるだけ再発をさせないように工夫をしております。

日本形成外科学会専門医
医療法人社団 聡明会 理事長

田牧 聡志

料金表

陥没乳頭形成術 3割自己負担
その他 ご相談ください
  • 術式など手術の内容によって料金が異なりますのでカウンセリング時にご相談ください。

よくある質問

Q.乳首がへこんでいます。普通の乳首にできますか。
A.当院で行っている酒井法を用いて手術(乳頭形成術)をすることで、乳首(乳頭)の形を変えることで乳首を作り上げることができます。
Q.費用はいくらですか?
A.2021年4月現在は保険適用の3割自己負担で片側22,050円です。
Q.手術時間はどの程度でしょうか。入院する必要がありますか。
A.当院では正確な手術を追及しておりますので、手術時間には余裕を持たせております。60分程度です。日帰りで手術できますので入院する必要はありません。
Q.術後の再発のリスクはありますか。
A.乳頭形成術では分類により術後の再発率が変わってきますので、はっきりとは言えませんが、再発の可能性があることは事実です。再発を極力減らすため、術後処置への患者さんの協力は欠かせません。
Q.乳首がへこんでいます。何が原因ですか。
A.乳首(乳頭)の深くにある乳管(乳管束・主乳管)が委縮していて縮こまっていることが原因です。