• 埋没法

    埋没法の二重整形は医療用の糸を使用して二重まぶたを形成する手術です。手術時間が短く、傷あとが残りません。メスを使わないいわゆるプチ整形の代表的な手術です。
    患者様が、一番心配する「手術後の腫れ」が非常に少ない方法です。糸を抜けば元のまぶたに戻すこともできますので、二重のラインを変えることもできます。
    医療用の糸の使用方法はドクターやクリニックによって様々な方法があります。ティーズクリニックでは解剖学的であり自然な埋没法を採用しています。
    皮膚を切らないため、ほとんど腫れず、手術時間も短いので患者様の負担が少ない手術です。糸を抜けば元に戻せるので二重のライン変更もできます。ティーズクリニックでは「つるきり変法」の二重整形埋没法を採用しております。

    施術詳細を見る

  • 切開法

    二重整形の切開は患者様の希望される二重ラインになるように皮膚を切開して縫合し、二重まぶたを形成する手術です。切開はしっかりとした二重を手に入れると同時に、“腫れぼったい”目も解消できる手術です。 厚みのある一重まぶたの方も、二重整形の埋没で元に戻ってしまった方も、理想的な二重ラインをつくることが可能です。 切除する脂肪の量や縫合するラインによりますが、平行型も、末広型も、希望に沿ったライン形成が可能です。

    切開法もドクターやクリニックよって様々な手法があります。絶対に二重のラインが取れないけれども、まぶたを閉じると整形だとバレるような方法もあります。ティーズクリニックでは生まれつきの二重まぶたと同じように見える美しい二重ができる方法を採用しています。目を閉じた時のきれいなラインに自信があります。

    施術詳細を見る