目の下のたるみ取り・切らない治療

目の下のたるみ治療

年齢とともに気になる目の下のたるみ。女性だけでなく男性にも悩む方が多いようです。目の下のたるみをそのままにしておくと実年齢より老けて見られてしまいます。
目元は第一印象を決める大事なポイントです。目の下のたるみは、加齢による眼輪筋の衰えや睡眠不足によるクマ、目元のこすりすぎなどさまざまな原因があります。厚化粧でクマやくすみを隠そうとすると余計に目立ってしまいます。アイクリームなど目元の保湿だけでは改善しない目の下のたるみはティーズクリニックにご相談ください。
目の下のたるみ・ふくらみの治療方法は大きく二つに分類できます。
切らない治療で一時的な方法(対処療法)と根本的に治療する方法(根本療法)です。
目の下のたるみが少ない場合、手術までは考えないで良い場合は、対処療法となります。
ヒアルロン酸やPRPF(多血小板血漿治療)を用いた、充填療法で治療することが可能です。ラジオ波による治療も目元がスッキリします。
メリットとしては注入術ですから切らずに簡単に行うことができますが、デメリットとしては一時的な治療のため元に戻ってしまいます。目の下のふくらみが大きい場合は根本療法である手術(ハムラ法など)をおすすめしております。

こんな方におすすめ

  • 黒クマや茶クマが気になる方
  • 切る治療はしたくない方
  • 目元にハリを感じない方
  • 目の下にたるみがある方
  • 実年齢より老けて見られる方
  • 軽い目の下のたるみがある方

目の下のたるみの原因

目の下のふくらみ・クマ・たるみとは、加齢のために筋肉が弱くなり、眼球の重みを眼窩脂肪が支えきれず、目の下の皮膚がふくらむ症状のことです。
目の下にふくらみ・たるみができることで、影ができる=クマで目元が暗くみえます。常にクマがあると、周りの人から疲れているようにみえたり、老けてみえたり、暗い印象を与えてしまいます。
1.年齢に伴って眼球が徐々に下がることで、下まぶたにある脂肪を押し下げます。そのことで長い時間に眼窩隔膜(がんかかくまく)を圧迫します。
2.眼球を下から支えているLockwood靭帯(ロックウッド靭帯)が弱ると、眼球をしっかり支えられなくなります。その結果、圧迫されてしまう眼窩脂肪は前に出てきて目の下がたるんで見えます。
3.頬の脂肪も加齢で下がってしまうため、下まぶたの印象を老けた印象へと加速させてしまいます。このようにして脂肪が前に出てきて下まぶたにふくらみを作り出します。
目元のふくらみの下に影ができると黒いクマができたように見えるため「黒クマ」、ふくらみの中の血管が透けて見える状態が「赤クマ」とよばれます。

セルフケアで解消できる?

目の下のふくらみ・たるみは、脂肪が前に出てくることで発生します。
アイクリームなどの化粧品はお肌の表面には効果がありますが、脂肪によって押し出されたふくらみ・たるみには効果を発揮できません。
エステ、マッサージは血流が良くなるので青クマに一時的には効果があるかもしれません(直ぐに戻ってしまいますね。)。しかし、目の下のふくらみの原因である脂肪の位置を元の位置に戻すことはできません。
過度のマッサージは摩擦によって肌がたるむ原因にもなりかねないので注意が必要です。

多血小板血漿療法(PRP療法)

再生医療である多血小板血漿療法(PRP療法)用いて、注射をする感覚で行う治療方法です。
実際には、採血を行った後、濃縮した血小板を取り出します。この濃縮血小板にグロースファクターを添加し、皮下に注射をすることで、皮下の脂肪を増殖させる再生医療となります。
<厚生労働省再生医療等提供計画>
提供しようとする生成医療等の名称:多血小板血漿を用いた再生医療(皮膚及び皮下組織) 治療・研究の区分:治療 再生医療等の区分:再生医療第3種 計画番号:PC3180108

ヒアルロン酸注入

下まぶたに最適な柔らかいヒアルロン酸を注入することにより、くぼみを簡単に解消する方法です。
ヒアルロン酸を注入することで、皮膚が持ち上がりくぼみの症状が改善します。ヒアルロン酸は徐々に体に吸収されます。
簡単な診察の後、すぐに注入することができる治療法です。

症例紹介

症例
目の下のたるみ取り
治療内容
下まぶた直下の皮膚を切開し、皮下組織を剥離、下眼瞼(下まぶた)隔膜をしっかりと露出させ、膜自体を頬の方向に移動します。最後に余った皮膚をトリミングて縫合します
リスク
腫れ・内出血・下眼瞼の外反
費用
495000円

症例を見る

症例
下まぶたのたるみが強い症例
治療内容
下まぶた直下の皮膚を切開し、皮下組織を剥離、下眼瞼(下まぶた)隔膜をしっかりと露出させ、膜自体を頬の方向に移動します。最後に余った皮膚をトリミングて縫合します
リスク
腫れ・内出血・下眼瞼の外反
費用
495000円

症例を見る

治療の流れ

  • Step.01

    施術前

    目の下の場合は、下眼瞼の状態によって何を行うかの判断します。どの部位がくぼんでいるのか、突出しているのか、どのような形をしているのかを詳細に確認します。
    そして、目の下の状態に合った治療法(PRP療法もしくはヒアルロン酸)を選択し、注意事項を説明します。

  • Step.02

    デザイン

    どのように注入するかを確認するためのデザインを行います。必要に応じて麻酔を行います。
    予め、貼る麻酔を施術の2時間前に貼ることで、注入の際の痛みを軽減できます。

  • Step.03

    注入

    状況や状態により、座位で行ったり、横になって行ったり、調整しながら注入してきます。
    ある程度注入したら起き上がって頂き、鏡を見て確認して頂きます。

  • Step.04

    施術後

    出血の有無を確認した後、注入部位の腫れ予防にステロイド軟膏を塗布します。

  • Step.05

    術後の注意

    術後は数日間から1週間程度は顔のマッサージを行わないように注意してください。
    リスクや副作用として、内出血や炎症反応等の可能性があります。

アフターケア

  • 術後ケア

    術後2週間には、必ずチェックをさせて頂いております。左右差が気になる、腫れが強いなどを、聞き取り必要時に追加修正を行っていきます。

注意事項

リスク
腫れやくぼみ、赤み、痛み、内出血、浮腫み、感染、左右差など

ドクターコメント

過労や老化による目の下の変化は、印象が悪く改善を希望される方が多いです。
理想的な治療法を提供するために、原因が何であるのかを解剖学的状況に陥っているかを診断し、最も適切な方法に対して、状況提供することを心掛けております。
形成外科医・美容外科医として、手術が必要である場合も多いですが、以外にも注入による治療方法も非常に有用と考えております。

日本形成外科学会専門医
医療法人社団 聡明会 理事長

田牧 聡志

料金表

多血小板血漿療法(PRP療法) ¥275,000
ヒアルロン酸注入 ¥99,000
ペレヴェ(たるみ治療器) ¥22,000
その他 ご相談ください

よくある質問

Q.目の下のふくらみをなくしたいのですが、切る手術はしたくありません。
A.目の下のふくらみの程度にもよりますが、ふくらみが軽度ならヒアルロン差で段差を埋める治療法もあります。