隆鼻術

隆鼻術とは

アニメやまんがでは、鼻が省略されていることが多くあります。鼻は多くを主張してはいけないようです。

そのような大人しくしているべきお鼻ですが、日本人や東洋人の鼻は、丸っこく、扁平して、つぶれているとやはりバランスが悪いと思われるようです。そこで、当院では大人しい鼻を作るために、大きな鼻は小さく、高すぎる鼻は低く、が原則ですが、小さく低く丸っこい鼻をできるだけきれいにしていきます。

最も一般的な鼻形成術は、やはり「ヒアルロン酸による隆鼻術」です。その場で、直ぐに、鼻の根元(鼻根部)を高くしたりシャープにすることができます。しかし、残念ながらヒアルロン酸注入による鼻形成は持続時間は短く、どんな固いヒアルロン酸でも1年程度と言われています。その次に一般的なものが「シリコンインプラント(プロテーゼ)による隆鼻術」です。手術時間は30分程度、短時間で半永久的な鼻高を作ることができます。

こんな方におすすめ

  • 鼻先をシャープにしたい
  • メガネやサングラスが鼻からズレる
  • ヒアルロン酸を何回か入れているが持続しない
  • 鼻を目立たなくしたい
  • 鼻の根本(鼻根)を高くしたい

ヒアルロン酸注入

「鼻用インプラント(プロテーゼ)」とは違い手術ではない切らない方法の、非常に固いヒアルロン酸によるプチ整形は、非常に簡単にイメージを変えることができます。
当院のヒアルロン酸は24カ月持続する長持続タイプです。

固くない安価なヒアルロン酸で何度も繰り返し隆鼻術を行うと、将来、鼻の形が変形してしまいます。いわゆる「アバター変形」ですね。映画の「アバター」の主人公の様に、鼻の根元(鼻根部)が広がってしまいす。街でたまに見かける滑稽な鼻です。そのようにならないためにも良質な非常に硬いヒアルロン酸(ジュビダームビスタ「VOLUMA」等)を注入する必要があるのです。

隆鼻術

医療用シリコンインプラントである「鼻プロテーゼ」を使用した隆鼻術は、鼻筋(鼻根から鼻背)を通して顔立ちを立体的に整えることができる手術です。
当院では、一人ひとりの顔の形や鼻の骨の形などを考慮して、希望の高さ・形に合わせて、オーダーメイドの「鼻プロテーゼ」を制作しており、自然な仕上がりを実現します。

顔の形・鼻の骨(鼻骨)の形に合わせて作る「鼻プロテーゼ」は、低い鼻にしっかり高さを出しても、自然に仕上がります。 鼻筋を通すことで目を大きく強調し、お顔に立体感が出て、整った印象になります。
リスクは骨膜下に入れられないことで起こります!

現在でも手術に不慣れな施設では、「鼻プロテーゼ」を皮下に埋入してしまいます。こうなるとプロテーゼが浮き上がってしまって、皮下で動いてしまいます。形も悪いですし、動いてしまうので、しっくりしません。骨膜に入れるには解剖学的知識とそれなりの経験が必要になるからです。
当院では、「鼻プロテーゼ」を皮下ではなく深い骨膜の下に挿入するので、輪郭が浮き出ることもなく、動いてしまうこともありませんので、長期間の効果が期待できます。
ブラックライトで光る?
もちろん、ブラックライトで浮き上がってしまう!などは、起きないので心配いりません。しっかりと骨膜下に入れるなど深さを保てば、光ることはありません。・・・都市伝説でしょうかね。

治療の流れ

  • Step.01

    術前診察(鼻形成用インプラント挿入の場合)

    (鼻形成用インプラント挿入の場合)
    鼻の形状を把握し、どの部位にどの位の高さを希望されるのかを確認します。
    実際にインプラントを用いて希望通りなるかを診察します。
    手術のプランを計画するために撮影します。

  • Step.02

    デザイン

    実際のインプラントを用いたデザインを行います。
    重要な神経を損傷しないように必要な解剖を確認していきます。

  • Step.03

    手術(手術時間は30分程度)

    十分に局所麻酔を行います。(全身麻酔や静脈麻酔も可能です)
    鼻の孔(鼻孔内)の内側を1cm程度切開して、鼻骨骨膜の下にインプラント(プロテーゼ)のポケットを作成します。
    ポケットにインプラントを入れ込んで、皮膚を縫合して終了です。
    ※ 全身麻酔や静脈麻酔を希望される方は、麻酔科専門による麻酔を受けることができます。

  • Step.04

    術後処置および経過

    術後翌日に、創部の確認を行うために受診します。
    術後1週間で抜糸を行うこともありますが、溶ける糸で縫っていますから抜糸を行いわないこともあります。
    鼻の中は、湿潤環境が整っているために傷の治癒は早く、トラブルは少ないです。しかし、念のため抗生剤入り軟膏をお渡しして、清潔を保つことをお願いすることもあります。

    当院では、術後の経過をしっかりと追って行きます。トラブルが無い様にしっかりと診療をします。
    (状況に応じて、術翌日)術後1週間、術後1か月、3か月、6か月

アフターケア

  • 手術後

    腫れなどの状態に応じてリカバリー室での休憩後、ご帰宅いただけます。

  • シャワー・入浴

    当日から可能です。特に制限はありませんが、さっと浴びる程度にしましょう。

  • メイク

    当日から可能です。1週間程度は鼻を強く刺激しないようにしてください。

注意事項

リスク
左右差・瘢痕など。まれに炎症、露出などの合併症がありますが、早期治療で改善します。
ダウンタイム
腫れは1週間〜2週間程度で落ち着きます。
運動
軽い運動は1週間後から、強い運動は1ヶ月程度経過してから

ドクターコメント

鼻のインプラント(プロテーゼ)は気軽にできるプチ整形としてよく知られています。
簡単な麻酔で、短時間で全体的に鼻を高くしたり、鼻筋を通したり、鼻尖の形を整えたりして、鼻の形が作れる理想的な手術です。
しかしながら、インプラントが浮いてしまって不安定な位置に固定される症例が後を絶ちません。
骨骨膜下の正しい位置への固定することは可能ですが、しっかりとした経験と技術が必要です。
適正な医療機関での手術をお勧めいたします。

日本形成外科学会専門医
医療法人社団 聡明会 理事長

田牧 聡志

料金表

鼻フィラー(ヒアルロン酸) ¥99,000
インプラント挿入 ¥275,000
耳介軟骨移植 ¥440,000
インプラント抜去(他院修正) ¥165,000
隆鼻術 ¥396,000
その他 ご相談ください
  • インプラント抜去の際に手術時間30分の料金を表示しております。60分の料金は×2となります。一般的にインプラント抜去は手術時間は30分程度です。

よくある質問

Q.鼻にプロテーゼを入れるとブラックライトで光ってしまいませんか。
A.骨膜下に入れるなど深さを保てば光ることはありません。
Q.鼻が低いが悩みですが。切る手術はしたくありません。
A.ヒアルロン酸注入によるプチ整形は切らないのでおすすめです。
Q.ヒアルロン酸注入はどれくらい持ちますか。
A.ヒアルロン酸は24ヶ月程度効果が持続します。