目の上のたるみ取り

目の上のたるみ治療

上まぶたのたるみは、老けてみえる、疲れてみえる、不機嫌そうにみえるなど見た目だけではなく、目の開閉が重たい、肩が凝るなど時として生活にも支障を来します。
特に目尻周囲は加齢とともに垂れ込んで行き、年齢を感じさせる印象を与えます。
ティーズクリニックでは、弛んでしまった皮膚に対してレーザー治療や手術等、様々な方法をご提案しています。
切る手術に抵抗がある方にはレーザー治療、二重まぶたが皮膚が伸びて奥二重になってしまっている場合はきれいな二重に戻せる眉下切開法などがあります。
上まぶたの状態により明るい目元になる最適な治療方法をご提案致します。

こんな方におすすめ

  • 二重整形の専門クリニックで上まぶたの治療を受けたい
  • 目の開閉が重たく感じる
  • アイプチをすると目を開けるのが楽になる
  • 上まぶたが重くなり二重の形が悪くなってきた
  • まぶたを上げるときに額にシワがよる
  • 美容外科できれいに仕上げたい方

眉下切開法

眉下切開法はまゆ毛の下・外側の皮膚をデザインして切開します。
眉下切開法のメリットとしては、睫毛(まつげ)周囲の形を変化させないために、二重のラインは変わりません。一般的に術後の腫れも早期に解消します。まぶたの上の皮膚が垂れ下がって奥二重になってしまっている場合には、眉下切開をすることで奇麗な二重を取り戻すことが可能です。
最大のメリットは、術後のダウンタイムが非常に短いことです。殆どの方が1週間程度で分からなくなります。
まゆ毛の下に切開線が残りますが、女性の方はまゆげのメイクで隠れます。数ヶ月するとまゆ毛が伸びて切開線はわかりにくくなります。そして、半年も経過すると傷は殆ど解らなくなります。

睫毛測切開法

一般的な皮膚弛緩症手術です。まつげ側の二重のラインにそって、たるんで余っている皮膚を切り取ります。目尻に皮膚が多くたるんでいる方には適応となります。日本人特有の目尻の緩みをすっきりさせる方法です。
欠点としては、二重の線が変わってしまうこと、術後のダウンタイムが長いことです。目の印象を大きく変えたくない場合は眉下切開法を検討されることをお勧めします。術後の腫れも眉下切開法に比べると長いことが多いようです。

レーザー治療

アンコアレーザー、ジェネシスレーザーなどレーザーで目の上のたるみを引き締める方法です。
切る手術ではありませんので、腫れや出血はほとんどありません。重度のたるみには効果が少ないこともあります。

アンコアレーザーは小さな穴をドット状に無数に開けることで皮膚にダメージを与えます。そうすることで、皮膚には穴の開いた部位と何もダメージを受けていない皮膚が交互に存在することになります。その結果、橋渡し的に皮膚を治療するために、ブリッジセラピーと名づけられたのです。
傷は修復の際に縮まる性質がありますが、ブリッジセラピーを行うことで効率的に皮膚に張りを与え、速やかに治癒させることでトラブルを回避します。

『Long-pulsed Nd/YAG LASER』であるジェネシスレーザーは、1064 nmの波長を特許取得済みのマイクロ秒テクノロジーと組み合わせることで、表皮を保護しながら、コラーゲン生成を促進します。真皮を穏やかに加熱することでしわを改善し、肌のきめを滑らかにします。

治療の流れ

  • Step.01

    診察

    医師によるカウンセリングを行います。ご不安なことがありましたら、お気軽にご相談ください。
    治療方針、治療方法、リスク、麻酔方法など、詳しく説明します。

アフターケア

  • 手術後

    腫れなどの状態に応じてリカバリー室での休憩後、ご帰宅いただけます。

  • シャワー・入浴

    当日から可能です。翌日からは特に制限はありませんが、さっと浴びる程度にしましょう。

  • メイク

    アイメイク以外は、手術直後から可能です。アイメイクは、7日後から可能ですが、優しく扱って下さい。

注意事項

リスク
腫れ、赤み、痛み、内出血、浮腫み、感染、左右差など
ダウンタイム
10日間程度

ドクターコメント

目尻側の垂れ込んだ皮膚による老化現象は、末広に広がったきれいな二重まぶたを逆末広に醜く変えてしまいます。
そこで二重の形をそのままに若い頃の二重まぶたに戻せるのが「眉下切開法」なのです。
当院の眉下切開法は、抜糸を行いません。それには、中縫いと言う「真皮縫合」と言う縫合方法を用いることでピッタリと傷を合わせる技術があるから成し得るのです。

日本形成外科学会専門医
医療法人社団 聡明会 理事長

田牧 聡志

料金表

眉下切開法(除皺術) ¥330,000
睫毛側切開法(除皺術) ¥330,000
その他 ご相談ください
  • 術式など手術の内容によって料金が異なりますのでカウンセリング時にご相談ください。
    現在TCTメンバー募集中(モニター割引)です。ご相談下さい。

よくある質問

Q.一重まぶたのままで目の上のたるみを解消したいです。
A.睫毛側切開法は二重ラインができるので、眉下切開法がおすすめです。
Q.切る手術は抵抗があります
A.アンコアレーザー、ジェネシスレーザーなどレーザーの治療は自由診療ですが切らない治療なのでダウンタイム等は少なくなります