たるみ改善医療機器 ペレヴェ

たるみ改善医療機器とは

たるみやシワに悩んでいても、痛み、麻酔、ダウンタイムなどを考えると切る手術や糸を挿入するリフトアップをためらう方も多いでしょう。
フェイスラインにシャープさがなくなった、何となく肌がたるんでハリがなくなってきた、顔が疲れているように見えるなど「肌のたるみ」は加齢や老化の印象を与えてしまいます。
若返り、アンチエイジングに最も重要なポイントである「たるみ改善」。
たるみ改善の中でも、痛みがなく、リフティング(引き上げ)効果が高いペレヴェによるたるみ改善治療をご紹介します。

こんな方におすすめ

  • 肌のたるみが気になる
  • 肌質を改善したい
  • 切る手術や糸をいれる治療は抵抗がある
  • 目のまわりのたるみが気になる
  • 痛みがある治療はしたくない
  • エステの高周波治療では物足りない

たるみの原因

たるみとは、皮膚が加齢・重力・皮膚そのものの重みに耐えきれず、顔の表面全体が下に垂れてしまう状態のことです。
たるみの原因は「皮膚の弾力低下」「筋肉・筋膜・骨の衰え」「皮下脂肪の下垂」など大きく3つの原因があり、原因が組み合わされて現れます。

肌にハリと弾力を与えてみずみずしく保つ働きをするコラーゲンは年齢と共に減少します。さらに、紫外線による光老化から、今まであったコラーゲン量も減少します。 こうした変化によって、コラーゲン生成の代謝が悪くなった肌は、その弾力を支えることができなくなるのです。

コラーゲンの減少は肌の弾力低下を招き、たるみやしわの原因になります。
ペレヴェは、肌の奥深くから働きかけ、肌本来の再生力を利用し、たるみやしわの改善を行います。

ペレヴェとは

ペレヴェは暖かいマッサージを受けているように心地が良いたるみ改善治療器です。気持ち良い施術で痛みはありませんが、リフトアップのRF機器で代表的な「サーマクール(Thermage)」と同様の効果を期待することができます。

高周波技術によりエネルギーを電磁波として放出し、施術部位が温められコラーゲンの熱変性・収縮を促すことで、強力なリフトアップ効果を生み出します。ペレヴェは痛みがなく、とても心地よいたるみ改善治療方法です。

専用のジェルを塗布して、高周波のラジオ波であるRFエネルギーを放つハンドピース(端子)が肌をなぞる様にトリートメントされます。ハンドピースに触れた部分は暖かさを感じ、暖かいマッサージを受けている様に心地よく、RFエネルギーによる温度上昇を肌で感じることができます。

1時間足らずで満足感のあるスキンタイトニングを受けることができ、すぐに仕事や普段の生活に戻ることができます。ペレヴェの効果は時間が経っても持続し、肌のきめやトーンを整え続けます。

コラーゲンの収縮と再生成

ペレヴェは高度な高周波技術で、皮下組織までエネルギーを届かせることで、表皮を傷つけることなくコラーゲンの収縮を促します。
コラーゲンの収縮で皮膚が引き締まった結果、ハリのあるきめ細かい肌へと改善され、顔の輪郭が引き締まります。

ペレヴェによりたんばく質を刺激することで真皮に新たなコラーゲンが生成され、皮膚表面が引き締まります。施術から30〜90日後には皮下脂肪のコラーゲン線維が引き締まり、お肌にもハリがでます。

その他のたるみ改善治療

たるみ改善には大きく分けて3つの方法があります。
タイタン、ペレヴェやピコレーザーなどの照射系はダウンタイムなく、たるみだけでなく美肌効果も期待できます。
ヒアルロン酸、PRPなどの注入系は、たるみ改善をすぐに実感することができます。
その他、フェイスリフト、糸リフト、脂肪注入などの手術がありますが、マイナス5歳〜マイナス10歳の若返りを期待される場合は、フェイスリフトが最適です。

治療の流れ

  • Step.01

    診察

    医師によるカウンセリングを行います。ご不安なことがありましたら、お気軽にご相談ください。
    治療方針、治療方法、リスクなど、詳しく説明します。
    診察の際に、顔や首の弛みを確認し状況を把握します。その上で、適切な施術法を検討します。
    同意書を作成して、施術後の生活上の注意などを確認していきます。
    特に、熱の入る施術であるペレヴェ等は、施術当日は「体温を高める行為」は避けるようにしましょう。
    当院院長の田牧医師は、日本熱傷学会専門医です。火傷などのトラブルに関しては専門的な知識で対応することができますので、安心して施術を受けることができます。

    必要に応じて、撮影を行います

  • Step.02

    施術

    パウダールームにて洗顔を行います。洗顔後、照射専用ルームでの施術となります。アイシールド(目の保護のシールド)をして頂き、施術部位に冷却ジェルを塗ります。顔面の場合、施術は30分~40分程度です。
    熱の入り過ぎは火傷の原因となりますので、熱い場合はお申し出ください。

    ペレヴェ照射後には、保湿が必要ですので、保湿剤をこちらで塗布します。

  • Step.03

    施術後

    施術後にはパウダールームにてメイクをして帰宅できます。

アフターケア

  • UV対策

    熱を入れた後は、日光は大敵です。UV-cutをしっかりと行いましょう。
    ダウンタイムは特にございません。

  • 経過

    施術直後から、2ヶ月〜3ヶ月かけて効果を感じていただけます。ペレヴェ施術は、6か月間隔が最適です。

注意事項

リスク
赤み・軽度の火傷。
ダウンタイム
ほとんどありません。
シャワー・入浴
当日から可能です
痛み
熱をいれる治療なので熱さを感じます(個人差があります)

ドクターコメント

たるみの改善のためには「手術へこ怖さや術後の痛みを我慢しなくてはいけない。」と思ってためらっている方に、心地よい治療のペレヴェを知っていただきたいです。
たるみが気になりやすい目のまわりには、専用のプローブを用いて治療ができることが大きなポイントです。

日本形成外科学会専門医
医療法人社団 聡明会 理事長

田牧 聡志

料金表

ドクターペレヴェ顔全体(医師施術) ¥198,000
顔全体(目元含む) ¥88,000
目元 ¥22,000
目元(タイタンに追加) ¥16,500
  • 当院はトライアルの設定はありませんが、ご希望の方はご相談ください。

よくある質問

Q.痛みはありませんか?
A.ペレヴェは痛みがないたるみ治療器です。暖かいマッサージのように感じる方が多いのが特徴です。痛みに弱い方におすすめです。
Q.どのようなたるみ改善治療ですか?
A.メイクをオフしていただいた後に、専用のジェルを塗ります。ペレヴェのハンドピースを肌に当てて、くるくるとゆっくり動かします。肌の奥で暖かさを感じる治療です。
Q.治療後に腫れや痛みはありますか?
A.腫れや痛みはほとんどありません。治療後すぐにメイクをしていただくことができます。
Q.タイタンとペレヴェの違いはありますか?
A.タイタンは引き締め効果、ペレヴェはリフトアップ効果を期待する場合に適応します。ぼやけたフェイスラインを引き締めたい時にはタイタン、頬などコケやすいタイプの方はたるみを引き上げるペレヴェがおすすめです。
Q.ペレヴェ施術後に気をつけることはありますか?
A.当日は熱いお風呂や激しい運動、飲酒は控えてください。日焼けしないように日焼け止めを塗るようにしてください。
Q.どれくらいで効果がありますか?
A.ほとんどの患者様は1回目の施術直後からお肌のハリを実感していただけるようです。ペレヴェの施術後に真皮層に新たなコラーゲンが生成されて、1ヶ月〜3ヶ月後にはコラーゲン線維が引き締まり、たるみやシワが減少していきます。
Q.何回くらい治療した方がいいですか?
A.効果を維持・継続させるためには、6ヶ月ごとに施術を受けることをお勧めします。
Q.他のたるみ治療と組み合わせても大丈夫ですか?
A.ボトックスやヒアルロン酸などと組み合わせてペレヴェ治療を行うことで、より良い効果が期待できます。最適な治療をご提案しますので、まずはご相談ください。