ライムライト(IPL・光治療)

IPL光治療とは

IPLはIntense Pulsed Lightという複数の波長の光を肌に照射します。この光は、肌トラブルの原因となるメラニン色素やヘモグロビンにダメージを与えると同時に、肌のハリやキメに重要なコラーゲンの再生・増正を促します。
しみ、そばかすをはじめ、肌の赤み、小じわやたるみ、毛穴の開き、にきび・にきび跡など、顔全体のアンチエイジング効果が期待できます。
IPLは照射時にパチパチとした軽い痛みがありますが、照射後の肌のダメージが少なく、ダウンタイムもほぼありません。施術後すぐにメイクもできる手軽さから、はじめてシミ治療をおこなう方や、レーザー治療に抵抗がある方、日常生活に支障なく肌ケアをしたい方に非常に人気です。

こんな方におすすめ

  • 顔全体にしみがある
  • 赤ら顔を治したい
  • 肌のキメ・ハリを回復したい
  • 毛穴の開きが気になる
  • くすみが気になる
  • 美白したい

ライムライト( IPL光治療)とは

ライムライトとはIPLの光が、肌トラブルの原因となるターゲット(メラニンや毛細血管など)に当たると、光のエネルギーが熱に変わり、ターゲットにダメージを与えます。
IPLは決められた色に反応する性質を持っていて、黒や赤の色素に吸収され、熱作用を起こします。黒に反応する光はメラニン色素を破壊するため、くすみ、シミ、そばかす、茶色の色素沈着を薄くします。赤に反応する光は血液中のヘモグロビンを目印にして毛細血管を破壊し、赤ら顔、赤み、ニキビ跡などを目立たなくしていきます。

真皮層への照射では線維芽細胞を刺激して活性化させ、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の再生が促進されます。真皮層への照射によって保水力が高まってキメや質感が整い、ハリが戻ります。ちりめんジワや小ジワ、毛穴の開きなども解消に向かいます。

特定の色素を破壊して肌質が改善することで全体のくすみやたるみも解消し、透明感のある美肌に近づきます。

ライムライトに期待される効果

ライムライトIPL光治療器は肌トラブルの治療はもちろんスキンケアとしても非常に効能が高く、継続して行うことで絶大な効果を発揮します。
月に一度の間隔で5-6回行うことで、毛穴のきめ、しわやくすみ等の改善がお分かりいただけます。通常一回だけでは効果がわかりにくいと言われる光治療器(IPL治療器)ですが、一回目の後から「毛穴の開きや肌のハリがまったく変わった」との喜びのお声を数多く頂いております。

首や手のシワ治療など顔以外のシミ、シワ治療にもおすすめです。IPL光治療器にご興味のある方はぜひ経験豊富な当クリニックまでご相談下さい。

ライムライト(IPL光治療器)のしくみ

ライムライト(IPL光治療器)の光が、肌トラブルの原因となるメラニン色素や毛細血管などに当たると、ライムライト光治療器(IPL光治療器)の光のエネルギーが熱に変わり、トラブル因子のみにダメージを与えます。
そのため、健康な素肌をまったく傷つけることなく治療を行うことが出来ますので、ライムライト(IPL光治療器)は他の治療と異なりお肌への負担が殆どありません。

また、この作用により、コラーゲンなどお肌に有効な成分を作り出す繊維芽細胞の働きが活性化され、内側から自然に美しい肌がつくりあげられるのです。

症例紹介

症例
ピコレーザーとIPLよるシミ取り
治療内容
IPLで小さなシミを除去し、大きなシミをピコレーザーで取ります
リスク
赤み・ほてり・かさぶた。
料金
11,000円〜

症例を見る

治療の流れ

  • Step.01

    診察

    医師によるカウンセリングを行います。
    診察の際に、シミやくすみを確認し状況を把握します。その上で、適切な施術法を検討します。
    同意書を作成して、施術後の生活上の注意などを確認していきます。
    特に熱の入る施術である光治療器等は、施術当日は「体温を高める行為」は避けるようにしましょう。
    当院の田牧院長は日本熱傷学会専門医です。火傷などのトラブルに関しては専門的な知識で対応することができますので、安心して施術を受けることができます。
    ご不安なことがありましたら、お気軽にご相談ください。

  • Step.02

    施術

    洗顔後、照射専用ルームでの施術となります。

    アイシールド(目の保護のシールド)をして頂き、施術部位に冷却ジェルを塗ります。顔面の場合、施術は40~50分程度です。フラッシュランプのように光治療器(IPL治療器)を照射。少し熱を肌に感じますが熱くはありません。ゴムで弾いたような痛みが感じられます。

    熱の入り過ぎは火傷の原因となりますので、痛い場合はお申し出ください。

    光治療器(IPL治療器)照射後には、保湿が必要ですので、保湿剤をこちらで塗布します。

  • Step.03

    施術後

    ダウンタイムは特にございません。
    施術後にはパウダールームにてメイクをして帰宅できます。

アフターケア

  • UV対策

    熱を入れた後は、日光は大敵です。UV-cutをしっかりと行いましょう。
    乾燥するため、保湿をしっかりしてください。ダウンタイムは特にございません。

  • 照射間隔

    光治療器(IPL治療器)の効果を持続させるために1ヶ月に1回、5~6回継続されることをお勧めします。

注意事項

リスク
赤み・火傷
ダウンタイム
ほとんどありません。
シャワー・入浴
当日から可能です
痛み
輪ゴムで弾かれるような痛みがあります。

ドクターコメント

「IPL」や「光治療器」と言われている機器の中で、日本人用に設定を加えられた当院のIPL光治療器は、顔全体にマイルドな光を当てることで、シミ・くすみ・そばかす(メラニン:黒)および毛細血管や赤み(ヘモグロビン:赤)など の肌トラブルを解決し、肌のトーンをワンランクアップさせる美白・美肌治療です。

レーザー治療のように1度で劇的な変化を得ることはできませんが、継続的に施術を受けることによってシミ・くすみを着実に薄くし、肌自体の若返りが期待できます。

保湿能力の優れたエレクトロポレーションによるコンビネーションが、施術後の乾燥予防のためにも最適です。

日本形成外科学会専門医
医療法人社団 聡明会 理事長

田牧 聡志

料金表

顔(300ショット) ¥22,000
背中(上部)(300ショット) ¥33,000
  • 当院はトライアルの設定はありませんが、ご希望の方はご相談ください。

よくある質問

Q.子供の頃からの顔全体のそばかすに悩んでいます。
A.そばかすについて長年お悩みでいらしたのですね。御心情お察しします。そばかすは雀卵斑と呼ばれ、基本的に光治療器(IPL治療器)という光治療器で治療していきます。状態や肝斑などが併発している状態で光治療を行うと濃くなる場合がございます。シミ・そばかすはたくさんの種類があり、判別も難しいものです。種類やシミの状態によっては治療方法も異なりますので、一度受診頂き診察の上、最善のプランを提案できればと思います。料金は初診料と治療費になります。予算などもご相談下さい。
Q.妊娠中です。シミが気になり、フォトフェイシャル治療に興味があります。
A.光治療器(IPL治療器)によるシミ治療ですが、妊娠中のお客様にはご遠慮頂いております。シミはホルモンバランスの変化によって濃くなったりするケースがあります。出産後改めて光治療器(IPL治療器)によるシミ治療計画をお考えいただく方がお勧めです。