婦人科形成・女性器形成

婦人科形成について

女性のデリケートな悩みである婦人科形成について、お一人おひとりに最適な治療方法をご提案します。女性器は非常に柔らかい部分なので、手術、縫合に注意が必要です。通常は簡単に表面(表縫い)しか行いません。表縫いだけで縫合すると、傷痕がギザギザになり目立ちやすくなる場合があります。そのため当院では中縫い(溶ける糸での内部の縫合)を行い、表縫いは柔らかい糸を使用して、縫い目が皮膚に食い込まないように優しく縫合します。だから傷痕が目立たずきれいな仕上がりです。
女性看護師・女性の看護師助手の案内で診察や手術がすすめられるのでご安心ください。

こんな方におすすめ

  • 大きさや形をパートナーから指摘された
  • 臭いが気になる
  • かゆみや炎症を起こしやすい
  • 左右で大きさが違う
  • 尿の飛び方がおかしい
  • 黒ずみが気になる

小陰唇縮小術

小陰唇縮小術は、女性器の小陰唇を部分的に切除して、小さく形を整える治療です。
小陰唇とは、大陰唇の内側に接している左右一対のヒダで尿道口や膣を保護する役目があります。 小陰唇は色や形、大きさなどの個人差が大きく、正常な大きさの定義などはありません。

下着がこすれて痛い、一部だけ飛び出して形がいびつ、加齢による皮膚のたるみなど小陰唇のお悩みは婦人科・女性器の悩みの中では最も多く、年齢も10代から70代くらいまで幅広い方が治療されます。
小陰唇縮小術は、小陰唇の余分な部分を切除して形を整え縫合することで、女性器を生まれながらの自然できれいな形に整える手術です。繊細な部分なので丁寧な治療技術が必要です。

大陰唇縮小術

大陰唇とは、太ももの付け根と小陰唇の間にある左右一対のヒダの部分です。大陰唇は性器と尿道口を保護し、衝撃などから性器を守る役割があるため、脂肪がついてふっくらとしています。

大陰唇が肥大すると、小陰唇など大陰唇の内側にある外性器が覆われたようになるために、外見が気になる、 汚れが溜まりやすく臭いが気になる、炎症を起こしやすい、排尿や性行為がしずらいなどの症状を感じることがあります。大陰唇縮小術はこれらの症状を緩和します。

大陰唇縮小術は、大陰唇が肥大して大きくなった部分や、黒ずみがある部分などを切開して縫合することで、きれいに整える事ができます。

処女膜再生手術

処女膜とは、膣口付近を覆う薄い皮膚の膜のことです。処女膜はとても薄い皮膚なので、激しい運動やタンポンの使用、性行為などによって伸びたり、破れて出血したりすることがあります。処女膜が伸びたり破れたりして膣口が広がることで、性行為がしやすくなります。運動等によって破れることも多くあるため、性行為の経験の有無と処女膜の状態とは必ずしも関係がある訳ではありません。

処女膜再生手術は破れた処女膜を丁寧に縫合することにより、破れる前の状態に復元する手術です。処女膜は破れる前から中央に穴があいており、おりもの(膣からの分泌物)や経血(生理の際の出血)はその穴を通って排出されるので、処女膜が破れる前も、破れた後も、生活には何ら違いはありません。また小陰唇や大陰唇のように外見的に目立つ部分でもありませんので、あくまで気持ちのための治療と言えます。

副皮切除術

副皮(ふくひ)とは、小陰唇と大陰唇の間にあるヒダ状の皮膚のことです。個人差が大きく、副皮が全くない人もいますが、クリトリスにかけてヒダがある方や、片側だけにある方もいます。
副皮のヒダの間には汚れがたまりやすいので、ニオイや炎症の原因になる場合があります。 また見た目が良くない、左右のバランスが悪い、といった外見の悩みにつながるケースもあります。
副皮切除術はこうした悩みを解決するために、余分なヒダを切除して女性器の形を整える手術です。
小陰唇などと同時に治療する場合も多い手術です。

クリトリス包茎手術

クリトリスの外側には包皮と呼ばれる皮膚があります。
クリトリス(陰核)は、普段から陰核の1/3から2/3露出している場合もありますが、大半は普段包皮と呼ばれる部分に包まれています。クリトリスは常に包まれていますが、性的興奮した際や手で簡単に露出することができます。中には真性と呼ばれる自分でクリトリスを露出できない状態の方もいらっしゃいます。
クリトリスが全体的に被さってしまっているのがクリトリス包茎です。クリトリスと皮の間に恥垢が溜まり、臭いの原因にもなります。クリトリス包茎は、この余分な包皮を適度に切除することで解消できます。
切除しすぎてしまうと、痛みで歩けなくなったり、性交時の感度が落ちてしまうこともありますので、切除範囲はとても重要です。

膣縮小術

加齢や出産で緩んだり大きくなった膣を縮小する手術です。
当院の膣縮小術は、フィラー注入ではなく切開して治療しますので効果が半永久的です。

切開する際も、簡単に膣壁の皮膚を切除縫合するだけでなく、膣を引き締める働きをする括約筋を十分に縮めることで膣を確実に狭くします。膣壁の皮膚は簡単に伸びるので入口付近を縫い縮めても十分な効果は得られません。 当院では膣の入口付近だけではなく、奥のほう(子宮の入口付近)まで処置を施しますので高度な技術と経験が求められる手術です。
膣壁の皮膚も単純に切除縫合するのではなく、あえて少し残して膣壁にヒダを形成する手術法で行います。 その方が単純に切除縫合するよりも手術効果が高く、性行為の際にパートナーの満足度もアップします。

当院は形成外科専門医施設、全ての診療科の中で、切開縫合が最も得意と評価されている形成外科の専門医が、丁寧に診察から手術までを行います。

治療の流れ

  • Step.01

    診察

    医師によるカウンセリングを行います。ご不安なことがありましたら、お気軽にご相談ください。
    治療方針、治療方法、リスクなど、詳しく説明します。
    女性看護師・女性看護師助手の案内ですすめられるのでご安心ください。

  • Step.02

    麻酔

    産婦人科の診察台のような専用の手術台に両脚を乗せて仰向けになり、ナノニードルという極細の針で麻酔をしますので痛みはとても少なくなります。

  • Step.03

    手術

    担当医が切除ラインを正確にデザインし、肥大部分を特殊な高周波メスで正確にカットしてから丁寧に縫合します。

  • Step.04

    手術後

    手術終了後は患部にナプキンかガーゼをあて、異常な出血がないかを確認するために30分程度ベッドでお休みください。個室をご用意しています。

    問題がないのを確認してからご帰宅です。
    ※麻酔を使用しますので痛みはありません。

アフターケア

  • 術後

    手術終了後は患部にナプキンかガーゼをあて、異常な出血がないかを確認するために30分程度ベッドでお休みください。
    手術後、麻酔が切れると少し痛みが出る場合がありますので、その前に痛み止め薬を内服し、手術当日はできるだけ安静にしてください。

    手術後数日は微量の出血があるので、この間はナプキンかガーゼを患部に当ててお過ごしください。

  • 日常生活

    日常生活や家事、事務仕事は翌日から可能です。シャワー浴は手術の翌日から可能です。バスタブに浸かる入浴は手術1週間後から可能です。飲酒や運動は1週間程度、性行為は1ヶ月間控えてください。1週間後に抜糸の為に再来院していただきます。溶ける糸を使用した場合は抜糸不要です。
    自転車、バイクなどは手術した部分に刺激となるので3週間程度控えてください。

注意事項

リスク
腫れ・痛み・内出血・傷あと
ダウンタイム
激しい運動は、4~6週後から可能です。性交は4週目までお控えください。

ドクターコメント

見えないところですが、悩みの多い場所ともいえる婦人科形成は、一般の方からすると産婦人科か泌尿器科と思われがちです。しかし、医学的には体表外科に分類され、担当は形成外科となります。形成外科では、「会陰部」と言う言葉で婦人科形成領域を扱っている歴史があります。形成外科で培った、技術を用いて奇麗に仕上げます。

日本形成外科学会専門医
医療法人社団 聡明会 理事長

田牧 聡志

料金表

小陰唇縮小術/大陰唇縮小術 ¥220,000
処女膜再生術 ¥165,000
副皮切除術 ¥165,000
クリトリス包茎手術 ¥132,000
膣縮小術 ¥440,000
  • 術式など手術の内容によって料金が異なりますのでカウンセリング時にご相談ください。

よくある質問

Q.小陰唇の通常大きさはどのくらいですか?
A.小陰唇の大きさは人によりかなり異なり、一般的な目安として、周囲の大陰唇から少しはみ出す程度までであれば平均的といえます。外観はその方の主観で決まりますので、手術治療の前に十分ご相談の上、なるべくご希望の大きさになるように調節いたします。
Q.女性器形成の手術をした後、不感症になる心配はありませんか?
A.切除縫合した後の感覚が一時的に鈍くなることがありますが、傷が癒えるにつれて元の感覚に戻ります。
Q.女性器の黒ずみは薬やレーザーで治せますか?
A.黒ずみの原因は、メラニン色素の沈着によるもので、露出部位であればトレチノインやハイドロキノンなどの薬が有効な症状ですが、 女性器にこれらの軟膏治療を行うとかぶれてしまう場合が多く、治療困難です。またレーザー治療もあまり上手くいきませんので、手術で切除するのが簡単で確実な方法になります。
Q.ヒアルロン酸注入や脂肪注入の膣縮小はしていないのですか?
A.膣の周囲にヒアルロン酸や脂肪を注入すれば膣が狭くなると説明して、切らない膣縮小術を行っているクリニックもあります。膣は膀胱(ぼうこう:尿が溜まるところ)や直腸(便が溜まるところ)に挟まれた部分にあるので、もし注入するなら、膀胱と膣の間、膣と直腸の間に脂肪を注入することになります。仮に膣の周りに脂肪を注入して増やしても、脂肪が増えた分だけ隣の膀胱や直腸がその分へこむので、 膣の縮小効果は期待できません。
Q.クリトリスの周囲に皮膚のだぶつきがあります。これは小陰唇の肥大ですか?
A.それは「副皮」と呼ばれるもので、小陰唇とは異なるヒダ状の部分で、小陰唇肥大の診察を行わせていただいた方の半数くらいにみられます。小陰唇だけを小さくしても副皮があると、残ったヒダのボリュームが気になることもありますので、同時に治療されることをおすすめします。
Q.生理中に手術できますか
A.出血・止血の確認ができなくなるので、生理中を避けてください。
Q.未成年ですが手術できますか?
A.手術同意書のご記入などにより保護者の同意が確認できれば手術できますが、 原則として保護者の方とご一緒にカウンセリングを受けるようにしてください。