医療脱毛

医療脱毛について

錦糸町駅から徒歩4分の駅近で医療脱毛をしたい方に
区民特別キャンペーン(墨田区・江東区・江戸川区・葛飾区民対象)実施中!

医療脱毛は、レーザーの熱によって毛根部を破壊し、発毛させなくする治療です。
医療脱毛は、 レーザー光が「黒色(メラニン色素の色)」にしか反応しないという特性を利用し、毛の発生源である毛根を熱破壊する脱毛法です。1996年と比較的新しく開発された方法でありながら、すでに米国FDA(連邦食品医薬局)の認可も受けるなど安全性の保障された治療法といえます。医療レーザー脱毛は皮膚へのダメージが少ないので、全身どの部位でも照射可能です。ワキの下やビキニライン、Iライン、肛周、背中、うなじ等はもちろん、 顔のウブ毛などデリケートな部位でも脱毛できます。ただし、粘膜部への照射はできません。また、エステや脱毛サロンなどで行う電気針脱毛とは違い、医療レーザー脱毛は厚生労働省の指導により医師の管理下のもとでのみ行えます。

こんな方におすすめ

  • エステ・脱毛サロンで十分な結果が出なかった
  • 医療機関で脱毛したい方
  • 駅近くで医療脱毛に通いたい方
  • 痛いのは弱いので麻酔して欲しい方

医療脱毛のレーザー機器

当院ではアレキサンドライトレーザーのジェントルレースを用いています。脱毛器の56%のシェアを占めると言われる程の本格派レーザー脱毛器です。レーザーに照射された毛根部は、熱を持ちます。この熱で周囲の細胞も焼き壊すことで、脱毛が完成されます。ただし、毛周期といわれる生体サイクルが有って、全ての毛根が焼かれる訳ではありません。そのため、永久脱毛には5-10回程度の照射回数が必要になってきます。当院では、6回コースでも完成しない方用に、限定で3回コースを用意しておりますのでご安心ください!

医療脱毛のリスク

「やけど(熱傷)」は大きな合併症となりますが、しっかりとして手当をすれば必ず良くなりますから心配いりません。ティーズクリニックの院長は熱傷専門医ですのでやけどの専門家ですご安心ください。

その他、副作用の中には「硬毛化」と言うのもあります。脱毛部位によりレーザー照射後に、脱毛されないで、逆に硬くしっかりとしてくる現象です。対処法も確立してきていますからご心配ありません。

やけどと硬毛化対策にはテクニックが必要になって来るでしょう。当クリニックはもちろん医師や看護師などの医療スタッフによって、お肌の状態に合わせたレーザー脱毛が受けられます。必要であれば抗生物質・鎮痛剤などの薬品が使用できるので、万が一のトラブルにも迅速に対応できます。

エステと医療の脱毛の違い

レーザー脱毛は、専門の医療機関でしか行えない半永久脱毛方法です。

エステサロンでも「脱毛」を受けられますが、医療脱毛は、専門の医療機関のみに使用することが許可された医療用脱毛専用レーザー光によって毛根を破壊し、脱毛する方法です。 エステサロンでの脱毛トラブルが多発していたことを受け、厚生労働省も“脱毛は医療機関のみで行うことができる医療行為であり、脱毛を非医療機関で行うことは違法である”との見解を示しています。

医療脱毛のメリット

1.医療機関なので安心
 医療レーザー脱毛機は冷却しながら脱毛しますので熱くなりません。また皮膚の表面を透過し、毛根と毛乳頭の黒色のメラニンのみに吸収されるので、 皮膚表面に反応することはほどんどありません。
だから肌を傷つけずに安心して治療を受けていただけます。

2.痛みが少ない
医療レーザーの痛みは輪ゴムで軽くはじく程度ですが、ご要望に応じての麻酔クリーム使用で痛みを軽減することもできます。
※痛みの感じ方は個人差があります。

3.時間がかからない
レーザー脱毛は1回の照射で直径約1~1.5cmの範囲を処理することができます。ワキなら約5分で照射が終了します。時間のとれない忙しい方にも最適です。
照射期間は毛周期に合わせて、1ヶ月半~2ヶ月ごとに数回の照射で済み、1回の効果が高いため、満足感が得られます。

4.確実
レーザー脱毛機は毛の黒色のメラニン色素のみに反応し、皮膚の表面にダメージを与えませんので、顔やデリケート部位でも、安心して脱毛することができます。

5.敏感肌にも最適
皮膚の表面を透過しますので、敏感肌、アレルギー肌の方にも最適な皮膚にやさしい脱毛です。

医療脱毛機の種類

ティーズクリニックで使用している医療脱毛機器をご紹介します。部位や皮膚の強さによって脱毛器が異なります。

ジェントルレイス・プロ
『ジェントルレイス』は、アレキサンドライトレーザー755nmの波長による医療用レーザー脱毛器です。非常に人気のある機種であり、ガス噴射式冷却装置が完備されていて痛みも少なく、脱毛効率の高い脱毛器です。剛毛化しにくいレーザーとも言えます。

クールグライド
『クールグライド』は、Nd/YAGレーザー1064nmの波長による医療用レーザー脱毛器です。こちらもヒゲ脱毛などにとても人気のある機種であり、接触式冷却装置が完備されていて、脱毛効率の高い脱毛器です。

プロウェーブ
『プロウェーブ』は、光治療器による医療用光脱毛器です。肌の弱い方でLASERでは少し強い方には最適です。接触式冷却装置が完備されていて、光脱毛器の中でも非常に脱毛効率の高い脱毛器です。

地元密着

墨田区・江東区・江戸川区・葛飾区に在住・在学・在勤されている方に区民特別割引がございます。
区民割引として25%の割引、区民の方で平日昼間のみの施術の場合は35%の割引となります。
また、学生の方は脇以外は学割がございますのでお問い合わせください。

治療の流れ

  • Step.01

    診察

    医師によるカウンセリングを行います。
    ご不安なことがありましたら、お気軽にご相談ください。

  • Step.02

    施術前

    レーザーの照射範囲の毛が残っている場合は剃毛します。
    麻酔クリームを使用する場合は、麻酔クリームを塗布し、20分から30分の間浸透させます。

    レーザーは黒いものに吸収されます。万が一目に入ると大変なことになりますので目を保護するタオル・ゴーグルで保護します。

  • Step.03

    照射

    照射は、両ワキの場合は約10分程度と短時間です。

アフターケア

  • 照射後

    冷やしたタオルで施術部位をクーリングします。
    治療後当日からシャワーを浴びても大丈夫です。

  • 通院回数

    脱毛部位によって毛周期のサイクルが違いますので1カ月半~2カ月おきに通っていただきます。

    脱毛部位や毛質にもよりますが、大体一年程度でほぼなくなり、次の一年で毛周期のずれなどで出てくる残毛の処理をするというパターンが多いようです。

注意事項

リスク
やけど、毛嚢炎、硬毛化
ダウンタイム
ほとんどありません。
シャワー・入浴
当日から可能

ドクターコメント

永久的な脱毛には5-10回程度の照射回数が必要になってきます。ティーズクリニックでは、6回コースでも完成しない方用に、限定で3回コースを用意しておりますのでご安心ください!

日本形成外科学会専門医
医療法人社団 聡明会 理事長

田牧 聡志

料金表

¥26,400
肘上 ¥95,040
肘下(肘含む) ¥95,040
膝上 ¥132,000
膝(新価格) ¥42,240
膝下(膝含まない) ¥110,000
膝下(膝含む) ¥147,840
Vライン ¥58,080
Iライン ¥58,080
Oライン ¥58,080
VIOライン(3部位) ¥147,840
背中(上部) ¥132,000
背中(下部) ¥132,000
臀部(おしり) ¥132,000
お腹(全体) ¥132,000
へそ周り ¥36,960
胸(新価格) ¥132,000
手の甲(指含む) ¥42,240
足の甲(趾含む) ¥42,240
手・足の甲(指・趾含む) ¥75,680
全身(顔無・VIO無) ¥760,320
全身(顔無・VIO有) ¥844,800
全身(顔有・VIO有) ¥887,040
顔全体(あご下・首含まない) ¥110,880
ひげ(4部位) ¥110,880
口周りひげ(ほうれい線内側~あご下2㎝) ¥71,280
¥58,080
口周り (鼻下+あご) ¥47,520
鼻下 ¥26,400
あご ¥36,960
あご下 ¥58,080
¥58,080
うなじ ¥58,080
1ショット(1回) ¥550
剃毛料(VIO以外) ¥2,750
剃毛料(VIO) ¥5,500
  • 6回コースの料金です。1回の料金はお問い合わせください。
  • 男性脱毛は、ひげ脱毛以外は50%増しの料金で承っております。

よくある質問

Q.VIOをワックスで脱毛しています。埋没毛が出来て中々治りません。埋没毛の治療は可能ですか。
A.当院では埋没毛の相談・治療も行っています。状態によっては保険診療にて対応可能な場合もございますので、現在の状態を診察の上、治療内容をご提案いたします。
Q.以前わきの脱毛をしました。半年くらいは毛がない状態で過ごせたのですが、また生えてきてしまいました。これは永久脱毛できていなかったのでしょうか。
A.永久脱毛できていなかったわけではなく、毛周期の関係で脱毛できていなかった部分が生えてきたのではないでしょうか。体毛には毛周期というものがあります。毛周期は大きく分けて「成長期」「退行期」「休止期」の3つがあり、脱毛可能なのは「成長期」の毛のみです。通常体表に生えている毛は、全体の1/3と言われています。毛が多い方や効果的な脱毛が行えていない場合だと、もう少し回数がかかるかもしれません。施術を受けていたクリニックへご相談なさることをお勧めします。
Q.将来、介護されることを考えてVIO脱毛を検討しています。何歳までにした方がいいでしょうか?
A.衛生面や介護する側、介護される側の負担軽減のためにアンダーヘアを脱毛される方が増えています。レーザー脱毛は黒色の色素に反応するために白髪には反応しません。40代〜50代、脱毛したい部分の毛が白くなる前に脱毛することをおすすめします。