脂肪酸注入法 - 東京 美容外科

予約優先

  • 平日:10:00-19:00
  • 土曜:10:00-18:00
  • 休診日:水曜日・日曜祝日
  • 予約の空き状況を確認
  • クリニック案内
  • お電話
  • 手術・治療一覧
  • 料金一覧
  • 院長紹介
  • 医師紹介
  • クリニック案内
  • 求人情報
  • メンズサイト
  • サイトマップ

脂肪酸注入法

脂肪注入治療について

自分の脂肪を活用した、持続性の高いシワ・たるみ改善治療です。 
太ももや腹部から脂肪を採取(吸引)し、不純物を取り除いた上で、頬のやせている部分や深いシワ、目の上のくぼみなどに注入することで、ハリのある顔立ちに若返らせます。 シワ改善の基本原理としては『ヒアルロン酸注射』と同じですが、ヒアルロン酸よりも持続性が非常に高く、自分の脂肪を利用するのでアレルギーなどリスクが非常に低いのが特長です。

『脂肪注入』はその名の通り、こけた頬や深いシワ、目の上のくぼみなどに脂肪を注入して、若々しい肌をよみがえられせる施術です。
太ももなどから脂肪を採取(吸引)し、特殊なフィルターによって不純物をしっかりと取り除いて濃縮します。こけた頬やシワなどの凹み部分に濃縮した脂肪を注入し、ふっくらと自然はハリをつくりだします。

ヒアルロン酸などの薬剤は注入後、時間をかけて体内に吸収されますが、『脂肪注入』で注入した脂肪は自分の細胞となって「生着」するので、『ヒアルロン酸注射』よりも持続性が高く、安全性の高い若返りが可能となります。

 

脂肪注入治療の効果

自分の脂肪を活用して、ふっくらとしたハリ肌が甦る

脂肪注入はこけた頬や深いしわ、目の上のくぼみなどに脂肪を注入して、若々しい肌をよみがえられせる施術です。 太ももなどから脂肪を採取(吸引)し、特殊なフィルターによって不純物をしっかりと取り除いて濃縮します。こけた頬やシワなどの凹み部分に濃縮した脂肪を注入し、ふっくらと自然はハリをつくりだします。 ヒアルロン酸などの薬剤は注入後、時間をかけて体内に吸収されますが、脂肪注入で注入した脂肪は自分の細胞をなって生着するため、ヒアルロン酸注射よりも持続性が高く、安全性の高い若返りが可能となります。


脂肪細胞注入への深い理解と熟練の注入方法

脂肪注入で懸念されるのが、注入後の石灰化・しこりの発生です。石灰化・しこりの原因として考えられるのが、脂肪細胞が皮膚内で部分的に固まって注入された場合です。 部分的に多くの脂肪が固まってしまうと、その固まりの内側の脂肪細胞まで栄養が届かず、生着できずに壊死してしまいます。この脂肪が石灰化・しこりとなってしまうと考えられます。 そこでティーズクリニックでは、石灰化・しこりのリスクを最小限にするために、独自の工程で注入する脂肪組織を精製し、生着率の高い脂肪注入技術を用いています。

このページのトップへ

注入脂肪の生着率を高める3工程

STEP1 吸引した脂肪細胞への適切な処置
吸引された脂肪は繊維質な部分が多く存在し、そのまま注入しても固まりを生み出しやすい状態にあります。 そこで注入した脂肪細胞を手作業で丁寧に切断して、注入後に固まりを作らないよう、最適な大きさに整えます。
STEP2 不純物と水分の分離(コンデンス)
大きさを調整した脂肪細胞を特殊なフィルターにかけ、不純物と水分をしっかりと分離します。この工程により生着率が大きく増加します。
STEP3 生着率を高めるオリジナル注入法
皮膚内部に大きな脂肪の固まりをつくらないよう、浅い層と深い層にまんべんなく脂肪を注入することが生着率を高めるカギとなります。 「マルチミニマムインジェクション」という独自の注入法を用いて、適切な脂肪量を注入します。その結果、より高い生着率を実現し、石灰化・しこりになりにくい脂肪注入を可能にします。

このページのトップへ

注入脂肪の施術概要

施術時間
3~4時間
ダウンタイム
腫れは1~2週間程度、内出血は2~3週間程度。
メイク
施術後2日目から可能(注入部位にテープを貼りますので、その上からメイクをしていただきます)です。
シャワー
翌日から可能(脂肪吸引部位を濡らさないようにしてください)です。
入浴
施術後8日後(脂肪吸引部位の抜糸後)から可能です。

腋臭症(ワキガ治療)のページへ

このページのトップへ



予約優先

  • 平日:10:00-19:00
  • 土曜:10:00-18:00
  • 休診日:水曜日・日曜祝日

技術と信頼の「医療法人社団 聡明会 ティーズクリニック(東京/錦糸町)」Copyright(c)2017 Tees Clinic. All Rights Reserved.