たるみ・しわ治療 - 東京 美容外科

予約優先

  • 平日:10:00-19:00
  • 土曜:10:00-18:00
  • 休診日:水曜日・日曜祝日
  • 予約の空き状況を確認
  • クリニック案内
  • お電話
  • 手術・治療一覧
  • 料金一覧
  • 院長紹介
  • 医師紹介
  • クリニック案内
  • 求人情報
  • メンズサイト
  • サイトマップ

たるみ・しわ治療

しわやたるみについて

肌を老化させる原因は、加齢に伴う皮膚細胞の衰え・コラーゲンやヒアルロン酸の減少などにあります。
新陳代謝の低下によって皮膚細胞のターンオーバーがスムーズにいかなくなり、肌に張りがなくなることで、しわやたるみが生じてしまいます。

一般に肌の老化が始まるのは25歳からですが、強い紫外線やホルモンバランスが乱れるなどによっても肌年齢の老化が加速し、しわやたるみの原因となってしまいます。

当クリニックでは、形成外科専門医による切る外科的治療から、メスを使わない切らない治療もおこなっております。

このページのトップへ

しわやたるみの治療について

しわやたるみへは、最新のフェイスリフト用の糸(3D-Lift)によるスレッドリフトは最も効果を実感することができます。

近赤外線を用いることで、真皮層のコラーゲンを刺激することで引き締め効果を発揮することができる、最新のタイタンはダウンタイムもなく結果を出すことができます。

肌の張りを保つ成分であるヒアルロン酸を注入し、失われた保水成分を補給することや、表情筋の余分な動きを止めてしわやたるみを抑制するボトックス注入法、 また、「成長因子の増産」や「DNA再合成」等から細胞活性を図るリジュランによっても、 しわやたるみを解消し、手軽にアンチエイジングを実感することができます。

・スレッドリフト(糸によるフェイスリフト)

・タイタン(赤外線治療器)

・ヒアルロン酸注入法

・ボトックス注入

・リジュラン

しわやたるみの程度や患者さまのご希望に合わせた治療法を数多く用意しておりますので、
しわの深さや成因、場所に応じて適正な治療法を医師と選択していきましょう。

このページのトップへ

しわやたるみの詳細

しわやたるみのメカニズム


しわやたるみはもちろん「皮膚の老化」によって起こります。
一般にお肌の老化が始まるのは25歳からです。
加齢によって、真皮層にある「コラーゲン」や「弾力線維(エラスチン)」の量が減少したり変性したりすることにより、肌の弾力が失われてきてしまいます。
加齢以外にも「紫外線」によって、真皮のコラーゲン繊維を傷めることで「光老化」を引き起こし、お肌の水分や弾力を損なってしまいます。これらが原因でお肌のハリを失い、しわやたるみが出来てしまうのです。

肌の乾燥で出来るしわ
おもに小じわの原因は、お肌の水分が失われることにあります。
表皮の角質層には15%程の水分が含まれていますが、この水分が蒸発してしまうと肌が乾燥してしまいます。この状態でお肌が動くことで小さなしわができてしまいます。これが解消されないままに繰り返されると、はっきりとしたしわがついて、いずれ本当のしわになっていくのです。
また、乾燥によって新陳代謝が乱れ、皮膚のターンオーバーが不順になり、たっぷり水分を蓄えた表皮ができなくなります。角質層にも隙間ができ、そこから水分がさらに失われてしまいます。すると、ますます肌の乾燥は助長され、その結果しわの程度も進行していきます。

その他の原因のしわ
激しい表情の変化を繰り返すことによってもしわは出来てしまいます。
顔の筋肉の収縮につられて皮膚が収縮することで、部分的にお肌の柔軟さや弾力が失われ、しわができていくのです。 
その他にも急激な体調や栄養バランスの変化、ストレスが原因となり出来るしわもあります。
また、スキンケアの怠りはもちろんですが、過剰なスキンケアによってもお肌に負担がかかり、しわが出来てしまうこともあります。


腋臭症(ワキガ治療)のページへ

このページのトップへ



予約優先

  • 平日:10:00-19:00
  • 土曜:10:00-18:00
  • 休診日:水曜日・日曜祝日

技術と信頼の「医療法人社団 聡明会 ティーズクリニック(東京/錦糸町)」Copyright(c)2017 Tees Clinic. All Rights Reserved.