多血小板血漿療法(PRP療法) - 東京 美容外科 【ティーズクリニック】

予約優先

  • 平日:10:00-19:00
  • 土曜:10:00-18:00
  • 休診日:水曜・日曜・祝日
  • 予約の空き状況を確認
  • クリニック案内
  • お電話
  • 手術・治療一覧
  • 料金一覧
  • 院長紹介
  • 医師紹介
  • クリニック案内
  • 求人情報
  • メンズサイト
  • サイトマップ

電話でのご予約・ご相談はこちら

  • 平日:10:00-19:00
  • 土曜:10:00-18:00
  • 休診日:水曜・日曜・祝日

0120-853-878

ご予約フォームへ

アクセス

〒130-0022
東京都墨田区江東橋4丁目26−9 VORT錦糸町駅前 4F

錦糸町駅から徒歩3分

東京メトロ錦糸町駅から徒歩3分!
好立地で通いやすいクリニックです。

料金一覧ページ

多血小板血漿療法(PRP療法)

多血小板血漿療法(PRP療法)について

血液に含まれている血小板は、多くの機能を持った成分と言われています。最新の研究から、血小板が肌の機能を改善させる成分であることも解ってきました。そこで、自身の血液を採血し、血小板のみを濃縮してから皮膚に戻すことで、皮膚のアンチエイジングが可能となって来たのです。

この、組織の修復を促す能力のある多血小板血漿を用いた再生医療を、多血小板血漿療法(PRP療法)と言うのです。

 

利点

治療の利点としては、第一に「異物を注入する治療」とは異なるという点です。
その他、改善が期待されるものとして・・・

  • ほうれい線の改善、マリオネットラインの改善
  • 目の下のクマ・たるみの改善
  • 肌質・肌の水分保持力の改善(キメが整う)
  • 小じわ(ちりめん皺)の改善
  • 血行促進による張りの改善

 

ちりめん皺等の肌質改善へはPRP単独療法、ボリュームアップへはグロスファクター添加のPRP-F療法を行っていきます。

 

欠点

採血が必要となります。(患者さんのご負担は「採血検査」以外、ヒアルロン酸注入等の一般的なフィラーと、変わりません。)
デメリットとして、アレルギーのある方や、悪性腫瘍をお持ちの場合は治療を行うことができません。

 

副作用

副作用としては、過剰な組織の増生が起こる可能性や注射することで内出血や感染が起こる可能性があります。

 

同様な治療法

同様な治療法として・・・

①ヒアルロン酸注入療法:ヒアルロン酸製剤を局所に注射するものです。
非常に簡単であり内出血や腫れがが少ないのが長所と言えますが、体内に吸収されていくため、何回も治療が必要とされるのが短所となっています。また、ある程度のアレルギーもあると言われています。

②脂肪注入療法:自身の体から脂肪を吸引採取し、それを注入するものです。
脂肪吸引が必要ですから、手術としては「脂肪吸引術+脂肪注入術」と2つの手術が必要となり、腫れや内出血の合併症の頻度が高くなります。

③コラーゲン注入法:ヒアルロン酸注入に似ていますが、アレルギー反応が多いと言われ、最近では行われなくなって来ました。

このページのトップへ

このような方にオススメです!

  • 線維芽細胞増殖因子(グロスファクター)を用いた、組織のボリュームアップを期待できるPRP-F療法を希望する方
  • 自分の組織を利用して、治療を行いたい方
  • 目元のくぼみや小じわ(ちりめん皺)が気になっている方
    (他、ゴルゴライン、マリオネットライン、ほうれい線、側部部)
  • ヒアルロン酸注入を行っているが、吸収してしまうのでもったいないと感じている方

このページのトップへ

多血小板血漿療法(PRP療法)に関する当院の強みと特徴

厚生労働省からの許認可
厚生労働省への申請を行い、再生医療等提供計画番号を正式に受理しております。
PRP-F療法
線維芽細胞増殖因子(グロスファクター)を用いた、組織のボリュームアップを期待できるPRP-F療法

このページのトップへ

施術の流れ

STEP

電話で診察の予約をしてください。

0120-853-878

image
STEP

採血を行います。

一般的な方法で採血を行います。特別な方法は用いません。

STEP

精製を行います。

採血した血液を、遠心分離機を用いて濃縮分離していきます。分離液に含まれる血小板に細胞を増やす作用のある薬(線維芽細胞増殖因子:グロスファクター)を特殊な方法で添加します。

その間、しばらくお待ちいただきます。

STEP

血小板の注射を行います。

この添加された多血小板血漿を皮下に注射します。組織の修復、増生を促していきます。

添加する薬である線維芽細胞増殖因子(グロースファクター)は遺伝子組み換え技術によって我が国で製造されたもので、褥瘡や皮膚潰瘍の治療薬として承認されたものです。熱傷(火傷・やけど)や褥瘡(床ずれ)等の治療に用いるような外用薬スプレー製剤として認可されたものですが、注射薬としては承認されていません。一般的な軟膏やクリーム剤と違い、直接、傷や組織に吸収させているため、注射と同様に安全性に関して、実験や治験等でも確認されています。

STEP

効果

期待される注入部の改善は、ヒアルロン酸注入術のような即効性はありませんが、1週間程度から改善され、その後3か月程度、ゆっくりと時間をかけながら改善をしてきます。

改善の程度は線維芽細胞増殖因子(グロースファクター)を使用する場合と使用しない場合では異なるころがあります。

STEP

持続期間

効果の持続期間は個人差がありますが、ヒアルロン酸とは異なり持続時間は長いと言われています。

自己血液にて行う治療のため、安心して継続治療を行うことができます。

このページのトップへ

料金表

再生医療(多血小板血漿療法(PRP-F))
PRP-F 1回
2ml ¥250,000
4ml ¥350,000
8ml ¥450,000

※線維芽細胞増殖因子(グロースファクター)を用いないPRP療法のみの場合は上記価格より¥80,000引きとなります。

このページのトップへ

予約優先

  • 平日:10:00-19:00
  • 土曜:10:00-18:00
  • 休診日:水曜・日曜・祝日

技術と信頼の「医療法人聡明会 ティーズクリニック(東京/錦糸町)」Copyright(c)2018 Tees Clinic. All Rights Reserved.