目元整形(クマ治療・くぼみ治療) - 東京 美容外科 【ティーズクリニック】

予約優先

  • 平日:10:00-19:00
  • 土曜:10:00-18:00
  • 休診日:水曜・日曜・祝日
  • 予約の空き状況を確認
  • クリニック案内
  • お電話
  • 手術・治療一覧
  • 料金一覧
  • 院長紹介
  • 医師紹介
  • クリニック案内
  • 求人情報
  • メンズサイト
  • サイトマップ

電話でのご予約・ご相談はこちら

  • 平日:10:00-19:00
  • 土曜:10:00-18:00
  • 休診日:水曜・日曜・祝日

0120-853-878

ご予約フォームはこちら

電話でのご予約・ご相談はこちら

0120-853-878

受付時間

  • 平日:10:00-19:00
  • 土曜:10:00-18:00
  • 休診日:水曜・日曜・祝日

0120-853-878

ご予約フォームはこちら

アクセス

〒130-0022
東京都墨田区江東橋4丁目26−9
VORT錦糸町駅前4F

錦糸町駅から徒歩3分

東京メトロ錦糸町駅から徒歩3分!
好立地で通いやすいクリニックです。

料金一覧ページ

目元整形(クマ治療・くぼみ治療)

目元整形(クマ治療・くぼみ治療)について

TCTメンバー募集

当院では旧モニター制度を廃止いたしまして、TCTメンバーへの登録をお願いしております。

TCTメンバー詳細ページへ

 

〜老けた印象を解消!〜

老け顔の象徴ともいえる下まぶた(下眼瞼)の膨らみ(Baggy-Eyelid)は、次のような仕組みで現れる加齢現象です。

1.年齢に伴って重力の影響が出てきます。重力で眼球が徐々に下がることで、下まぶた(下眼瞼)にある眼窩脂肪(がんかしぼう)押し下げます。そのことで長い時間に眼窩隔膜(がんかかくまく)を圧迫するのです。
2.眼球を下から支えているLockwood靭帯(ロックウッド靭帯)が弱ると、眼球をしっかり支えられなくなります。結果、圧迫されてしまう眼窩脂肪(がんかしぼう)は前に突出して行きます。

このようにして眼窩脂肪の突出が下眼瞼の膨らみ(Baggy-Eyelid)を作り出すのです。

一般にクマと指摘されるもの中でも「黒クマ」は、この膨らみ(Baggy-Eyelid)の下に影が作らることで作られるようで、「影クマ」とも言われます。これは、しばしば疲れている様な印象を与えてしまいます。 皮膚も伸展しているので、突出して来た脂肪量が多い場合には、下眼瞼除脂術眼(通称:脱脂術)だけによる脂肪の切除だけでは改善できない場合があります。

そして、更に、頬の脂肪(Malar fat pad)も重力の影響から下がっていくことが、下まぶた(下眼瞼)の印象を老けた印象へと加速させてしまうようです。

治療方法は、二つに分類することが可能です。

①対処的に治療する対処療法

軽症への治療法~手術までは考えないで良い場合は、対処療法となります。
ヒアルロン酸やPRPF(多血小板血漿治療)を用いた、充填療法で治療することが可能です。
長所としては注入術ですから簡易に行うことが可能ですが、短所としては「容易に元に戻ってしまう」ことです。

②根本的に治療する根本療法

手術と言うことですね。手術であれば、下眼瞼弛み除去術(ハムラ法)や下眼瞼除脂術(脱脂術)で解消することができます。
半永久的な術後経過ですが、内出血や腫脹などのダウンタイムは避けて通れません。

 

~下まぶたの色~

黒クマは、陰で黒くなるので色と言うのはちょっと違います。
青クマは、皮膚が薄くなったため眼輪筋が透けて見えることにより生じると言われています。眼輪筋は血流が豊富ですから、それが透けて青っぽく見えるようです。
茶クマは、色素沈着(炎症後色素沈着)によるものと言われています。アレルギー等からの何らかの理由で刺激があり炎症を起こした後に起こると言われています。

このページのトップへ

このような方にオススメです!

  • 下まぶたのたるみが気になっている方
  • 下まぶたに、たるみに伴ったしわがある方
  • 下まぶたが、ちりめん皺で老けた印象がある方
  • 下まぶたに、影が出てしまって気になる方
  • 下まぶたが、青っぽい印象でやつれた顔の印象のある方

このページのトップへ

目元整形(クマ治療・くぼみ治療)に関する当院の強みと特徴

顔面が専門である形成外科専門医
日本形成外科学会専門医であり、日本顎顔面外科学会正会員の院長は、古巣の東北大学形成外科の講習会などで専門医向けの講師も担当する顔のスペシャリストですので、顔面の解剖を熟知しています。当院では、形成外科専門医による切る外科的治療から、メスを使わない切らない治療もおこなっております。
田牧院長は「形成外科診療ガイドライン5 頭蓋顎顔面疾患(主に後天性)」も担当しています。

※「形成外科診療ガイドライン5 頭蓋顎顔面疾患(主に後天性)」(金原出版)
日本形成外科学会 / 日本創傷外科学会 / 日本頭蓋顎顔面外科学会
ISBN:978-4-307-25718-3 B5判・200頁
術後の24時間TEL可能
当院では全身麻酔や静脈麻酔の術後の24時間は専用の電話を開設しておりますので、ご安心頂けます。
提携ホテルへのご宿泊
術後に提携ホテル(ロッテシティホテル)への割引価格に宿泊できます。全身麻酔の場合には看護師の付き添いも可能(料金は掛かりません)です。
地域密着
診療および治療、施術は回数が必要なことが多いですから、院長を含めクリニックスタッフとの信頼関係は非常に重要です。当院では地元ならではの親密な診療を心がけ、アットホームで通いやすいクリニックを心掛けております。

このページのトップへ

各施術法のご案内

下眼瞼弛み除去術(ハムラ法) 目元整形・ハムラ法

老け顔の象徴ともいえる下眼瞼(下まぶた)のBaggy-Eyelid(膨らみ)は、次のような仕組みで現れる加齢現象です。

クマと指摘されるものの中には、黒クマと言ってBaggy-Eyelidがその下に影により作られます。これは、しばしば疲れている様な印象を与えてしまいます。 皮膚も伸展しているので、突出して来た脂肪量が多い場合には、下眼瞼除脂術眼(通称:脱脂術)だけによる脂肪の切除だけでは改善できない場合があります。

ですので、突出している眼窩脂肪と伸展している皮膚の両方を解消するのが、下眼瞼の弛み除去術(ハムラ法)なのです。

下眼瞼(下まぶた)の膨らみの原因である眼窩脂肪(脂肪体)は、鼻側(目頭側)・正中(中央)・耳側(目尻側)と3脂肪体に分かれているので、 どの脂肪体をどの程度調整するのか、クマの状態などを診て判断します。

下睫毛(まつ毛)の生え際から1~2mmをに切開します。皮膚と眼輪筋を剥がし、眼窩脂肪を覆っている眼窩隔膜をめくる様に剥がします。そして、それをずらすように付け替えるのです。 このようにして突出を具合を緩和させます。 縫合前に余分な皮膚を一部切除し、皮膚を引き上げるように固定し、縫合糸で縫合していきます。

場合により、耳側の靭帯を調整することもあります。

手術概要:
手術時間
120-180分 ※局所麻酔を使用するため術中の痛みは殆どありません。
ダウンタイム
腫れは1週間程度、内出血してしまった場合は気にならなくなるまで約2週間程度かかります。
メイク
アイメイク以外は、術直後から可能です。アイメイクは、翌日から可能ですが、優しく扱って下さい。
シャワー
当日から可能です。さっと浴びる程度にしましょう。
目元の洗顔
状況により当日から可能ですが、優しく洗いましょう。
入浴
術後7日目から可能です。
コンタクトの使用
術後3日目からで抜糸した後から可能です。

¥450,000
下眼瞼除脂術(脱脂術) 目元整形・脱脂

クマと指摘されるものの中には、黒クマと言ってBaggy-Eyelidがその下に影により作られます。これは、しばしば疲れている様な印象を与えてしまいます。 突出した脂肪があっても、皮膚の伸展具合が比較てき少ない場合は、下眼瞼除脂術眼(通称:脱脂術)だけによる脂肪の切除だけで改善できる場合があります。

下眼瞼(下まぶた)の膨らみの原因である眼窩脂肪(脂肪体)は、鼻側(目頭側)・正中(中央)・耳側(目尻側)と3脂肪体に分かれているので、 どの脂肪体をどの程度切除するのか、クマの状態などを診て判断します。

下眼瞼の結膜側(まぶたの裏側)から20mm程度切開します。当院では後方アプローチ法(眼窩隔膜をできるだけ尾側(下側)で切開する方法)で行っているので、 眼窩隔膜上を剥離していきます。そして、眼窩下縁(頬骨)より少し頭側(上側)を切開して脂肪体を除去していきます。

下眼瞼(下まぶた)の結膜側(まぶたの裏側)から脂肪を取り除く施術なので、直接肌に傷が残ることはありません。

手術概要:
手術時間
60分 ※局所麻酔を使用するため術中の痛みは殆どありません。
ダウンタイム
腫れは1週間程度、内出血してしまった場合は気にならなくなるまで約2週間程度かかります。
メイク
アイメイク以外は、術直後から可能です。アイメイクは、翌日から可能ですが、優しく扱って下さい。
シャワー
当日から可能です。さっと浴びる程度にしましょう。
目元の洗顔
当日から可能ですが、優しく洗いましょう。
入浴
術後3日目から可能です。
コンタクトの使用
術後7日目からで抜糸した後から可能です。

¥230,000
脂肪注入法 目元整形・脂肪注入法
脂肪注入によりくぼみを半永久に解消することが可能です。

 

¥378,000
ヒアルロン酸注入 目元整形・ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入によりくぼみを簡単に解消することが可能です。

¥70,000
ハイドロキノン
当院のハイドロキノンは、当院で調整・調合します。少々お時間を要しますので、購入の際には、時間を持ってご連絡をいただきたくお願い申し上げます。
¥4,000

このページのトップへ

施術の流れ

STEP

電話で診察の予約をしてください。

0120-853-878

image
STEP

術前診察

術前に際しては、下まぶたの状態を詳細に把握していきます。写真撮影も行い、実際の状況を確認、詳細なデザインや術前術後比較等に利用していきます。

STEP

デザイン

実際に切開する部位を説明し、どの部位まで手術が及ぶのかなどを解説していきます。

 

STEP

手術(手術時間:120分程度)

術前30分前から前投薬(少し眠気や不安がなくなるようなお薬を使用)を内服します。その後、しっかりと麻酔を行います。麻酔の範囲はスープスプーン程度の範囲です。忠実にデザインした切開線を切開し、展開します。術中は簡単な質問などを行いながら手術をしていきます。

STEP

術後処置

腫れなどの状態に応じてリカバリー室での休憩後、ご帰宅いただけます。
ダウンタイム:腫れは1週間程度、内出血してしまった場合は気にならなくなるまで約2週間程度かかります。下まぶたは上まぶたに比べ、腫れは目立ちにくく早めに引いて行きます。大きくは1週間程度、腫れぼったい感じは1-2か月程度です。
メイク:アイメークは術後1週間ほどは控えてください。傷をキレイに仕上げるためです。
シャワー:当日から可能です。さっと浴びる程度にしましょう。
目元の洗顔:術後翌日から可能ですが、優しく洗いましょう。
入浴:入浴は術後1週間から可能です。
コンタクトの使用:3日程度は控えてください。傷をキレイに仕上げるためです。

 

STEP

術後経過

術後は、術後翌日の出血などを主に確認します。

1週間後に抜糸を行います。
1ヶ月後にも受診して頂きます。
2ヶ月後には、手術の状態を評価します。術前と術後の比較を行います。
半年後まで様子を見て、診察終了となります。

このページのトップへ

よくある質問

目の下のふくらみをなくしたいのですが、傷跡ができてしまうような治療は怖いです。
目の下のふくらみの程度にもよりますが、ふくらみが軽度ならヒアルロン差で段差を埋める治療法もあります。その他根本的な治療としてふくらみを除去する方法では、下眼瞼除脂術(経結膜脱脂術)があります。下眼瞼除脂術とは、下瞼を裏返した部分(結膜)を切開し、そこから余分な眼窩脂肪を摘出する方法です。結膜という粘膜部分は傷が治りやすく、また傷が表側に及びませんので比較的受けやすい治療です。
退職後、下眼瞼のたるみを取ってもらう予定でいるのですが、手術後顔が変わったり、引きつれたりしないのでしょうか。
下まぶたのたるみ取り術は、皮膚のたるみの程度や眼窩脂肪の影響の有無などによって術式が異なります。どの施術も外科的治療であり、術後はたるみ・皮膚の余りがないすっきりとした目元になりますから、印象は変化します。ひきつれや外反と呼ばれる「あっかんべー」をしたような目元になるリスクもまれにありますが、その様な二次的障害が生じないよう慎重に治療していきます。症状によってはその他の治療をお勧めすることもありますので、まずはカウンセリングにお越しになられてはいかがでしょうか。
表側から切る手術にかなり抵抗があります。結膜側からの下眼瞼脱脂術を考えていますが、しわが目立つ目元の場合には難しいのでしょうか。
下まぶたの結膜側からアプローチする経結膜脱脂術(下眼瞼脱脂術)は、目の下のふくらみ(眼窩脂肪が突出している部分)を取り除く手術ですので、皮膚のたるみやしわは取り除くことができません。 ですからもししわが目立つような場合には、その部分を治療することがはできませんし、目の下のふくらみがなくなった分一時的ですが、しわがより気になるかもしれません。そのような場合には下眼瞼弛み除去術など他の手術が適応となります。診察にお越しいただけましたら手術可能かどうか診断できますので、宜しければぜひご来院ください。
目の下に凹凸がありとても悩んでいます。ふくらみやくぼみを治療するにはハムラ法だということですが、ハムラ法は三白眼になるのでしょうか。もしなった場合、一生治らないでしょうか。目元に憧れて手術をしますので、そのようになってしまうことがあるようでしたら、躊躇してしまいます。
下眼瞼(下まぶた)の膨らみは、疲れている様な印象や年齢を感じさせるような印象を与えてしまいます。下眼瞼弛み除去術であるハムラ法は、いわゆる眼窩脂肪を除去する治療ではありません。ふくらみの下にできた影や段差、加齢とともにボリュームが減ってきた頬をも同時に治療できる手術です。 下睫毛(まつ毛)の生え際から1~2mmをに切開し、皮膚と眼輪筋を剥がします。眼窩脂肪を覆っている眼窩隔膜をめくる様に剥がし、そして突出していた眼窩脂肪をくぼみを形成していた部分に移動させ固定します。このようにして眼窩脂肪による突出を具合を緩和させます。 また皮膚のたるみ(あまり)がある場合には、余分な皮膚を一部切除したのち皮膚を引き上げるように固定し、縫合します。この際切除しすぎてしまうと外反と呼ばれる「あっかんベー」としたような下まぶたとなり、黒目の下に白目が出てしまういわゆる三白眼になってしまいます。しかし、これは術者が術中術後に、しっかりと確認作業を行うことで防げる問題です。 万が一このような状態になった場合でも自然な経過で戻ってくることが大半ですし、最悪な場合には修復術などもあります。
医療ローンについて教えてください。
当院の医療ローンは、アプラスと提携させて頂いております。最大支払い回数は月の最低お支払金額が3000円以上で、回数はご契約いただく金額によります。金利は固定で、お支払回数によってスライドします。10回で5.11% 20回で9.9% 30回で14.83% 48回で24.06% 60回で30.45%となります。(例えば、30回での総額は手数料合わせ1,148,300円になります。)クレジットカードの分割払いも可能です。ご使用になるカードによって支払回数が異なりますので、直接カード会社にお問合せ頂いた方がよろしいかと思います。医療ローン申し込みの際は運転免許書等の身分証明書などお持ち頂けますようお願い致します。お支払いシミュレーションのみのご相談も受け付けています。お気軽にご相談ください。

このページのトップへ

予約優先

  • 平日:10:00-19:00
  • 土曜:10:00-18:00
  • 休診日:水曜・日曜・祝日

技術と信頼の「医療法人聡明会 ティーズクリニック(東京/錦糸町)」Copyright(c)2018 Tees Clinic. All Rights Reserved.