症例6 切除術・左前腕部の瘢痕修正(自由診療)

20代女性の方、左前腕の自傷行為(根性焼き)の痕が醜いとのことで来院となりました。

いわゆる単純切除の代表的な症例です。

写真1.術前

傷跡治療・修正6preope

熱傷跡が5カ所認めます。直径は最大φ15mm位でしょうか。
手関節付近の3つが7cm、肘寄りの2つが4cmです。

写真2.デザイン

傷跡治療・修正6design

手術解説:上図のごとく、この範囲を切除しました。なるべく目立たないように、小さく取っていきます。

写真3.術後3カ月

傷跡治療・修正63mPOD

非常にきれいになっています。盛り上がっているのは、特殊な縫合方法(真皮縫合)で行ったためです。縫合部位の皮膚に緊張を与えないために、このようにしているのです。

写真4.術後6カ月

傷跡治療・修正66mPOD

周囲に色素沈着様の赤みがありますが、経過とともに、肌色になって行くと思われます。

 

リスク:切除することで、痛みや出血を伴います。術後にも再度、瘢痕が生じる可能性がありますが、今回は経過を見て行き、内服薬などは用いませんでした。予期せぬひきつれが生じる可能性もあります。

料金:面積に応じて料金が決まります。単位面積あたりに√を用いて計算します。
この場合は、手関節周囲は切除することが困難場合があるので、単位面積が9㎠で、それ以外は単位面積は25㎠です。
計算すると、個々となります。

しかし、実際には状況に応じて臨機応変で少し割引するようにしています。

今回は、合計して計算しました。結果、最低金額の180,000円となりました。

料金表詳細ページへ

ページトップへ