美容外科 ティーズクリニック コラム40代のしみ治療

監修
日本形成外科学会専門医
医療法人社団 聡明会 理事長

40代のしみ治療

40代になると長い間浴びてきた紫外線が光老化として肌に現れてきます。

角質層まで届くという化粧品を毎日使っているのにシミが減らないという悩みをよくききます。患者さまはシミの悩みでご相談にいらっしゃってもシミではなく腫瘍であることも非常に多いのです。

できてしまったシミは 消すことはできる?シミの原因は?シミの種類で治療が違う?など40代の患者さまが特に気にしている美容クリニックでできるシミ治療をご紹介します

40代のしみの原因

シミの原因

しみの原因は紫外線・女性ホルモン・炎症・過度な摩擦・ストレスなどがありますが、年齢とともに新陳代謝に時間がかかるようになっていくことも原因になります。10代、20代の頃は日焼けしてもすぐに元に戻ったのに、元の白い肌に戻るのに時間がかかるようになってきませんか?

紫外線

紫外線は、皮膚を形成するコラーゲンの繊維にダメージを与え、皮膚年齢の老化を加速させます。 また、これら有害な紫外線を防ぐために、色素細胞であるメラノサイトが反応し、メラニン色素を生み出します。 このメラニン色素が肌表面に浮上した状態が日焼けです。 健康な状態であれば、自然治癒力で皮膚が新しく生まれ変わりますので問題はありませんが、さまざまな原因から新陳代謝が落ち込むと、メラニン色素が沈着し、シミのもととなってしまいます。

女性ホルモン

女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)はメラニン生成を促進する働きがあります。生理周期の排卵後から月経までの約2週間は黄体ホルモンが上昇しているのでシミができやすい時期です。妊娠・経口避妊薬はかんぱんの発生を促進したり、かんぱんの症状を悪化させることがあります。

炎症

肌が炎症をおこすと、炎症がおきた部分の色素が沈着してシミになります。大人ニキビ、虫刺され、料理中の小さなやけどなどシミ対策には肌トラブルをおこさないことも重要です。

過度な摩擦

肌はとてもデリケートです。メイクを落とす時にゴシゴシ擦ったりしていませんか?過剰に擦られた肌ではシミの元になるメラノサイトが反応して、メラニンが生成されやすくなります。

ストレス

ストレスは肌のターンオーバーを狂わせます。肌のターンオーバーが正常ならできてしまったメラニン色素が排出されますが、ターンオーバーが遅れるとメラニンの沈着を引き起こします。

しみの種類

40代のシミの種類

脂漏性角化症(老人性色素斑)

 一般的なシミにはかゆみがありませんが、脂漏性角化症はかゆみを伴う良性腫瘍の一種です。
小さなものは「老人性イボ」と呼ばれますが、大きくなると茶色く広がってしまいます。 脂漏性角化腫は新陳代謝が低下することにより発症し、主に40代の女性に多く見られます。重度の脂漏性角化症は保険治療で取り除く事ができます。

かんぱん

 かんぱんの特徴は左右対象にほとんど同じ形で顔に現れるシミということです。30代から40代の女性に多く発生します。
かんぱんは特に頬骨のあたりにできることが多く、輪郭がはっきりせずに広い範囲にぼんやりとシミが広がります。かんぱんにはトラネキサム酸の服用が効果的です。

そばかす

 実はそばかすは遺伝的な要因が強く関係しています。しっかりとシミ予防をしても、そばかすを発生させないことは難しいのです。

後天性真皮メラノサイトーシス

 一般的なシミです。皮膚の表面ではなく、もっと奥の真皮層のメラニンが増殖しています。美容的にはシミの一種としていますが、医学的にはあざです。

シミは化粧品で消せる?消せない? 40代におすすめのシミ予防と対策

シミに効果がある有効成分は「アルブチン」「トラネキサム酸」「プラセンタエキス」「ビタミンC誘導体」です。

上記の美白有効成分が配合されている「医薬部外品(薬用)」がおすすめです。 アルブチン、トラネキサム酸、プラセンタエキス、ビタミンC誘導体の中で、ビタミンC誘導体だけはシミの予防と改善の両方の効果が期待できます。

ビタミンC誘導体以外の美白有効成分は、シミの原因となるメラニン色素が作られるのを邪魔する働きはありますが、できてしまったシミを改善するものではありません。

高い美白効果をもつ「ハイドロキノン」もお勧めです。ハイドロキノンは「お肌の漂白剤」と言われるほど効果が高い反面、肌への刺激も強くなります。アメリカ食品医薬局(FDA)では濃度2%以上のハイドロキノンは医師の処方となります。日本ではメーカー責任となるため規制はありませんが、高い濃度のハイドロキノンは医師の指導のもとで使用することをお勧めします。

ティーズクリニックではハイドロキノンの処方もおこなっておりますので、ご相談ください。

40代におすすめのしみ・かんぱん治療:顔全体

ピコフラクショナル+ピコトーニング

ピコレーザー

 ピコレーザーの中でもピコトーニングはシミ、そばかす、色素沈着、かんぱんが気になる方におすすめです。
従来はレーザーでかんぱんの治療をすると悪化するといわれていましたが、最新のピコレーザーはかんぱんの治療ができます。「ピコ」は一兆分の1秒のことです。ほんの一瞬でレーザーが照射されるため肌に優しく痛みが少ないけれども、メラニン色素の粒子を細かく粉砕します。
ピコトーニングはシミ、そばかす、肝斑だけではなく、毛穴対策にも効果が期待できます。

 ピコレーザーの詳細はこちら>>

IPL(光治療・フォトフェイシャル)

 IPLは光で シミ、そばかす、くすみなどの肌トラブルを治療し、肌のトーンをアップさせる美白・美肌治療です。レーザー治療のように1回で劇的な変化はありませんが、継続的にIPLの施術を受けることでシミを薄くして肌の若返りが期待できます。

IPL(光治療)の詳細はこちら>>

40代におすすめのしみ治療:大きなしみ

ピコスポット シミ治療

ピコスポット

はっきりとした大きなシミはピコスポットで消してしまいましょう。
黒い色に反応するレーザーをあてることで、肌の表面を傷つけずにメラニン色素を壊します。破壊されたメラニンは肌のターンオーバーにより上へと押し上げられて肌の表面でかさぶたになります。
照射後1週間程度でかさぶたが剥がれて、約1ヶ月でまわりの肌となじんでシミの跡がわからなくなります。

40代の内側からのケア

高濃度ビタミンC

大量のビタミンCをサプリなどで口から取り入れるのではなく、注射などで直接体内にいれることで、強力なエイジングケア効果があります。抗酸化作用があるため、メラニン色素が生成される原因である活性酸素の働きを抑制します。

美白注射・点滴

 メラニンの生成を抑制して美白作用を持つビタミンC、L-システインでシミ、色素沈着を改善します。
海外セレブに人気の「白玉点滴」として注目される「グルタチオン」も追加できます。

 

内服薬

毎日のケアとしてティーズクリニックでは「アンチエイジング内服薬」を処方しております。
アンチエイジング内服薬の内容はトラネキサム酸とビタミンC、ビタミンB5、ビタミンE、L-システイン、グルタチオンです。

ビタミンC メラニン色素の沈着を防ぐ働き。コラーゲンの合成を助けてしわを防ぐ働き
ビタミンB5 ビタミンCを助ける働き
ビタミンE 紫外線による害から肌を守る働き
トラネキサム酸 メラニンをつくるメラノサイトを抑制する働き
L-システイン 肌のターンオーバーの働きをサポートしてメラニンの排出を促す働き
グルタチオン 抗酸化作用でシミの原因となるメラニンの合成を抑制する働き

化粧品にはできない美容医療ケア

ピコレーザー、IPLは外側からのしみ・そばかす・かんぱんのケア、 注射・点滴・内服薬は内側からのケア、外側と内側の中間的なケアとして、エレクトロポレーションがあります。

エレクトロポレーション

エレクトロポレーション

 肌にはバリア機能があるので、化粧品も美容成分たっぷりのマスクも肌の角質層より奥に浸透しません。エレクトロポレーションは皮膚に特殊な電気パルスを与えて、一時的に皮膚にすき間を生じさせます。
そのすき間を通して、薬剤を浸透させる仕組みです。肌の奥に直接ビタミンCとトラネキサム酸を浸透させることができます。

しみ治療に重要なポイント

40代になると、シミが存在感を増してきます。濃いシミはレーザーで取っても、またシミが出てくることがあります。シミが薄いうちに、思い立ったらすぐに治療することをお勧めします。
少し前は、かんぱんにはレーザーはタブーと言われていましたが、ピコレーザートーニングでかんぱんを治療することも可能になりました。
内服薬による治療など、シミ治療の選択肢は広がっています。 どんなシミ治療が良いのかお気軽にご相談ください。

最後に、レーザーやIPLは肌に熱を加えるしみ治療です。照射直後は照射部位全体に、日焼け後のような赤みと熱感が出る場合があります。
お肌の状態によっては、照射部位が日焼けのように赤黒くなることがございます。照射後にかゆみ・点状出血・水泡・かさぶたが形成されることがございます。 このようなリスク・副作用が出る場合もありますが、ティーズクリニックはやけどが専門である熱傷学会認定専門医が院長ですので、もしもトラブルがあった時でも安心してください。
レーザーの治療を検討されている方は、万一、レーザーで火傷した時に熱傷に詳しい医師がクリニックにいるかどうかチェックしてください。
ティーズクリニックへのご相談はお申し込みフォーム、LINE,お電話でお気軽にご相談ください。

ページトップへ