偽性症例4 脂肪吸引(自由診療)

30代の男性で、以前は少し太っていた時期もあったようですが、体幹全体的に脂肪の沈着を認めたため、偽性女性化乳房と診断しました。乳腺が触れましたが、何となくでありはっきりした境界を認めません。

写真1.術前(正面・左斜位)

女性化乳房4 術前1 女性化乳房4 術前2

乳輪周囲に直径10cmの盛り上がり(隆起)を認め、蝕知では乳腺と思われる境界が少しあるしこりを認めまました。乳輪を中心に脂肪が沈着していてい、わきの下へ沈着へはあまり広がっていません。

写真2.術前のデザイン

女性化乳房4 術前デザイン

このように等高線を描くようにして、現状を確認してデザインとします。この厚さを目安に手の感覚を用いて調整していきます。

手術解説:手術は「脂肪吸引術」を行いました。
吸引予定量を500ml程度として、十分に多めのtumescent液を前もって注入してからの吸引術としました。
吸引量は、全体で600ml、脂肪量では350mlとなりました。

術後の経過は非常によく、内出血などは少量であったと思われます。術直後からしっかりとテーピングと弾性包帯および女性化乳房用の矯正ベストを着用して頂いておりました。

写真3.術後2週間(正面・斜位)

女性化乳房4 術後2週間1 女性化乳房4 術後2週間2

術後2週間ですから、少し内出血の痕が残っていますが、大胸筋の形に添って胸の形状ができていると思われます。当院では、術後に必ずベストの着用をお願いしております。これは皮膚の型崩れを起こさないようにするためで、お願いしています。その跡が残っています。全てきれいに形作るためです。

写真4.術後6カ月(正面・斜位右・斜位左)

女性化乳房4 術前6カ月1  女性化乳房4 術前6カ月2女性化乳房4 術前6カ月2

出血班も消え、形態も非常にきれいになっています。

吸引部の瘢痕(赤み)は術後1年程度かけて徐々に薄くなります。

リスク:吸引の最大のリスクは、内出血です。内出血のリスクを極力減らすために、当院ではtumescent液を適切に管理しています。本症例ですが、内出血は非常に少ないです。
女性化乳房の原因は、多くは思春期からの乳腺肥大継続か、特発性女性化乳房です。当院では、診断も行うようにしております。採血検査やMRI等の画像診断も積極的に行うようにしております。

料金:450,000円+全身麻酔料

料金表詳細ページへ

ページトップへ