ハイドロキノン

監修
日本形成外科学会専門医
医療法人社団 聡明会 理事長
田牧 聡志

ハイドロキノンについて

『ハイドロキノン』は、その強力な漂白作用を利用したもので、美白剤として処方されるほか、薬局などでヒドロキノン配合の軟膏・クリーム等が市販されています。しかし、市販のヒドロキノン剤は通常2%~4%程度の濃度のものが多く、アメリカ食品医薬品局(FDA)では2%以上の濃度はドクターの管理下により処方されている程、医療機関での処方が良いと言われます。

効果

肝斑・炎症後色素沈着症・雀卵斑(そばかす)などの色素性疾患の軽減
ニキビ跡、レーザーやIPL照射後の一時的な色素沈着の予防、軽減 など

副作用

ハイドロキノンは光や熱に弱く、劣化が早い薬剤のため密封して冷蔵庫に保管しなるべく早くご使用ください。
薬剤を塗布した部位は、角質の剥脱が起こるため一時的にバリアー機能が弱くなります。ハイドロキノン使用中は日焼け止めを必ず使用して、しっかり紫外線を遮断してください。
ハイドロキノンにアレルギーをお持ちの方はご使用になれません。

料金表

ハイドロキノン(院内調剤)
ハイドロキノン(5g) ¥4,400
ハイドロキノン(10g)

ページトップへ