眼瞼下垂症 - 東京 美容外科 【ティーズクリニック】

予約優先

  • 平日:10:00-19:00
  • 土曜:10:00-18:00
  • 休診日:水曜・日曜・祝日
  • 予約の空き状況を確認
  • クリニック案内
  • お電話
  • 手術・治療一覧
  • 料金一覧
  • 院長紹介
  • 医師紹介
  • クリニック案内
  • 求人情報
  • メンズサイト
  • サイトマップ

電話でのご予約・ご相談はこちら

  • 平日:10:00-19:00
  • 土曜:10:00-18:00
  • 休診日:水曜・日曜・祝日

0120-853-878

ご予約フォームへ

アクセス

〒130-0022
東京都墨田区江東橋4丁目26−9 VORT錦糸町駅前 4F

錦糸町駅から徒歩3分

東京メトロ錦糸町駅から徒歩3分!
好立地で通いやすいクリニックです。

料金一覧ページ

眼瞼下垂症

眼瞼下垂症について

<保険診療><自由診療>

開けづらい上眼瞼(上まぶた)を引き上げ、ハッキリした目元へ

眼瞼下垂は加齢など様々な理由により上眼瞼(上まぶた)が重く開けづらい状態になることを指します。

 

原因

まぶたを持ち上げる筋肉が弱ってしまい、まぶた自体が開き難くなっている場合
⇒「眼瞼挙筋前転術」
筋肉は機能しているのが、まぶたの皮膚が余ってしまい覆い被さっている場合
⇒「皮膚弛緩症手術」

 

が考えられます。

状況に応じて適切に手術することが重要となります。

 

【保険診療】眼瞼下垂症(眼瞼下垂症手術)

眼瞼挙筋前転法:

『眼瞼下垂』は、加齢などさまざまな理由により、上眼瞼(上まぶた)が重く開けづらい状態になることを指します。

こうした症状は、上眼瞼(上まぶた)の挙筋腱膜(上まぶたを挙げる筋肉)を縫い縮めることで治療が可能です。上眼瞼(上まぶた)の状態やご希望に合わせた方法で施術を行うことで、眼瞼下垂を改善しながら、自然な目元を形成することができます。

上眼瞼(上まぶた)を開くためには、上眼瞼(上まぶた)の「眼瞼挙筋」と「瞼板」がしっかりと付着している必要があります。 この付着部分である「挙筋腱膜」が緩んだり外れたりすることにより、上眼瞼(上まぶた)が開きにくくなる症状を、「腱膜性眼瞼下垂」と呼びます。

この「挙筋腱膜」を「瞼板」に再固定するのが『眼瞼挙筋前転術』です。

手術は、できるだけ希望の二重ラインに沿って皮膚を切開し、「挙筋腱膜」を引き出して「瞼板」に縫いつけ固定します。 上眼瞼(上まぶた)の開き具合に合わせて余った皮膚を切除するので、同時にたるみを解消でき、ぱっちりとした目元に仕上がります。

※当院では、奇麗な仕上がりになるように二重整形の技術(つるきり法)を応用して行っております。

 

【保険診療】上眼瞼皮膚弛緩症(眼瞼下垂症手術)

皮膚弛緩症手術:

『皮膚弛緩症』は、加齢などさまざまな理由により、上眼瞼(上まぶた)の皮膚が弛んでしまい重くなる状態になることを指します。 こうした症状は、上眼瞼(上まぶた)を縫い縮めることで治療が可能です。

上眼瞼(上まぶた)の状態やご希望に合わせた方法で施術を行うことで、『上眼瞼弛緩』を改善しながら、自然な目元の形成ができます。

施術は、できるだけ希望の二重ラインに沿って皮膚および眼輪筋を切開し、皮膚を「瞼板」に縫いつけながら固定します。 瞼(まぶた)の開き具合に合わせて余った皮膚を切除するので、たるみを解消でき、ぱっちりとした目元に仕上がります。

 

このような方にオススメです!

  • 二重整形の専門クリニックで眼瞼下垂の手術を受けたい方
  • 上まぶたが重くて目が開き辛く、頭痛や肩こりが強い方
  • 上を見れるようにして視野を広げたい方
  • 二重の幅が広くなってきた方
  • 眉が上がってしまっていてい額にしわが寄ってしまっている方

眼瞼下垂症に関する当院の強みと特徴

二重整形のスペシャリストのクリニック
当院の医師は二重整形術のスペシャリストです。眼瞼下垂症手術には二重を作る技術を応用しています。
顔面が専門である形成外科専門医
日本形成外科学会専門医であり、日本顎顔面外科学会正会員の院長は、古巣の東北大学形成外科の講習会などで専門医向けの講師も担当する顔のスペシャリストですので、顔面の解剖を熟知しています。
田牧院長は「形成外科診療ガイドライン5 頭蓋顎顔面疾患(主に後天性)」も担当しています。※下記参照

※「形成外科診療ガイドライン5 頭蓋顎顔面疾患(主に後天性)」(金原出版)
日本形成外科学会 / 日本創傷外科学会 / 日本頭蓋顎顔面外科学会
ISBN:978-4-307-25718-3 B5判・200頁
健康保険が利用可能
眼瞼下垂の状態によっては保険診療が可能です。当院では多くの症例を行っておりますので、ご相談ください。

各施術法のご案内

眼瞼挙筋前転法 二重整形 切開法 デザイン

上まぶたの二重線に合わせて(できるだけ希望を伺います)、切開線を置きます。挙筋腱膜を見つけ出し、良い位置まで引き出し瞼板に固定してきます。その際には、二重整形つるきり法を応用して縫合していきます。

3割自己負担
上眼瞼皮膚弛緩症(眼瞼下垂症手術) 二重整形 切開法 デザイン

上まぶたの二重線に合わせて(できるだけ希望を伺います)、切開線を置きます。二重整形つるきり法を応用して固定・縫合していきます。

3割自己負担
上眼瞼皮膚弛緩症(眼瞼下垂症手術) 上まぶた治療・眉下切開法

上まぶたの二重線に合わせて切る方法と異なり、眉下部分に切開線を置きます。縫合は形成外科特有の真皮縫合を用いて行います。

二重等の変化がなく、術後の腫れなども少ない方法です。

3割自己負担

症例

よくある質問

50代男性です。まぶたの重みが強く目つきが悪くなったように感じています。もしかしたら眼瞼下垂かもと思い、手術を検討しています。内勤職のため、比較的手術が受けやすい環境にありますし、楽観的に眼鏡をかけてしまえば目立たないかなとも思っています。腫れ具合はいかがでしょうか。また貴院では男性の方もいらっしゃいますか。
当院で眼瞼下垂の手術をお受けになる男性は大勢いらっしゃいますのでご安心ください。眼瞼下垂治療は、たるみは取れますが、二重の幅が変わります(一重の方は二重になります)ので、男性の場合手術にはどのようになるのかしっかりと説明をお聞きになり、把握しておく必要があります。手術方法としては、加齢などさまざまな理由により、上まぶた(上眼瞼)の皮膚が弛んでしまうことでまぶたが重く、視野が狭くなっている場合には『上眼瞼皮膚弛緩術』を行います。また、上まぶたのたるみ以外に、目を開ける筋肉が緩んでいる場合には、『眼瞼挙筋前転法』で治療可能です。症状に合わせて治療法をご提案いたしますので、まずは診察にお越しください。
手術時間が長いようですが?
当院では正確な手術を追及しておりますので、手術時間には余裕を持たせております。早く進んだ場合は、60分から90分の場合もあります。
眉下切開法は行っていますか?
ご希望の場合に限り、診察の上、判断することもあります。年齢的な要素が重要でご高齢の場合は、積極的に眉下切開を用いることもあります。

ページトップへ

予約優先

  • 平日:10:00-19:00
  • 土曜:10:00-18:00
  • 休診日:水曜・日曜・祝日

技術と信頼の「医療法人聡明会 ティーズクリニック(東京/錦糸町)」Copyright(c)2019 Tees Clinic. All Rights Reserved.