修正症例2(わがまま二重)

わがまま二重を希望された方です。

既に埋没法を行っていた方であり、修正術(わがまま二重形成)となりました。

わがまま二重とは?

末広型でもなく、平行型でもない、それらの中間型的な二重形成となります。鼻側は末広型より平行型に近く、目尻側は平行型より末広型に近い形態をしています。
あっちでもないこっちでもない、まさにわがままな要求にお答えする「わがまま二重」は、当院顧問の鶴切先生が命名されました。専門的になりますが、眼輪筋と言われる目を閉じる筋肉を特殊な形態に残すように処理する必要があるため、わがまま二重では非常に高度な技術を用いております。

写真1.術前(開瞼・閉瞼)

切開法 修正2 術前1

切開法 修正2 術前2

浅く、わがまま二重になっていますが、これをはっきりとさせるように手術を行いました。

写真2.術後1日目

切開法 修正2 術後1日1切開法 修正2 術後1日2

腫れていますし、少しの内出血もありますが、よく見てください!鼻側はちゃんと平行型ですね。

写真3.術後1週間

切開法 修正2 術後1週間1切開法 修正2 術後1週間2

腫れがまだ残っていますが、鼻側はしっかりと平行型、目尻側はまだよくわかりません。

写真4.術後1か月

切開法 修正2 術後1カ月1切開法 修正2 術後1カ月2

眼を閉じた写真ではしっかりとラインが蒙古襞の上に来ています。

目尻側はまだはっきりと末広型になっている状態では会いませんね。もうしばらく腫れが引くのを待っている状態です。

写真5.術後3か月

切開法 修正2 術後3カ月1切開法 修正2 術後3カ月2

目頭では平行型のように二重が始まり、目頭から目尻にかけて徐々に二重の幅が大きく広がっています。

この方は、傷跡も赤みが少なく非常にきれいに仕上がっています。

実は・・・
この方は、両側ばらばらの日程にて行いました。そのため、先に行った右側を載せました。
左側を3カ月遅れで行ったので、ずれが3カ月あります。

写真6.右術後6カ月、左術後3カ月

切開法 修正2 術後6カ月1 切開法 修正2 術後6カ月2

当院の方法では、術後に切開を行ったかが判別しにくい方法ですが、次の横の写真を見て頂きたいです。

写真7.右術後6カ月、左術後3カ月

切開法 修正2 術後6カ月3 切開法 修正2 術後6カ月4

右は、完成しているので、傷跡はほとんどわかりません。
左は、術後3カ月ですからもう少し待たなければなりません。

※当院の症例は、学術的にも論文に採用されるレベルで掲載させて頂いております。

~~~画像の加工はしておりません~~~
手術料:両側全切開法 ¥390,000(この症例の場合)
リスク:まれに二重が浅くなることがあります。
副作用:特別ありませんが内出血や疼痛です。

ページトップへ