医療法人社団 聡明会 ティーズクリニック(旧はなえクリニック)形成外科 美容外科 美容皮膚科|東京・錦糸町

予約優先

  • 平日:10:00-19:00
  • 土曜:10:00-18:00
  • 休診日:水曜日・日曜祝日
  • 予約の空き状況を確認
  • クリニック案内
  • お電話
  • 手術・治療一覧
  • 料金一覧
  • 院長紹介
  • 医師紹介
  • クリニック案内
  • 求人情報
  • メンズサイト
  • サイトマップ
形成外科専門医による施術 ティーズクリニック

下眼瞼(まぶた)形成についての質問

目の下に凹凸がありとても悩んでいます。ふくらみやくぼみを治療するにはハムラ法だということですが、ハムラ法は三白眼になるのでしょうか。もしなった場合、一生治らないでしょうか。目元に憧れて手術をしますので、そのようになってしまうことがあるようでしたら、躊躇してしまいます。

下眼瞼(下まぶた)の膨らみは、疲れている様な印象や年齢を感じさせるような印象を与えてしまいます。下眼瞼弛み除去術であるハムラ法は、いわゆる眼窩脂肪を除去する治療ではありません。ふくらみの下にできた影や段差、加齢とともにボリュームが減ってきた頬をも同時に治療できる手術です。

下睫毛(まつ毛)の生え際から1~2mmをに切開し、皮膚と眼輪筋を剥がします。眼窩脂肪を覆っている眼窩隔膜をめくる様に剥がし、そして突出していた眼窩脂肪をくぼみを形成していた部分に移動させ固定します。このようにして眼窩脂肪による突出を具合を緩和させます。 また皮膚のたるみ(あまり)がある場合には、余分な皮膚を一部切除したのち皮膚を引き上げるように固定し、縫合します。この際切除しすぎてしまうと外反と呼ばれる「あっかんベー」としたような下まぶたとなり、黒目の下に白目が出てしまういわゆる三白眼になってしまいます。しかし、これは術者が術中術後に、しっかりと確認作業を行うことで防げる問題です。
万が一このような状態になった場合でも自然な経過で戻ってくることが大半ですし、最悪な場合には修復術などもあります。

このページのトップへ



予約優先

  • 平日:10:00-19:00
  • 土曜:10:00-18:00
  • 休診日:水曜日・日曜祝日

技術と信頼の「医療法人社団 聡明会 ティーズクリニック(東京/錦糸町)」Copyright(c)2017 Tees Clinic. All Rights Reserved.