• 埋没法

    埋没法の二重整形は医療用の糸を使用して二重まぶたを形成する手術です。手術時間が短く、傷あとが残りません。メスを使わないいわゆるプチ整形の代表的な手術です。
    患者様が、一番心配する「手術後の腫れ」が非常に少ない方法です。糸を抜けば元のまぶたに戻すこともできますので、二重のラインを変えることもできます。
    医療用の糸の使用方法はドクターやクリニックによって様々な方法があります。ティーズクリニックでは解剖学的であり自然な埋没法を採用しています。
    皮膚を切らないため、ほとんど腫れず、手術時間も短いので患者様の負担が少ない手術です。糸を抜けば元に戻せるので二重のライン変更もできます。ティーズクリニックでは「つるきり変法」の二重整形埋没法を採用しております。

    施術詳細を見る

  • 切開法

    二重整形の切開は患者様の希望される二重ラインになるように皮膚を切開して縫合し、二重まぶたを形成する手術です。切開はしっかりとした二重を手に入れると同時に、“腫れぼったい”目も解消できる手術です。 厚みのある一重まぶたの方も、二重整形の埋没で元に戻ってしまった方も、理想的な二重ラインをつくることが可能です。 切除する脂肪の量や縫合するラインによりますが、平行型も、末広型も、希望に沿ったライン形成が可能です。

    切開法もドクターやクリニックよって様々な手法があります。絶対に二重のラインが取れないけれども、まぶたを閉じると整形だとバレるような方法もあります。ティーズクリニックでは生まれつきの二重まぶたと同じように見える美しい二重ができる方法を採用しています。目を閉じた時のきれいなラインに自信があります。

    施術詳細を見る

  • 眼瞼下垂症手術(自由・保険)

    眼瞼下垂は、加齢など様々な理由により、上まぶた(上眼瞼)が重く、目が開けづらい状態になることを指します。保険適用の眼瞼下垂症かどうかの診断は、自然に目を開けた時に見えている黒目の割合で行います。

    二重まぶたの線に一致して皮膚を切開して、上まぶたの挙筋腱膜(筋肉)を縫い縮めることで治療が可能です。 上まぶたの状態やご希望に合わせた方法で施術を行うことで、眼瞼下垂を改善しながら、自然な目元を形成することできます。

    また、皮膚のたるみも認めることが多いために、皮膚の切除も行うことをお勧めします。

    施術詳細を見る

  • 目の上のたるみ取り

    上まぶたのたるみは、老けてみえる、疲れてみえる、不機嫌そうにみえるなど見た目だけではなく、目の開閉が重たい、肩が凝るなど時として生活にも支障を来します。
    特に目尻周囲は加齢とともに垂れ込んで行き、年齢を感じさせる印象を与えます。
    ティーズクリニックでは、弛んでしまった皮膚に対してレーザー治療や手術等、様々な方法をご提案しています。
    切る手術に抵抗がある方にはレーザー治療、二重まぶたが皮膚が伸びて奥二重になってしまっている場合はきれいな二重に戻せる眉下切開法などがあります。
    上まぶたの状態により明るい目元になる最適な治療方法をご提案致します。

    施術詳細を見る

  • 目の下のたるみ取り

    年齢とともに気になる目の下のたるみ。女性だけでなく男性にも悩む方が多いようです。目の下のたるみをそのままにしておくと実年齢より老けて見られてしまいます。
    目元は第一印象を決める大事なポイントです。目の下のたるみは、加齢による眼輪筋の衰えや睡眠不足によるクマ、目元のこすりすぎなどさまざまな原因があります。厚化粧でクマやくすみを隠そうとすると余計に目立ってしまいます。アイクリームなど目元の保湿だけでは改善しない目の下のたるみはティーズクリニックにご相談ください。

    目の下のたるみ・ふくらみの治療方法は大きく二つに分類できます。
    切らない治療で一時的な方法と根本的に治療する方法です。

    ①一時的に治療する対処療法

    軽症への治療法~手術までは考えないで良い場合は、対処療法となります。
    ヒアルロン酸やPRPF(多血小板血漿治療)を用いた、充填療法で治療することが可能です。
    メリットとしては注入術ですから簡単に行うことができますが、デメリットとしては一時的な治療のため元に戻ってしまいます。

    ②根本的に治療する根本療法

    根本的に治療するためには手術となります。
    手術をすると、半永久的な結果を得ることができます。手術には下眼瞼弛み除去術(ハムラ法)や下眼瞼除脂術(脱脂術)があります。

    下眼瞼除脂術(脱脂術)は、下まぶたの裏の結膜から脂肪を取り出すため皮膚を傷つけません。術後の腫れが比較的少ない手術です。

    下眼瞼弛み除去術(ハムラ法)は目の下の膨らみが大きい場合におすすめしています。脂肪を取っただけでは、脂肪で伸びてしまった皮膚がシワになります。シワにならないように余った皮膚を引き上げ若々しい目元にします。

    デメリットとしては内出血や腫れなどのダウンタイムがあります。

    施術詳細を見る

  • 目の下のたるみ取り・切らない治療

    年齢とともに気になる目の下のたるみ。女性だけでなく男性にも悩む方が多いようです。目の下のたるみをそのままにしておくと実年齢より老けて見られてしまいます。
    目元は第一印象を決める大事なポイントです。目の下のたるみは、加齢による眼輪筋の衰えや睡眠不足によるクマ、目元のこすりすぎなどさまざまな原因があります。厚化粧でクマやくすみを隠そうとすると余計に目立ってしまいます。アイクリームなど目元の保湿だけでは改善しない目の下のたるみはティーズクリニックにご相談ください。
    目の下のたるみ・ふくらみの治療方法は大きく二つに分類できます。
    切らない治療で一時的な方法(対処療法)と根本的に治療する方法(根本療法)です。
    目の下のたるみが少ない場合、手術までは考えないで良い場合は、対処療法となります。
    ヒアルロン酸やPRPF(多血小板血漿治療)を用いた、充填療法で治療することが可能です。ラジオ波による治療も目元がスッキリします。
    メリットとしては注入術ですから切らずに簡単に行うことができますが、デメリットとしては一時的な治療のため元に戻ってしまいます。目の下のふくらみが大きい場合は根本療法である手術(ハムラ法など)をおすすめしております。

    施術詳細を見る

  • 垂れ目形成術・下眼瞼下制術

    たれ目とは、目尻の位置が目頭よりも下がった目のことです。
    このタレ目とは逆に、目尻の位置が目頭よりも上がった目をつり目といいます。一般的に、ツリ目の女性は美人、たれ目の女性はかわいいというイメージが定着しているようです。
    たれ目形成術は下まぶたのラインを少し下げます。黒目と白目の下の部分が多く見えるようになり優しい印象になります。他院ではグラマラスラインという事もあるようです。

    施術詳細を見る

  • 涙袋の整形(ヒアルロン酸・脂肪注入・涙袋形成術)

    涙袋とは下まぶたのフチのふくらみです。
    この涙袋がちょうど良くあると、いつも微笑んでいるような印象を与えることができ、優しい目元になります。また、目の大きさが同じでも涙袋があると目が大きく見えることもあります。
    涙袋がふっくらしていることで、いつも笑っているような印象を与えることができ、明るい印象を作り出してくれます。

    施術詳細を見る