• 巻き爪・陥入爪治療

    陥入爪とは、爪が皮膚に食い込む状態(その状態を「陥入」と言います)のことを指します。
    陥入爪になってしまうと多くの人が、歩くたびに痛みを感じたり、ひどい場合は、何もしていない状態でも痛みが出てしまいます。また、とても臭いにおいを発生するのでとても気になります。その痛みをかばおうとして、歩き方や姿勢が悪くなれば、腰痛や膝の痛みなども引き起こしてしまいます。一方、巻き爪とは、爪全体が丸く巻いてしまってい状態を指し、巻き爪であれば陥入爪も伴っていることがあります。

    施術詳細を見る