• 耳介形成術

対耳輪の上・下脚が無いタイプの立ち耳

年齢:50代

50代女性の症例です。典型的な対耳輪の上・下脚が無いタイプの立ち耳です。今回も耳介形成術(保険診療)を行いました。

Before

After

症例
対耳輪の上・下脚が無いタイプの立ち耳
治療内容
耳介の裏から皮膚を切開して耳介軟骨を直接矯正する手術です。術後には耳の形に添ってガーゼを1-2週間の固定をします。
リスク
痛み・出血。完全な左右対象にはできない可能性があります。
費用
保険診療

対耳輪の上・下脚が無いタイプの立ち耳の経過

  • 術前

    対耳輪の上脚と下脚が無く、前方から見ると外に広がってしまっています。

  • 術後1ヶ月

    術後には1週間、就寝時にドーナツ枕を使用してもらい、耳をつぶさないようにしてもらいます。

  • 術後3ヶ月

    腫れが引いています。

  • 術後6ヶ月

    術後3ヶ月から形が安定しています。

耳のデザイン

デザインは指でつまみイメージを作ります。患者さんとのやり取りから良い形を決めていきます。しっかりと耳は寝る形状になるか、固定部位に無理は無いかを基準に決めていきます。
手術は耳の裏から入りますから、切開線は術後には隠れてしまい、ほぼ見ることができません。
固定する個所の軟骨膜状で剥離して、しっかりとした糸で固定をしてきます。当院では2カ所を固定します。

日本形成外科学会専門医
医療法人社団 聡明会 理事長

田牧 聡志