糸によるリフトアップ

スレッドリフト、いわゆる糸によるフェイスラインのリフトアップの症例です。
切ることに抵抗がある方には、切らないたるみ治療のスレッドリフトは人気の治療です。

Before

スレッドリフト 術前

After

スレッドリフト 術後
症例
スレッドリフトによるたるみ治療
治療内容
時間が経つと体内に吸収される特殊な糸を顔に挿入して肌のたるみをリフトアップする治療です。
リスク
腫れ・内出血・左右差・ツッパリ感・皮膚のヨレ
費用
200,000円

施術ページへ

糸によるリフトアップの経過

  • スレッドリフト 術前

    術前

    頬の位置が下がり、ほうれい線、マリオネットラインが顔に影をつくっています。

  • スレッドリフト直後

    施術直後

    スレッドリフトの施術直後の写真です。
    直後はボコボコ感があります。白い部分は局所麻酔した部分です。
    数日できれいになるのでご心配ありません。

  • スレッドリフト 術後

    術後1ヶ月

    頬の位置があがり、ほうれい線、マリオネットラインがほぼ消えています。
    全体的に顔に立体感がでています。

  • スレッドリフト 術前術後

    術前と術後の比較

    術前と術後の写真を並べました。
    術後は頬の位置が上がっています。写真の端の左頬の高さと曲線に注目してください。

スレッドリフト

当院のスレッドリフトは、痛みは極力抑えて、術後トラブルも非常に少ない手技と言えます。
ダウンタイムの最大の問題は、内出血と腫れです。
しかしながら、解剖学を見据えた麻酔を行うことで痛みも少なく抑えられます。また、腫れや内出血もちょっとしたコツから、非常に少なくすることが可能です。
多くの症例を経験したからならではの、結果と思っております。

日本形成外科学会専門医
医療法人社団 聡明会 理事長

田牧 聡志