ピコレーザーによるシミ取り

年齢:50代

ピコレーザーの「ピコスポット」による頬のシミ取りの症例です。
ピコスポットは皮膚の真皮層にある色素などを破壊できるので大きいシミに効果が期待できます。
左右の頬にある大きいシミにピコスポットを照射しました。

Before

ピコレーザーによるシミ取り照射前

After

ピコレーザーによるシミ取り照射後
症例
ピコレーザーによるシミ取り
治療内容
シミの部分にピコスポットを照射します。
リスク
赤み・ほてり・かさぶた。
料金
11,000円〜

施術ページへ

ピコレーザーによるシミ取りの経過

  • ピコレーザーによるシミ取り照射前

    施術前

    左右の頬に大きいシミがあります。写真は左側です。

  • ピコレーザーによるシミ取り照射後

    照射2回後

    2回のピコスポット照射で頬のシミが薄くなっています。
    今後の治療としては、ピコトーニングまたはIPLでしっかりとこの状態をキープしていきます。

  • ピコスポットのシミ取り

    照射前と照射後の比較

    ピコスポット照射前と照射後の比較です。

ピコレーザーと大きなシミ

大きなシミはピコスポットで治療して、ピコトーニングやIPLで小さなシミを治療します。
ピコスポットだけ、トーニング、IPLだけではなく、併用していくことが理想です。

日本形成外科学会専門医
医療法人社団 聡明会 理事長

田牧 聡志