• 陥没乳頭

重症の陥没乳頭(保険診療)

年齢:20代

手やピンセットでは乳首が出てこない重度の陥没乳頭の患者様です。
重症度としては最も思いGrade3+の「手術しないと乳首が出てこない」レベルとなります。

Before

重度の陥没乳頭 術前

After

重度の陥没乳頭 術後9ヶ月
症例
重度の陥没乳頭
治療内容
乳頭(乳首)を二つに割って、縮まってしまった乳管を分割し皮膚から引き伸ばすことで、乳頭の陥没を修正します。
リスク
術後変形、再発、乳頭下血腫、乳頭壊死等

料金
保険診療

施術ページへ

重症の陥没乳頭(保険診療)の経過

  • 重度の陥没乳頭 術前

    術前の診察

    陥没乳頭のレベルとしてはGrade3プラスです。
    手術によらなければ乳頭は出てこない。さらに、組織の萎縮も伴っています。
    重症度としては最も重いレベルとなります。

  • 重度の陥没乳頭術後6ヶ月

    手術後6ヶ月

    手術後は乳頭が元に戻らないように保護する必要があります。
    日々のケアが重要です。

  • 重度の陥没乳頭 術後9ヶ月

    手術後9ヶ月

    手術から9ヶ月後の状態です。安定しています。

重度の陥没乳頭

ティーズクリニックでは田牧院長が年間100症例以上の陥没乳頭手術をしております。

女性看護師が同席いたしますのでご安心ください。

日本形成外科学会専門医
医療法人社団 聡明会 理事長

田牧 聡志