• 陥没乳頭

陥没乳頭の症例(保険診療)

年齢:20代

ティーズクリニックでは、年間約100件の陥没乳頭手術を行っております
軽症の場合はハンモック法、重症症例には、酒井法を行っております。当院は重症例が非常に多いためか、ほとんどの症例が酒井法です。

Before

陥没乳頭術前

After

陥没乳頭手術3ヶ月後
症例
陥没乳頭手術(この症例は中等度の症例)
治療内容
乳頭(乳首)を二つに割って、縮まってしまった乳管を分割し皮膚から引き伸ばすことで、乳頭の陥没を修正します。
リスク
術後変形、再発、乳頭下血腫、乳頭壊死等

料金
3割自己負担

施術ページへ

陥没乳頭の症例(保険診療)の経過

  • 陥没乳頭術前

    術前の診察

    用手的(指でつまみ上げる)には持ち上がるけれどもすぐに戻ってしまういますので、重症度としては中等度の症例です。

  • 陥没乳頭の傾き

    陥没の方向について

    陥没の方向は、大抵は、30度程度の傾きがあります。そのように方向を確認したうえでデザインします。

  • 陥没乳頭デザイン

    乳頭のデザイン

    デザインです。Y字が二つくっ付いたような細い線でデザインをして行きます。
    引き伸ばされて立ち上がった乳頭は戻りが無いように、根元を解ける糸で縫合して固定します。
    術後には、しっかりと保護を行うようにしていますので、出来上がった乳頭はご自身でしっかりと守りましょう。

  • 陥没乳頭手術3ヶ月後

    手術後3ヶ月

    手術から3ヶ月後の状態です。安定しています。
    乳頭を作成する手術でありながら、最大の問題点であるのが部分的な乳頭壊死です。極力起きないように努めていますが、血流障害や感染による部分壊死の可能性はあります。しかしながら、全部が無くなる症例は、今まで経験がありません。

手術件数は年間で約100症例です

ティーズクリニックでは、陥没乳頭を多く扱っております。陥没乳頭形成術は、妊娠適齢期の患者に限り保険適応となっております。

原則、保険診療ですが、妊娠と関連のない症例は自由診療となります。女性看護師が同席する診察となりますのでご安心ください。

日本形成外科学会専門医
医療法人社団 聡明会 理事長

田牧 聡志