• 豊胸術

豊胸バッグによるバストアップ

年齢:20代

胸郭に変形があり、胸部にも左右の非対称を認める難しい症例です。

人には必ず左右差があります。左右差の無い方はいないと言われています。顔面の左右差から来る二重の幅の左右差もよく議論されるところでしょう。胸郭も比較的多く認めることが多い変形の一つです。

Before

After

症例
豊胸バッグによるバストアップ
治療内容
シリコンインプラント(プロテーゼ)を用いた乳房増大術・豊胸術です。
リスク
シリコンインプラント周囲に生じる被膜拘縮によりよれてしまったり、変形したり、硬くなったりする可能性があります。左右差を生じることもあります。
費用
550,000円(全身麻酔代別途必要です)

施術ページへ

豊胸バッグによるバストアップの経過

  • 術前

    術前の正面写真です。胸郭が左に軽度湾曲しています。湾曲のある方はほぼ100%左右差があります。

  • 術後

    乳房下縁切開から乳腺下にインプラントを挿入しました。
    右に対しては225ml、左に対しては185mlのシリコンインプラントを採用しました。

インプラント豊胸

インプラント豊胸(人工乳腺法)は、乳がんへの再建術(癌で取ってしまった胸を元の状態に戻す手術のこと)に保険適応か可能になったことから、非常に注目を集めている方法です。今まで不安視されていたインプラントの性能も、世界で最も基準の厳しい「厚生労働省」による2013年から認可されたことで、安全であると言われる様になりました。実際にトラブルも少なく、安全な方法として多くの大学病院や一般病院で取り入れられています。

日本形成外科学会専門医
医療法人社団 聡明会 理事長

田牧 聡志