• 腋臭症(ワキガ)

    腋臭症は一般的には「ワキガ」と呼ばれるわきの下が特異な悪臭を放つ疾患です。
    皮膚にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類の汗腺(汗を出す器官)がありますが、ワキガの原因となるのは主にアポクリン腺です。アポクリン腺から分泌されるアポクリン汗が皮膚の常在菌で分解されることによってにおいが発生します。そのため単純に汗臭い、というものとは異なります。
    アポクリン腺はわきの下だけでなく、外耳道、まぶたの縁、鼻、乳輪、外陰部などの毛穴に分布し、その汗に含まれる脂質・タンパク質が皮膚表面の細菌の作用で分解され特有のにおいを生むとされています。アポクリン腺は思春期に発達しますので、思春期に症状が顕在化することが多いようです。
    腋臭症の治療は数多くあり、保険診療と自費診療があります。
    手術以外の自由診療として制汗剤・アルコール塗布・レーザー脱毛・ボトックス・ミラドライなどがあります。

    施術詳細を見る